ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

福島の甲状腺検査で県外被害者は後回し。毎日新聞が示した情報公開請求の有効性

 

 福島原発事故を受け福島県が実施している子供向けの甲状腺検査をめぐり、県民健康管理調査の検討委員会が、県外避難者を後回しにすることを検討していたことが、毎日新聞の調査報道で明らかになった。

 毎日新聞の報道によると、2011年10月に開かれた第4回準備会(非公開)において、県外医療機関での検査体制の整備が議題になった際、検査責任者の鈴木真一県立医大教授が「甲状腺の専門家が少ない。県外で検査をする医療機関の認定を遅らせて、県内体制を作っていきたい」との考えを示した。
 一方、同じ日にあった公開の第4回検討委で鈴木教授は「広く県外に避難している人にも甲状腺検査を行えるよう検査体制を整える」と非公開の準備会とは異なる内容の発言を行っていた。
 実際に県外検査がはじまったのは県内の約1年後で、県外の検査を遅 らせた意図は不明だという。

 福島県と県立医大が実施している甲状腺検査をめぐっては、検査カルテを検査対象者にも開示しないなど、その実施目的や運営方法をめぐって多くの批判が出ている。当初は非公開の準備委員会の存在自体も秘匿されていた。

 今回の毎日新聞の報道は、情報公開請求に基づいて開示された、秘密会の議事録がベースになっている。日本の情報公開制度は不十分であり、公務員に都合の悪いことはほとんど黒塗りになって開示されるなど問題は多い。だが情報公開制度は、行政当局に対するチェック機能として大きな可能性を秘めている。毎日新聞の報道は、情報公開請求が非常に有効な手段であることを示している。

 米国などでは、ひたすら役所に通い辛抱強く情報公開請求をくり返すジャーナリストも多い。情報公開請求は調査報道の基本であり、本来ジャーナリズムがもっとも力を入れるべき分野といえる。今回のような情報公開請求に基づく記事がさらに増えてくることを期待したい。

 - 社会

  関連記事

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

no image
低賃金労働は意外に強い!米国では職の2極分化が急激に進行中。さて日本は?

  NY連銀が米国における30年間の雇用の変化について分析したレポートを発表した …

katayama
PC遠隔操作事件の容疑者をようやく逮捕。だが事実上の自首に近く、警察の非力さが露呈

 遠隔操作PCを使った犯行予告事件で、警視庁などの合同捜査本部は10日、東京都江 …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …

doshakuzure
気象庁の特別警報を知るきっかけはテレビだけ。告知ルートの偏りが明らかに

 気象庁が「特別警報」の認知に関して実施したアンケート調査で興味深い結果が出てい …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

kennedy02
ケネディ駐日大使の資産は273億円との報道。資産の中身を詳細に検証してみると・・・

 米CNNは8月19日、次期駐日大使のキャロライン・ケネディ氏が保有する資産は約 …