ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経営陣が参加する自社株式買い取り)を実施し、株式を非公開化すると発表した。株式買い取り総額は244億ドル(約2兆3000億円)に上る見込み。

 買収にはデル氏本人に加え、米投資ファンドのシルバーレイク・パートナーズが参加する。また米マイクロソフトも20億ドルを融資する。
 デルは1984年にデル氏が学生時代に自宅のガレージで創業したパソコンメーカー。低価格と直販体制で急激にシェアを伸ばし、米国の若手起業家の成功モデルの一つといわれてきた。

 だが最近では、タブレット端末に押されて主力のパソコン事業が低迷。利益率の高い法人事業を強化しているが、業績は芳しくなかった。MBOによって非上場化し、リストラと事業再編を進め、株主の意向を気にせず思い切った経営改革を目指す。

 もっともウォール街では別の見方をする人もいる。デル氏がMBOによって会社に大なたを振るうつもりなのは間違いないが、MBOには別の側面もある。再上場によるキャピタルゲインである。

 デル氏は同社の上場によって巨万の富を得ている。だが最近は業績不振をうけて株価はさえない展開が続いている。デルの株価が高いうちにデル氏がどれだけの株を売却しているのかにもよるが、株価が低迷している今は、自社の株を買い戻す最大のチャンスなのである。
 もし今後、米国の株式市場が上昇するのであれば、リストラが完了した後のデルは高値で再上場することになり、デル氏は再び巨万の富を手にすることになる。

 大型のMBOが成立するためには、MBOを実施する経営者がリストラに自信を持っていて、かつ株式市場が今後しばらくの間好調であると投資家が確信しているという、2つの条件が必要となる。デルのような大型案件が成立するということは、投資家が米国の株式に対して、中長期的に強気の姿勢であることを反映しているといえよう。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

ism201303
最高値更新が続く米国株式市場で5月下落説が登場。投資家にとっては悩ましい局面に

 市場最高値の更新を続けていた米国株に警戒感が出始めている。4月3日のNY株式市 …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

ieren02
イエレン議長初のFOMC。結局のところ米国経済は好調。利上げは近い

 イエレン氏のFRB(連邦準備制度理事会)議長就任後初めてとなるFOMC(連邦公 …

spain
意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、 …

netflix
ネットワークの負荷を増大させる動画配信サービス。コストは誰が払うのか?

 米オンライン動画配信大手ネットフリックスは、米ケーブルテレビ大手のコムキャスト …

nitigin
安倍氏が日銀法改正に言及。今の日銀法に変えたのは自民党だって覚えてますか?

 自民党の安倍総裁は15日都内で講演を行い、マイナス金利について言及したうえで「 …