ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界の報道自由度ランキング。日本は53位と韓国やハイチ並み。

 

 パリを本拠とする国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」は1月30日、世界各国の報道の自由度ランキング2013を発表した。日本は福島原発事故の隠蔽体質などが指摘され53位であった。

 報道自由ランキングは、世界179カ国について、メディアの独立性、透明性、自己検閲など6つの視点で調査を行ったもの。

 1位はフィンランド、2位はオランダ、3位はノルウェーとなり、北欧やその周辺地域にあるプロテスタント-ゲルマン圏諸国が上位にランキングされた。公務員の汚職防止など市民生活の水準を評価するランキングでは、プロテスタント-ゲルマン諸国は上位にランクされることが多いが、報道の自由においても同様の結果だった。

 いわゆる先進大国では、ドイツ(17位)、英国(29位)、米国(32位)、フランス(37位)の順となっている。日本は53位とかなり低く、周囲には韓国やハイチ、アルゼンチンなどが並ぶ。

 日本については「原発事故に関わる情報へのアクセスが極端に制限され透明性を欠いている」「閉鎖的な記者クラブ制度の存在が日本のランキング上位進出を阻んでいる」などの指摘が見られる。しかも不名誉なことに記者クラブは「kisha-clubs」と記載されている。ケイレツやゲイシャと同じようにもはや国際語になっているようである。

 さらに重大な指摘もある。「日本のフリージャーナリストは、国家から検閲を受け、警察からの脅迫、司法からの嫌がらせを受けていると」されている。
 日本人の多くは日本を民主的な先進国と思っているが、海外はそう見ていない。日本はジャーナリストが国家から弾圧され、警察から脅迫を受ける国として認識されている。悲しいことに、ジャーナリストが脅迫を受けているのは事実であり、この評価は甘んじて受け入れるしかないだろう。

 もちろん下を見ればキリがない。中国は173位、イランは174位、北朝鮮は178位であった。最下位の179位はアフリカの小国エリトリアで、外国メディアの入国そのものが禁止されている。

 - マスコミ

  関連記事

kannsimaera
監視カメラの是非に関する議論。プライバシーが問題なのではない!

 単純に画像を撮影するだけなく、被写体の顔を自動判別する機能を搭載した新しいカメ …

no image
民主党政権の機密費は何と35億円。でもリッチな鳩山サンは少ないぞ!

 民主党政権発足から約3年が経過したが、これまでの間に35億2000万円の内閣官 …

kimujoun
人民日報が世紀の大誤報。米誌のパロディを真に受け金正恩をヨイショ!

 人民日報電子版は2012年11月27日、「世界でもっともセクシーな男性」に北朝 …

bloomberg
ブルームバーグNY市長が英フィナンシャル・タイムズ買収を計画。名誉欲が出てきたか?

 ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が英国の名門経済誌フィナンシャル・ …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

keijiban
中国共産党が国民からの不満や要望を受け付けるサイトを構築。明るい文化大革命?

 中国共産党は、国民の党や政府に対する不満の高まりを背景に、国民からの声を集める …

yukihatoyama
鳩山氏の暴走で浮き彫りになる、日本人にとっての「法の支配」

 クリミアを訪問中の鳩山由紀夫元首相は2015年3月12日、旅券を返納させるべき …

uiguru
新疆ウイグル自治区で警官とウイグル族住民が衝突。中国政府はテロと説明

 中国国営新華社通信は、中国北西部の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で4月23日 …

asahidigitalkiji
小保方氏を茶化した朝日新聞デジタルのコラム削除問題は、日本ならでは

 理化学研究所の小保方晴子氏が歌手デビューするという、「嘘」を題材にした朝日新聞 …