ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!

 

 多額の現金退蔵が株主から問題視されている米Appleは2月7日、株主への追加の現金還元策について検討すると発表した。

 Appleは抜群の業績が生み出すキャッシュフローを背景に12兆円を超える現金を保有している。株価が上昇しているうちは問題視されなかったが、iPhoneの驚異的な成長も限界に来ているとの見方から株価が下落したことで、一部の投資家から現金退蔵が問題視されるようになってきた。

 米国の著名ヘッジファンド「グリーンライトキャピタル」のデビッド・アイホーン会長は「アップルは資金を投資家に還元すべき」だとして、株主総会の議案に反対するよう投資家に呼びかけた。
 アップルはこれに対して声明を発表し、昨年3月に決定した450億ドル(4兆2000億円)の株主還元策のうち、来週までに実施される分が100億ドル(9350億円)に達することを明らかにした。また、取締役会は追加の利益還元について議論しており、グリーンライト氏の提案も「徹底的に検証する」とした。

 米国では多額の現金を退蔵する企業に対しては、株主から利益を還元するように圧力が加えられるのが普通だ。だが日本では会社は従業員のものという意識が強く、モノ言う株主は反社会的な人物とみなされることすらある。
 株主からの圧力がほとんどない日本企業は、多額の現金を退蔵しているが、これが日本経済の低迷が続く大きな要因になっている。

 日本は法律によって解雇が事実上禁止されている。このため企業は人件費の増加を恐れて新規雇用をなかなか行わない。このため、日本では職がある人とない人の立場が固定化されてしまい、一度職を失うと二度とチャンスがなくなってしまう。
 もし企業の利益を株主への配当という形で実施すれば、職のない人でも株を購入することで、大企業が獲得した利益の恩恵を得ることができる。だが日本では会社の利益は従業員のものなので、外部の人には一切還元されない。ここでも雇用されている人にだけ利益が回る仕組みになっているのだ。
 日本は他の先進諸国に比べて、著しく貧困率が高いことで知られているが、階層を固定する雇用制度に加えて、株主への還元がほとんどないことが、この状況に拍車をかけている。

 アベノミクスでは2%の物価上昇を掲げている。これを実現するためには、日銀の緩和策だけでは不可能であり、最終的には国民の財布が潤う方策が必要となる。企業は公器であり、経営者と従業員だけのものではない。アップルが検討している株主還元策は、企業に溜め込んだお金を国民に配分する非常によい仕組みといえる。証券市場の投資環境整備を本気で行う覚悟があれば、一見不可能に見える2%の物価目標も容易に実現できるのだ。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …

sharp
綱渡り経営が続くシャープの決算。すべては銀行の方針次第

 経営再建中のシャープは5月14日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前 …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

shokutaku
家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因が …

ilc
次世代加速器ILCの日本誘致論。背後には4000億円という巨額の土木工事が存在する

 宇宙誕生の謎を研究する次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致 …

barroso02
EUが加盟6カ国の財政目標を緩和。とうとう緊縮路線からの転換を表明

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は5月28日、フランスやスペインなど …

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

kuroda02
日銀が2度目の物価目標先送りでも追加緩和実施せず。頼みの綱は米利上げ

 日銀は2015年10月30日に開催した金融政策決定会合で、物価上昇率2%の達成 …