ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大雪予想がハズれ鉄道は逆に大混乱。前代未聞の事態は日本社会劣化の象徴

 

 2月6日に関東地方に大雪が降るという気象庁の予報に基づき、JRなど鉄道各社は間引き運転などの対策を実施したが、ほとんど雪は振らず交通は逆に大混乱となった(写真はイメージ)。

 気象庁は5日の段階で、東北から西日本にかけて広い範囲で大雪になると予報し、東京23区での積雪量は10センチを超えるとしていた。実際、6日には関東地方の広い範囲で雪にはなったものの、当初気象庁が予報していた 「大雪」とはほど遠い結果に終わった。

 ここ数年、気象庁の予報が外れる事例が多発している。原因は全世界的に気象のメカニズムが変化したから。気象予報はハイテクのイメージがあるが、基本的には過去の事例をパターン化して予測するという古典的なもの。気象のメカニズムが根本的に変化してしまうと、新しいメカニズムでの事例が蓄積されるまで、予報は当たりにくくなってしまう。
 気象学そのものが、過去データのパターン化を中心にしたものなので、気象庁の予報が当たりにくくなっていることはある程度やむを得ないことである。

 だが問題なのは、予報が当たりにくくなっていることをもっともよく自覚しているはずの気象庁が、その事実を国民にまったく説明していないことである。しかも、天気予報のTV番組などでは、明日は気温が上がるので熱中症に注意すべきであるとか、日照時間が長いので貴重な日差しを有効活用すべきといった、本来の気象予報から逸脱した言動が目立つようになっている。

 気象予報は科学的見地に基づいて予報をするのが本来の目的であって、生活アドバイザーではない。予報に基づいてどう行動するのかは、個人が責任を持って決めるべきことである。

 その意味で、気象庁の予報を鵜呑みにし、ダイヤに混乱を生じさせたJRの責任も重い。10センチ程度の積雪は想定の範囲内であり、もし実際に雪が降った場合には、それに対応できる体制を整えておくのがスジである。大雪になるかもしれないという、あいまいな予報に基づいてダイヤをいちいち変更していたのでは、公共共通機関である意味がない。

 以前は鉄道会社が、事前の予想だけでダイヤを変更することなどなかった。今回の大雪騒動は、劣化が進み、危機管理能力をなくしている日本社会の現状を反映しているのかもしれない。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

kigyoshakai
政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

mox
プルサーマル計画の意義が薄れる中、震災後初となるMOX燃料が高浜原発に到着。

 関西電力高浜原発3号機で使用するMOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料 …

intelbaytrail
インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決 …

kokkaigijido
民意の反映に関するアンケート結果が示す、高齢者と若年層の分断

 内閣府が行った社会意識に関する調査で、国の政策に民意が反映されていると考えてい …

apple02
アップルの四半期決算。原価率の上昇が続き減益だが、下げ止まり感も

 米アップルは7月23日、2013年4~6月期決算を発表した。売上高は前年同期比 …

hitomi201605
衛星ひとみの墜落事故。リスク過小評価で、設計そのものに不備との報告書

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2016年5月24日、機体が破壊され、地上に …

titan
もはや紅白歌合戦?戦争の遺物となった研究所同士が争うスパコン計算速度

 世界のスーパーコンピューター性能ランキングが発表され、前回2位だった理化学研究 …

pentagon
米国防総省がサイバー攻撃能力を強化。だが実態は既存システムの防御で手一杯

 米国防総省は、コンピュータ・システムを使った軍事活動を行う「サイバー司令部」を …