ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆7036億円の黒字を確保したが、黒字額は前年に比べ50.8%も減少した。同一基準で統計を取り始めた1985年以降で最小の黒字額となった。

 経常収支は外国との取引の最終的な結果(国の儲け)を示すもので、その内容は主に貿易・サービス収支と所得収支で構成されている。
 貿易・サービス収支はいわゆる輸出による儲けを示し、所得収支は海外に投資した資金の利子や配当収入が該当する。

 日本はかつて製造業が活発で、製品を他国に輸出して稼いでいたので、貿易収支は一貫して黒字だった。
 だがバブル崩壊以降、日本の製造業は衰退し始め、貿易黒字も徐々に減少してきた。
 逆に過去に溜め込んだ資金を海外に投資する動きが加速し、2004年にはとうとう輸出による黒字を投資による黒字が上回った。日本はすでに投資でメシを食う、不労所得の国になっていたのである。
 本来なら、日本の製造業が衰退すれば、経済に対して大きな打撃となるはずである。バブル崩壊後20年間もデフレを続けながら、国民生活を何とか維持できたのは、この莫大な利子収入があったおかげである。

 だがここ数年、その状況も大きく変わってきた。震災の影響によってエネルギーの輸入が増加したことや、日本製品の競争力低下にさらに拍車がかかり、とうとう貿易赤字に転落したのである。今回発表された2012年の国際収支では、貿易赤字は約8.5兆円、これに対して所得収支(利子や配当などの不労所得)は約14兆円の黒字となっており、貿易赤字を投資の利益で何とかカバーしている状況である。

 悪い話ばかりが続くが、この状況も崩壊寸前だ。ここ2ヶ月の間に、貿易赤字が急増し、投資による利益でカバーができなくなってきているのだ。つまり最終的な国の儲けである経常収支が赤字に転落しているのである。
 2012年12年の経常赤字は2641億円で、2ヶ月連続の赤字。統計を取り始めてから2ヶ月連続で赤字になったことは今回が初めての事態である。

 もしこの赤字が今後定着するようになれば、日本は完全に経常赤字国に転落する。毎月巨額の資金が外貨に両替され、海外に流出するので、恒常的な円安要因となる。もしそうなれば、ドル円のトレンドは半永久的に円安になる可能性が高まってくるだろう。日本はとうとう長期的な貧困化への道を歩み始めたのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

amazon
アマゾン・ジャパンの売上高公表で明らかになった、日本のネット通販市場の限界

 米アマゾン・ドット・コムは2012年12月期の日本での売上高が78億ドル(約7 …

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

kosakukiki
1月の機械受注は反動で大幅増。全体にブレが大きくなりトレンドが不明確に

 内閣府は2014年3月13日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …

googlecar02
日本企業は新規事業に極めて消極的。革新的事業に至っては米国の5分の1

 コンサルティング会社のデロイト トーマツ コンサルティングは17日、日本企業に …

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …