ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀の白川総裁が任期を残して辞任表明。これ以上の譲歩を避ける狙いか

 

 日銀の白川総裁は2月5日、安倍首相と官邸で会談し、4月8日の任期を待たず、3月19日に辞職する意向を伝えた。同日に任期切れを迎える2人の副総裁に合わせて総裁も前倒しで辞任することになった。日銀総裁が任期を残して辞めるのは、接待汚職事件で引責辞任した松下康雄総裁以来、15年ぶりとなる。

 白川総裁の辞任発言を受けて東京市場では円が急落、6日午後には、一時1ドル=94円07銭をつけた。株式市場も円安期待から続伸し、日経平均株は416円高の11,463円で6日の取引を終えた。終値ベースではリーマン・ショック以降の最高値を更新した。

 白川総裁が任期を待たずして辞任した理由について、市場はでは様々な憶測が飛び交っている。一部からは官邸からの圧力に対する抗議との見方もあったが、白川総裁はきっぱりとこれを否定し「副総裁の任期に合わせた」と強調した。

 市場関係者の話を総合すると、日銀がこれ以上、政治やマーケットに翻弄されて譲歩することがないよう先手を打ったというのが、本当の辞任の理由だという。
 任期が近づいている白川総裁にとって、次回以降の金融政策決定会合において大胆なことを決めることは難しい。辞任間際に大きく動いてしまうと、次の総裁の手足を縛ってしまうからだ。だが、安倍政権に対する期待感から市場では円安が一気に進み、日銀には一段の緩和を期待する声が日増しに高まっている。そのような中、任期いっぱいまで総裁のままでいると、その間、さらに緩和圧力を受け続けることになる。
 日銀プロバーである白川氏にとって、日銀法改正だけは何としても避けたい事態であった。とりあえず現状において最後の砦は守った状態となっており、そのままで次の総裁にバトンタッチした方が得策と判断した可能性は高い。

 日銀の次期総裁には、元財務次官の武藤敏郎大和総研理事長、内閣府出身で元日銀副総裁の岩田一政日本経済研究センター理事長などの名前が浮上している。財務省出身者のたすきがけ人事は日銀が以前から受け入れていた人事であり、あまり抵抗感はない。武藤氏を総裁に据え、副総裁に日銀プロパーを就任させるのがとりあえずの目標だ。
 政府内部にも財務省の意向をうけて、武藤氏を推す声が大きくなっている。だが財務省出身者に対する抵抗感は根強く残っており、予断は許さない状況だ。
  白川総裁の早期辞任によって、市場では一気に次期総裁の人事に注目が集まり始めている。

 - 政治, 経済

  関連記事

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

hatoyamachina
小野寺防衛相の鳩山氏「国賊」発言は、中国側を利するだけ

 文化交流の名目で訪中し、中国よりの発言を繰り返している鳩山元首相に対して、とう …

rarogo
発射延期となった韓国初の人工衛星搭載ロケット。実はほとんどがロシア製

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げが延期となった。発射の直前にガ …

nihonbashi201405
三井不動産など増資案件が相次ぐ。インフレ期待の高まりか?

 三井不動産は5月27日、公募増資で最大3246億円を調達すると発表した。同社の …

sonyhirai
米投資ファンドがソニーに分社化を要求。グローバルカンパニーならではのプレッシャー

 米国の投資ファンドであるサード・ポイントは、5月14日、ソニーの平井社長と面談 …

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

takeshima
日本は竹島問題を提訴せず。安倍首相が韓国との関係改善を優先する3つの理由

 日本政府は、竹島の領有権問題をめぐって国際司法裁判所への単独提訴を当面、行わな …

abekaisan20141119
まるで民主党の政策?緊急経済対策は商品券など直接支援が中心

 安倍首相は2014年11月18日、消費増税の先送りと衆議院の解散を発表すると同 …

abekaken
安倍首相が自民改憲案の年内提示を表明。9条の「加憲」なら一気に進む可能性も

 安倍首相が自民党の憲法改正案を年内にまとめる意向を示した。党内調整を経ないやり …