ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆7036億円の黒字を確保したが、黒字額は前年に比べ50.8%も減少した。同一基準で統計を取り始めた1985年以降で最小の黒字額となった。

 経常収支は外国との取引の最終的な結果(国の儲け)を示すもので、その内容は主に貿易・サービス収支と所得収支で構成されている。
 貿易・サービス収支はいわゆる輸出による儲けを示し、所得収支は海外に投資した資金の利子や配当収入が該当する。

 日本はかつて製造業が活発で、製品を他国に輸出して稼いでいたので、貿易収支は一貫して黒字だった。
 だがバブル崩壊以降、日本の製造業は衰退し始め、貿易黒字も徐々に減少してきた。
 逆に過去に溜め込んだ資金を海外に投資する動きが加速し、2004年にはとうとう輸出による黒字を投資による黒字が上回った。日本はすでに投資でメシを食う、不労所得の国になっていたのである。
 本来なら、日本の製造業が衰退すれば、経済に対して大きな打撃となるはずである。バブル崩壊後20年間もデフレを続けながら、国民生活を何とか維持できたのは、この莫大な利子収入があったおかげである。

 だがここ数年、その状況も大きく変わってきた。震災の影響によってエネルギーの輸入が増加したことや、日本製品の競争力低下にさらに拍車がかかり、とうとう貿易赤字に転落したのである。今回発表された2012年の国際収支では、貿易赤字は約8.5兆円、これに対して所得収支(利子や配当などの不労所得)は約14兆円の黒字となっており、貿易赤字を投資の利益で何とかカバーしている状況である。

 悪い話ばかりが続くが、この状況も崩壊寸前だ。ここ2ヶ月の間に、貿易赤字が急増し、投資による利益でカバーができなくなってきているのだ。つまり最終的な国の儲けである経常収支が赤字に転落しているのである。
 2012年12年の経常赤字は2641億円で、2ヶ月連続の赤字。統計を取り始めてから2ヶ月連続で赤字になったことは今回が初めての事態である。

 もしこの赤字が今後定着するようになれば、日本は完全に経常赤字国に転落する。毎月巨額の資金が外貨に両替され、海外に流出するので、恒常的な円安要因となる。もしそうなれば、ドル円のトレンドは半永久的に円安になる可能性が高まってくるだろう。日本はとうとう長期的な貧困化への道を歩み始めたのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

euhonbu02
欧州景気に底入れの兆し。失速寸前といわれる中国経済の助け船になるか?

 欧州連合(EU)は8月14日、ユーロ圏17カ国における2013年4~6月期のG …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

no image
米著名ヘッジファンドが苦境に

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立た …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

no image
機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指 …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

francegas01
バフェット氏が所有する仏工場で悪臭ダダ漏れ。日本人によぎったある光景とは?

 フランス北部ルーアンにある化学工場で21日、腐った卵のような強い臭気を放つガス …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …