ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経営陣が参加する自社株式買い取り)を実施し、株式を非公開化すると発表した。株式買い取り総額は244億ドル(約2兆3000億円)に上る見込み。

 買収にはデル氏本人に加え、米投資ファンドのシルバーレイク・パートナーズが参加する。また米マイクロソフトも20億ドルを融資する。
 デルは1984年にデル氏が学生時代に自宅のガレージで創業したパソコンメーカー。低価格と直販体制で急激にシェアを伸ばし、米国の若手起業家の成功モデルの一つといわれてきた。

 だが最近では、タブレット端末に押されて主力のパソコン事業が低迷。利益率の高い法人事業を強化しているが、業績は芳しくなかった。MBOによって非上場化し、リストラと事業再編を進め、株主の意向を気にせず思い切った経営改革を目指す。

 もっともウォール街では別の見方をする人もいる。デル氏がMBOによって会社に大なたを振るうつもりなのは間違いないが、MBOには別の側面もある。再上場によるキャピタルゲインである。

 デル氏は同社の上場によって巨万の富を得ている。だが最近は業績不振をうけて株価はさえない展開が続いている。デルの株価が高いうちにデル氏がどれだけの株を売却しているのかにもよるが、株価が低迷している今は、自社の株を買い戻す最大のチャンスなのである。
 もし今後、米国の株式市場が上昇するのであれば、リストラが完了した後のデルは高値で再上場することになり、デル氏は再び巨万の富を手にすることになる。

 大型のMBOが成立するためには、MBOを実施する経営者がリストラに自信を持っていて、かつ株式市場が今後しばらくの間好調であると投資家が確信しているという、2つの条件が必要となる。デルのような大型案件が成立するということは、投資家が米国の株式に対して、中長期的に強気の姿勢であることを反映しているといえよう。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

puerutoriko
ギリシャ問題のウラでデフォルト騒ぎになっていたプエルトリコ。明らかになった意外と豊かな経済

 ギリシャ問題に世界の注目が集まっているが、同じタイミングでデフォルト騒ぎになっ …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

amazonhaisin
海外で音楽聞き放題サービスが急展開。CDが生き残る日本市場は変わるのか?

 一定金額を支払えば音楽が聴き放題になる定額ストリーミング・サービスの動きが活発 …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …

no image
当事者能力を失っているシャープの状況は旧日本軍にそっくりとの声

 鴻海のカリスマ経営者である郭台銘(テリー・ゴウ)会長に翻弄され、オロオロするば …

beerneage
ビールの店頭価格が上昇。背景にあるのは政府による安値販売の規制

 このところビールの店頭価格が上昇している。昨年の法改正によってビールの安値販売 …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …