ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回の賞与に上乗せする形で平均15万円を支給する。

 対象となるのは、20代後半~40代のグループ社員で、ローソン本体に加えて、九九プラス、ローソンHMVエンタテイメントを加えた合計3300人。中学生までの子供がいる社員はアップ率を高くして、働き盛りの世代の労働意欲を高める。

 ローソンの新浪剛史社長は政府の産業競争力会議のメンバーとなっている。第1回の会合では、経済政策として若年層の世帯収入の増加を第一に掲げていた。安倍政権が産業界に求めている賃金アップに賛同し、年収引き上げを決めたという。

 個人消費はGDPの6割を占めており、賃金を上昇させることで経済の底上効果があることは間違いない。新浪社長がアベノミクスに賛同し、自らの信念で賃上げを行い、今後の業績によって投資家を納得させるというのであれば、実にすばらしい話である。だが一概にそうとはいえない話も聞こえてくる。それは新浪社長の政治家への転身である。

 新浪社長はかつて三菱商事の社員時代、「(出世できないなら)学者にでもなってのんびり過ごそうかとも思っていた」と発言したことで有名な人物。リストラされたら学者にでもなろうかなど、世の学者もずいぶんバカにされたものだが、ウラを返せば、自分は三菱商事のサラリーマンごときで終わる人間ではないという強い上昇志向の持ち主ということでもある。

 そのような新浪氏が、コンビニの社長で終わることに満足しないことは明らかであり、実際、昨年から政界転身への噂が絶えない。今回、真っ先にアベノミクスに賛同し、賃上げを実施したのは、ぜひ政界に迎え入れて欲しいというという猛アピールであるとの噂がもっぱらだ。
 後任の社長には、ファーストリテイリング(ユニクロ)の社長を事実上解任され、ローソンに転職していた玉塚元一副社長などの名前が上がっている。

 後任の社長としては、賃上げをするだけしておいて、あとはヨロシクといわれたらたまったものではないが、そこはサラリーマン社長の悲しい性。自分を引き立ててくれた前任者の後始末は甘んじて受け入れるしかないだろう。
 もし新浪氏が社長にとどまり、賃上げを実施した上で、さらに業績を向上させることができれば、新浪氏は「ホンモノ」の経営者だ。外野としてはそうあって欲しいと願っているが果たしてどうだろうか?
 ともかく賃上げの対象となった社員にとっては朗報であることには間違いない。

 - 政治, 経済

  関連記事

nitigin
皆さん!中央銀行の独立性について根本的に誤解していませんか?

 2~3%の高いインフレ目標の設定と、日銀による国債引き受けに言及した自民党の安 …

yasudakodo
キャリア公務員の合格者。結局は旧帝大と早慶ばかりで何も変わっていない

 公務員の地位低下が叫ばれて久しい。東大生で国家公務員試験Ⅰ種(いわゆるキャリア …

hongkongramu
香港行政長官選挙は予想通りの出来レースで親中派女性候補が勝利

 香港トップである行政長官を選ぶ選挙が行われ、中国政府の支持を得た前政務官の林鄭 …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

yosankyosho2015
オバマ政権が2015年度予算教書を発表。米国の財政収支改善がより明確に

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年会計年度(2014年10月~2015年 …

seiho
バブル崩壊以来続いた生保の逆ざやが解消。金利上昇で保険会社はさらに有利に?

 生命保険各社の業績が上向いている。主な要因はバブル期に販売した予定利率の高い商 …

sensha
11年ぶりに防衛費が増額。だが気になるのは自衛隊の人件費比率の増加

 政府・自民党は2013年度予算の防衛費について、11年ぶりに増額する方針を固め …

no image
民主党政権の機密費は何と35億円。でもリッチな鳩山サンは少ないぞ!

 民主党政権発足から約3年が経過したが、これまでの間に35億2000万円の内閣官 …

merukeruputin
プーチン大統領の独裁に抗議してトップレス女が乱入。メルケルは驚いたが本人は余裕

 ドイツを訪問中のプーチン露大統領の前にトップレスの女性が現れ、プーチン大統領の …

sbtakasago
ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17 …