ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀の白川総裁が任期を残して辞任表明。これ以上の譲歩を避ける狙いか

 

 日銀の白川総裁は2月5日、安倍首相と官邸で会談し、4月8日の任期を待たず、3月19日に辞職する意向を伝えた。同日に任期切れを迎える2人の副総裁に合わせて総裁も前倒しで辞任することになった。日銀総裁が任期を残して辞めるのは、接待汚職事件で引責辞任した松下康雄総裁以来、15年ぶりとなる。

 白川総裁の辞任発言を受けて東京市場では円が急落、6日午後には、一時1ドル=94円07銭をつけた。株式市場も円安期待から続伸し、日経平均株は416円高の11,463円で6日の取引を終えた。終値ベースではリーマン・ショック以降の最高値を更新した。

 白川総裁が任期を待たずして辞任した理由について、市場はでは様々な憶測が飛び交っている。一部からは官邸からの圧力に対する抗議との見方もあったが、白川総裁はきっぱりとこれを否定し「副総裁の任期に合わせた」と強調した。

 市場関係者の話を総合すると、日銀がこれ以上、政治やマーケットに翻弄されて譲歩することがないよう先手を打ったというのが、本当の辞任の理由だという。
 任期が近づいている白川総裁にとって、次回以降の金融政策決定会合において大胆なことを決めることは難しい。辞任間際に大きく動いてしまうと、次の総裁の手足を縛ってしまうからだ。だが、安倍政権に対する期待感から市場では円安が一気に進み、日銀には一段の緩和を期待する声が日増しに高まっている。そのような中、任期いっぱいまで総裁のままでいると、その間、さらに緩和圧力を受け続けることになる。
 日銀プロバーである白川氏にとって、日銀法改正だけは何としても避けたい事態であった。とりあえず現状において最後の砦は守った状態となっており、そのままで次の総裁にバトンタッチした方が得策と判断した可能性は高い。

 日銀の次期総裁には、元財務次官の武藤敏郎大和総研理事長、内閣府出身で元日銀副総裁の岩田一政日本経済研究センター理事長などの名前が浮上している。財務省出身者のたすきがけ人事は日銀が以前から受け入れていた人事であり、あまり抵抗感はない。武藤氏を総裁に据え、副総裁に日銀プロパーを就任させるのがとりあえずの目標だ。
 政府内部にも財務省の意向をうけて、武藤氏を推す声が大きくなっている。だが財務省出身者に対する抵抗感は根強く残っており、予断は許さない状況だ。
  白川総裁の早期辞任によって、市場では一気に次期総裁の人事に注目が集まり始めている。

 - 政治, 経済

  関連記事

futenma
とうとう動き出す?普天間基地の辺野古移設。背後にカジノ誘致との噂

 沖縄県を地盤とする自民党の国会議員5人が11月25日、米軍普天間飛行場の辺野古 …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

bukkajoushou
物価上昇は鈍化しているが、現実には値上げが進行。4~6月期GDPにも悪影響か

 総務省は2015年7月31日、2015年6月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …

reit201405
インフレ期待からREITの値動きが好調。一部からはプチ・バブル化懸念の声も

 REIT(不動産投資信託)の値動きが堅調だ。このところ日経平均は低迷が続いてい …

no image
中国初の空母、名前は「釣魚島」との噂は本当か?

  近く就航が予定されている中国初の空母に対して、沖縄・尖閣諸 島の中国名である …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

keizaimitoshiimf
IMFの最新世界経済見通し。ドル高と原油安で米国成長率を下方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年4月14日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

lassen ddg82
米駆逐艦の南シナ海航行。妥協点を模索するも、英国が攪乱要因に?

 米海軍の駆逐艦が、中国が埋め立てを行う南シナ海の南沙諸島付近を航行したことで、 …