ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経営陣が参加する自社株式買い取り)を実施し、株式を非公開化すると発表した。株式買い取り総額は244億ドル(約2兆3000億円)に上る見込み。

 買収にはデル氏本人に加え、米投資ファンドのシルバーレイク・パートナーズが参加する。また米マイクロソフトも20億ドルを融資する。
 デルは1984年にデル氏が学生時代に自宅のガレージで創業したパソコンメーカー。低価格と直販体制で急激にシェアを伸ばし、米国の若手起業家の成功モデルの一つといわれてきた。

 だが最近では、タブレット端末に押されて主力のパソコン事業が低迷。利益率の高い法人事業を強化しているが、業績は芳しくなかった。MBOによって非上場化し、リストラと事業再編を進め、株主の意向を気にせず思い切った経営改革を目指す。

 もっともウォール街では別の見方をする人もいる。デル氏がMBOによって会社に大なたを振るうつもりなのは間違いないが、MBOには別の側面もある。再上場によるキャピタルゲインである。

 デル氏は同社の上場によって巨万の富を得ている。だが最近は業績不振をうけて株価はさえない展開が続いている。デルの株価が高いうちにデル氏がどれだけの株を売却しているのかにもよるが、株価が低迷している今は、自社の株を買い戻す最大のチャンスなのである。
 もし今後、米国の株式市場が上昇するのであれば、リストラが完了した後のデルは高値で再上場することになり、デル氏は再び巨万の富を手にすることになる。

 大型のMBOが成立するためには、MBOを実施する経営者がリストラに自信を持っていて、かつ株式市場が今後しばらくの間好調であると投資家が確信しているという、2つの条件が必要となる。デルのような大型案件が成立するということは、投資家が米国の株式に対して、中長期的に強気の姿勢であることを反映しているといえよう。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

tousan
周回遅れの構造改革?倒産減少のウラで廃業が増加中

 企業の倒産が減少している。背景には景気の回復もあるが、中小企業金融円滑化法によ …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

no image
この期に及んでも決められないシャープ。鴻海の郭会長はブチ切れて帰国

 経営危機に陥っているシャープと鴻海(ホンハイ)精密工業の資本提携内容の見直し交 …

cybertero
米ITセキュリティ会社が、中国人民解放軍をハッカー首謀者と断定する報告書を公開

 米国の情報セキュリティー会社マンディアントは19日、米国に対するハッカー攻撃の …

no image
シャープとインテルが提携という報道をめぐって、海外メディアとのレベルの差が露呈

 シャープがインテルと資本提携を模索しているとの報道をめぐり、日本のマスコミのダ …

toyotaroboto
今更? ウーバー出資や2足歩行ロボット買収など、トヨタに漂う出遅れ感

 トヨタが人工知能やシェアリング・エコノミーへの対応を矢継ぎ早に進めている。だが …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

nihonyusei
海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収した …

hp
パソコン終焉の象徴。HPが1兆円の巨額赤字を計上。不正会計が理由にあらず

  米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)が巨額赤字を計上した。2 …