ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経営陣が参加する自社株式買い取り)を実施し、株式を非公開化すると発表した。株式買い取り総額は244億ドル(約2兆3000億円)に上る見込み。

 買収にはデル氏本人に加え、米投資ファンドのシルバーレイク・パートナーズが参加する。また米マイクロソフトも20億ドルを融資する。
 デルは1984年にデル氏が学生時代に自宅のガレージで創業したパソコンメーカー。低価格と直販体制で急激にシェアを伸ばし、米国の若手起業家の成功モデルの一つといわれてきた。

 だが最近では、タブレット端末に押されて主力のパソコン事業が低迷。利益率の高い法人事業を強化しているが、業績は芳しくなかった。MBOによって非上場化し、リストラと事業再編を進め、株主の意向を気にせず思い切った経営改革を目指す。

 もっともウォール街では別の見方をする人もいる。デル氏がMBOによって会社に大なたを振るうつもりなのは間違いないが、MBOには別の側面もある。再上場によるキャピタルゲインである。

 デル氏は同社の上場によって巨万の富を得ている。だが最近は業績不振をうけて株価はさえない展開が続いている。デルの株価が高いうちにデル氏がどれだけの株を売却しているのかにもよるが、株価が低迷している今は、自社の株を買い戻す最大のチャンスなのである。
 もし今後、米国の株式市場が上昇するのであれば、リストラが完了した後のデルは高値で再上場することになり、デル氏は再び巨万の富を手にすることになる。

 大型のMBOが成立するためには、MBOを実施する経営者がリストラに自信を持っていて、かつ株式市場が今後しばらくの間好調であると投資家が確信しているという、2つの条件が必要となる。デルのような大型案件が成立するということは、投資家が米国の株式に対して、中長期的に強気の姿勢であることを反映しているといえよう。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

barroso
米とEUが米欧FTAの交渉開始。これが出来上がるとTPPなど吹っ飛ぶ?

 米国と欧州連合(EU)は13日、米欧における自由貿易協定(FTA)の交渉を開始 …

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

no image
(速報)パナソニックが7650億円の赤字見通し。三洋買収の失敗が明らかに!

 パナソニックは31日、2013年3月期の中間決算を発表した。売上高は3兆638 …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

nichigin04
長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5 …

jinkochinoibm
メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

3sha02
Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?

 グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …

siniasumaho
日本のスマホ普及率予測が低いのは高齢化が原因?。それとも固定への過剰投資?

 日本のスマホ普及率が頭打ちになるという市場予測が話題となっている。米国の調査会 …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …