ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ドルを介さずに台湾ドルを人民元に交換する業務などを開始した。また台湾ドルが中国本土に送付され、近く中国本土でも台湾ドルと両替できるようになる。

 中国と台湾は、昨年8月、双方の間の貿易や投資の決済などを、中国の通貨・人民元で行えるよう制度を整備することで合意していた。今回の措置はこの合意をうけたもの。
 これまでは、台湾ドルと人民元の取引は、いったんドルに換えてから行われていたが、今後は直接交換が可能となる。

  人民元のオフショア市場は香港が中心だったが、台湾でも取り扱いが可能となることで、人民元の国際化がさらに進むとみられている。もっとも台湾と中国本土における人民元取引の解禁は、金融市場の発展よりも産業面におけるメリットの方に意味がある。

 台湾は中国寄りといわれる国民党が政権に返り咲いて以降、中国本土との一体化を進めてきた。中国政府は積極的に台湾のハイテク企業の本土誘致を推奨しており、税制などにおいても様々な優遇措置を講じている。
 アップルのiPhoneやiPadの生産を一手に引き受け、シャープへの出資をめぐって話題にもなっている鴻海精密工業などは、中国に本格進出して成功した企業の代表格といえる。

 台湾と本土で人民元の取引が活発になれば、台湾と中国の産業資本がより一体化することになる。金融面での出先機関が香港であり、産業面での出先機関が台湾という位置づけになれば、中国にとっては非常に好都合だ。

 中国は、人民元をドルに代わる基軸通貨にしようとは、少なくとも今の段階では考えていない。だがアジア地域に緩い人民元経済圏を確立することは、現実的な目標として考えている。台湾との取引自由化はその大きな一歩となる。
 アジアにおける人民元経済圏の確立は、日本円のマイナー通貨化を意味している。地域通貨として日本円をどのようにアジアで流通させていくのか、そろそろ本気で検討する時期にさしかかっている。

 - 経済

  関連記事

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

googlewalmart
とうとうウォルマートとグーグルが提携に乗り出す。アマゾンの牙城は崩れるか?

 超巨大スーパーである米ウォルマートとIT業界の巨人であるグーグルが提携する。こ …

renesasu
政府救済のルネサス決算。1万人のリストラは決めたが、事業面の進捗はゼロ

 経営危機が表面化し、産業革新機構などによる支援が決定している半導体大手ルネサス …

legoburokku
レゴが素材の脱石油化を決断できる理由は、ズバリ高収益体質

 デンマークの玩具世界大手レゴグループは、主力商品のレゴブロックの素材を従来の石 …

bananki
FRBが量的緩和縮小を見送り。市場にとってはまったくの「想定外」

 米FRB(連邦準備制度理事会)は9月18日のFOMC(連邦公開市場委員会)にお …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

fudosanchirasi
不動産取引のネット解禁論争が過熱。第二の大衆薬論争に?

 非対面での不動産取引の是非をめぐって、ネット解禁派と保守派との対立が激しくなっ …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

nomikai
「飲みニケーション」に関する単純な是非論は、問題の本質を見誤らせる

 一時は姿を消していたと思われていた飲みニケーションという言葉が再び注目を集めて …

usakoyoutoukei201505
5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このと …