ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大雪予想がハズれ鉄道は逆に大混乱。前代未聞の事態は日本社会劣化の象徴

 

 2月6日に関東地方に大雪が降るという気象庁の予報に基づき、JRなど鉄道各社は間引き運転などの対策を実施したが、ほとんど雪は振らず交通は逆に大混乱となった(写真はイメージ)。

 気象庁は5日の段階で、東北から西日本にかけて広い範囲で大雪になると予報し、東京23区での積雪量は10センチを超えるとしていた。実際、6日には関東地方の広い範囲で雪にはなったものの、当初気象庁が予報していた 「大雪」とはほど遠い結果に終わった。

 ここ数年、気象庁の予報が外れる事例が多発している。原因は全世界的に気象のメカニズムが変化したから。気象予報はハイテクのイメージがあるが、基本的には過去の事例をパターン化して予測するという古典的なもの。気象のメカニズムが根本的に変化してしまうと、新しいメカニズムでの事例が蓄積されるまで、予報は当たりにくくなってしまう。
 気象学そのものが、過去データのパターン化を中心にしたものなので、気象庁の予報が当たりにくくなっていることはある程度やむを得ないことである。

 だが問題なのは、予報が当たりにくくなっていることをもっともよく自覚しているはずの気象庁が、その事実を国民にまったく説明していないことである。しかも、天気予報のTV番組などでは、明日は気温が上がるので熱中症に注意すべきであるとか、日照時間が長いので貴重な日差しを有効活用すべきといった、本来の気象予報から逸脱した言動が目立つようになっている。

 気象予報は科学的見地に基づいて予報をするのが本来の目的であって、生活アドバイザーではない。予報に基づいてどう行動するのかは、個人が責任を持って決めるべきことである。

 その意味で、気象庁の予報を鵜呑みにし、ダイヤに混乱を生じさせたJRの責任も重い。10センチ程度の積雪は想定の範囲内であり、もし実際に雪が降った場合には、それに対応できる体制を整えておくのがスジである。大雪になるかもしれないという、あいまいな予報に基づいてダイヤをいちいち変更していたのでは、公共共通機関である意味がない。

 以前は鉄道会社が、事前の予想だけでダイヤを変更することなどなかった。今回の大雪騒動は、劣化が進み、危機管理能力をなくしている日本社会の現状を反映しているのかもしれない。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

bankmuscut
世界中のATMから46億円を不正に引き出す事件が発生。プリペイド・デビットという盲点

 国際的なサイバー犯罪組織が27カ国のATMから約46億円を不正に引き出すという …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

apple
アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

matsui
引退表明の松井秀喜。頼むから日本の大学入学、巨人監督という道だけは歩まないでくれ

 現役引退を表明した松井秀喜氏が大学への進学を検討していることが明らかとなった。 …

ebola01
医療設備が劣悪なナイジェリアでエボラ熱感染拡大を防げたのはなぜ?

 各国でエボラ出血熱に対する恐怖が高まる中、十分な医療設備がないにも関わらず感染 …

singlemother
働いても働かなくてもシングルマザーの貧困率が変わらないという衝撃

 安倍政権では成長戦略の一環として女性の活用を掲げているが、一方で、働く女性の貧 …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

koujousen
福島の甲状腺検査で県外被害者は後回し。毎日新聞が示した情報公開請求の有効性

 福島原発事故を受け福島県が実施している子供向けの甲状腺検査をめぐり、県民健康管 …