ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ドルを介さずに台湾ドルを人民元に交換する業務などを開始した。また台湾ドルが中国本土に送付され、近く中国本土でも台湾ドルと両替できるようになる。

 中国と台湾は、昨年8月、双方の間の貿易や投資の決済などを、中国の通貨・人民元で行えるよう制度を整備することで合意していた。今回の措置はこの合意をうけたもの。
 これまでは、台湾ドルと人民元の取引は、いったんドルに換えてから行われていたが、今後は直接交換が可能となる。

  人民元のオフショア市場は香港が中心だったが、台湾でも取り扱いが可能となることで、人民元の国際化がさらに進むとみられている。もっとも台湾と中国本土における人民元取引の解禁は、金融市場の発展よりも産業面におけるメリットの方に意味がある。

 台湾は中国寄りといわれる国民党が政権に返り咲いて以降、中国本土との一体化を進めてきた。中国政府は積極的に台湾のハイテク企業の本土誘致を推奨しており、税制などにおいても様々な優遇措置を講じている。
 アップルのiPhoneやiPadの生産を一手に引き受け、シャープへの出資をめぐって話題にもなっている鴻海精密工業などは、中国に本格進出して成功した企業の代表格といえる。

 台湾と本土で人民元の取引が活発になれば、台湾と中国の産業資本がより一体化することになる。金融面での出先機関が香港であり、産業面での出先機関が台湾という位置づけになれば、中国にとっては非常に好都合だ。

 中国は、人民元をドルに代わる基軸通貨にしようとは、少なくとも今の段階では考えていない。だがアジア地域に緩い人民元経済圏を確立することは、現実的な目標として考えている。台湾との取引自由化はその大きな一歩となる。
 アジアにおける人民元経済圏の確立は、日本円のマイナー通貨化を意味している。地域通貨として日本円をどのようにアジアで流通させていくのか、そろそろ本気で検討する時期にさしかかっている。

 - 経済

  関連記事

nyse
ダウが最高値更新。間違っているのは金利なのか株価なのか?

 量的緩和の縮小が進む米国で、思いのほか金利が上がらないという状況が続いている。 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …

kuroda
日銀黒田総裁のホンネはどこに?市場にくすぶるインフレ許容論者説

 日銀は5月22日の金融政策決定会合で、景気判断を上方修正するとともに、前回決定 …

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …