ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大雪予想がハズれ鉄道は逆に大混乱。前代未聞の事態は日本社会劣化の象徴

 

 2月6日に関東地方に大雪が降るという気象庁の予報に基づき、JRなど鉄道各社は間引き運転などの対策を実施したが、ほとんど雪は振らず交通は逆に大混乱となった(写真はイメージ)。

 気象庁は5日の段階で、東北から西日本にかけて広い範囲で大雪になると予報し、東京23区での積雪量は10センチを超えるとしていた。実際、6日には関東地方の広い範囲で雪にはなったものの、当初気象庁が予報していた 「大雪」とはほど遠い結果に終わった。

 ここ数年、気象庁の予報が外れる事例が多発している。原因は全世界的に気象のメカニズムが変化したから。気象予報はハイテクのイメージがあるが、基本的には過去の事例をパターン化して予測するという古典的なもの。気象のメカニズムが根本的に変化してしまうと、新しいメカニズムでの事例が蓄積されるまで、予報は当たりにくくなってしまう。
 気象学そのものが、過去データのパターン化を中心にしたものなので、気象庁の予報が当たりにくくなっていることはある程度やむを得ないことである。

 だが問題なのは、予報が当たりにくくなっていることをもっともよく自覚しているはずの気象庁が、その事実を国民にまったく説明していないことである。しかも、天気予報のTV番組などでは、明日は気温が上がるので熱中症に注意すべきであるとか、日照時間が長いので貴重な日差しを有効活用すべきといった、本来の気象予報から逸脱した言動が目立つようになっている。

 気象予報は科学的見地に基づいて予報をするのが本来の目的であって、生活アドバイザーではない。予報に基づいてどう行動するのかは、個人が責任を持って決めるべきことである。

 その意味で、気象庁の予報を鵜呑みにし、ダイヤに混乱を生じさせたJRの責任も重い。10センチ程度の積雪は想定の範囲内であり、もし実際に雪が降った場合には、それに対応できる体制を整えておくのがスジである。大雪になるかもしれないという、あいまいな予報に基づいてダイヤをいちいち変更していたのでは、公共共通機関である意味がない。

 以前は鉄道会社が、事前の予想だけでダイヤを変更することなどなかった。今回の大雪騒動は、劣化が進み、危機管理能力をなくしている日本社会の現状を反映しているのかもしれない。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

kankokugenpatu02
韓国の原子力産業に暗雲。相次ぐ原発トラブルと米韓交渉決裂で再処理も不可能に

 韓国で再び原子力発電所のトラブルが発生している。慶州市にある新月城原発1号機が …

dellemc
ハードウェア大手のデルがEMCを買収。本格的なクラウド時代が到来

 パソコンなどハードウェア大手の米デルは2015年10月12日、ストレージ(外部 …

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

googlekesan201303
Googleがスマホ広告増加で好決算。だがクリック単価の回復は遅々として進まず

 米グーグルは4月18日、2013年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期 …

nyse02
ツイッター偽情報による株価の乱高下。即座に株価が安定したことの方に意味がある

 4月23日のニューヨーク株式市場において、ツイッターの偽情報によって株価が一時 …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …