ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大雪予想がハズれ鉄道は逆に大混乱。前代未聞の事態は日本社会劣化の象徴

 

 2月6日に関東地方に大雪が降るという気象庁の予報に基づき、JRなど鉄道各社は間引き運転などの対策を実施したが、ほとんど雪は振らず交通は逆に大混乱となった(写真はイメージ)。

 気象庁は5日の段階で、東北から西日本にかけて広い範囲で大雪になると予報し、東京23区での積雪量は10センチを超えるとしていた。実際、6日には関東地方の広い範囲で雪にはなったものの、当初気象庁が予報していた 「大雪」とはほど遠い結果に終わった。

 ここ数年、気象庁の予報が外れる事例が多発している。原因は全世界的に気象のメカニズムが変化したから。気象予報はハイテクのイメージがあるが、基本的には過去の事例をパターン化して予測するという古典的なもの。気象のメカニズムが根本的に変化してしまうと、新しいメカニズムでの事例が蓄積されるまで、予報は当たりにくくなってしまう。
 気象学そのものが、過去データのパターン化を中心にしたものなので、気象庁の予報が当たりにくくなっていることはある程度やむを得ないことである。

 だが問題なのは、予報が当たりにくくなっていることをもっともよく自覚しているはずの気象庁が、その事実を国民にまったく説明していないことである。しかも、天気予報のTV番組などでは、明日は気温が上がるので熱中症に注意すべきであるとか、日照時間が長いので貴重な日差しを有効活用すべきといった、本来の気象予報から逸脱した言動が目立つようになっている。

 気象予報は科学的見地に基づいて予報をするのが本来の目的であって、生活アドバイザーではない。予報に基づいてどう行動するのかは、個人が責任を持って決めるべきことである。

 その意味で、気象庁の予報を鵜呑みにし、ダイヤに混乱を生じさせたJRの責任も重い。10センチ程度の積雪は想定の範囲内であり、もし実際に雪が降った場合には、それに対応できる体制を整えておくのがスジである。大雪になるかもしれないという、あいまいな予報に基づいてダイヤをいちいち変更していたのでは、公共共通機関である意味がない。

 以前は鉄道会社が、事前の予想だけでダイヤを変更することなどなかった。今回の大雪騒動は、劣化が進み、危機管理能力をなくしている日本社会の現状を反映しているのかもしれない。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

seichounoie
自民党の支持母体とも言われた「生長の家」が参院選で与党不支持を打ち出した理由

 宗教法人「生長の家」が、2016年夏の参議院選挙において与党を支持しないと発表 …

it02
ITが仕事を奪うとの書籍が話題に。だが現実のIT化はもっとイヤラシイかもしれない

 コンピュータによって人々の仕事が奪われ、最終的にはごく一部の知的エリートと、肉 …

chintaiapart
民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係 …

merisa
米Yahooが社員に在宅勤務禁止を通達。自由といわれる米IT企業の本当の姿とは?

 米Yahooのマリッサ・メイヤーCEOが、社員に在宅勤務を禁止する通達を送った …

kanntei
薬のネット解禁判決に対抗して政府は薬事法改正を画策。日本に「法の支配」は存在しない

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を禁止した厚生労働省令は違法だとして …

mama
子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けてい …

takusin
ミャンマーでタイのタクシン元首相の暗殺計画が浮上。タイと日本の共通点を考える

 ミャンマーへ訪問する予定だった亡命中のタイのタクシン元首相は6日、ミャンマーで …

twitter03
ツイッターのタイムライン閲覧数が回復。成長期待の維持で株価反転なるか?

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年7月29日、2014年4~6月期の決算 …

watanabejunichi
作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去 …

googlecar
グーグルが持ち株会社制への移行を発表。新規事業はいよいよ収益化へ

 米グーグルは2015年8月10日、持ち株会社「Alphabet」を設立し、傘下 …