ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆7036億円の黒字を確保したが、黒字額は前年に比べ50.8%も減少した。同一基準で統計を取り始めた1985年以降で最小の黒字額となった。

 経常収支は外国との取引の最終的な結果(国の儲け)を示すもので、その内容は主に貿易・サービス収支と所得収支で構成されている。
 貿易・サービス収支はいわゆる輸出による儲けを示し、所得収支は海外に投資した資金の利子や配当収入が該当する。

 日本はかつて製造業が活発で、製品を他国に輸出して稼いでいたので、貿易収支は一貫して黒字だった。
 だがバブル崩壊以降、日本の製造業は衰退し始め、貿易黒字も徐々に減少してきた。
 逆に過去に溜め込んだ資金を海外に投資する動きが加速し、2004年にはとうとう輸出による黒字を投資による黒字が上回った。日本はすでに投資でメシを食う、不労所得の国になっていたのである。
 本来なら、日本の製造業が衰退すれば、経済に対して大きな打撃となるはずである。バブル崩壊後20年間もデフレを続けながら、国民生活を何とか維持できたのは、この莫大な利子収入があったおかげである。

 だがここ数年、その状況も大きく変わってきた。震災の影響によってエネルギーの輸入が増加したことや、日本製品の競争力低下にさらに拍車がかかり、とうとう貿易赤字に転落したのである。今回発表された2012年の国際収支では、貿易赤字は約8.5兆円、これに対して所得収支(利子や配当などの不労所得)は約14兆円の黒字となっており、貿易赤字を投資の利益で何とかカバーしている状況である。

 悪い話ばかりが続くが、この状況も崩壊寸前だ。ここ2ヶ月の間に、貿易赤字が急増し、投資による利益でカバーができなくなってきているのだ。つまり最終的な国の儲けである経常収支が赤字に転落しているのである。
 2012年12年の経常赤字は2641億円で、2ヶ月連続の赤字。統計を取り始めてから2ヶ月連続で赤字になったことは今回が初めての事態である。

 もしこの赤字が今後定着するようになれば、日本は完全に経常赤字国に転落する。毎月巨額の資金が外貨に両替され、海外に流出するので、恒常的な円安要因となる。もしそうなれば、ドル円のトレンドは半永久的に円安になる可能性が高まってくるだろう。日本はとうとう長期的な貧困化への道を歩み始めたのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …

no image
IMFが指摘。日本の金融機関はもうこれ以上、国債を買い支えることはできない

 IMF(国際通貨基金)がいよいよ日本の国債消化能力ついて懸念を表明し始めた。 …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …

sbtakasago
太陽光発電の買い取り価格が2年連続で引き下げの見込み。36円は高いか安いか?

 経済産業省は、太陽光発電の電力買い取り価格を昨年に続いて引き下げる方針であるこ …

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …