ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

福島の甲状腺検査で県外被害者は後回し。毎日新聞が示した情報公開請求の有効性

 

 福島原発事故を受け福島県が実施している子供向けの甲状腺検査をめぐり、県民健康管理調査の検討委員会が、県外避難者を後回しにすることを検討していたことが、毎日新聞の調査報道で明らかになった。

 毎日新聞の報道によると、2011年10月に開かれた第4回準備会(非公開)において、県外医療機関での検査体制の整備が議題になった際、検査責任者の鈴木真一県立医大教授が「甲状腺の専門家が少ない。県外で検査をする医療機関の認定を遅らせて、県内体制を作っていきたい」との考えを示した。
 一方、同じ日にあった公開の第4回検討委で鈴木教授は「広く県外に避難している人にも甲状腺検査を行えるよう検査体制を整える」と非公開の準備会とは異なる内容の発言を行っていた。
 実際に県外検査がはじまったのは県内の約1年後で、県外の検査を遅 らせた意図は不明だという。

 福島県と県立医大が実施している甲状腺検査をめぐっては、検査カルテを検査対象者にも開示しないなど、その実施目的や運営方法をめぐって多くの批判が出ている。当初は非公開の準備委員会の存在自体も秘匿されていた。

 今回の毎日新聞の報道は、情報公開請求に基づいて開示された、秘密会の議事録がベースになっている。日本の情報公開制度は不十分であり、公務員に都合の悪いことはほとんど黒塗りになって開示されるなど問題は多い。だが情報公開制度は、行政当局に対するチェック機能として大きな可能性を秘めている。毎日新聞の報道は、情報公開請求が非常に有効な手段であることを示している。

 米国などでは、ひたすら役所に通い辛抱強く情報公開請求をくり返すジャーナリストも多い。情報公開請求は調査報道の基本であり、本来ジャーナリズムがもっとも力を入れるべき分野といえる。今回のような情報公開請求に基づく記事がさらに増えてくることを期待したい。

 - 社会

  関連記事

no image
西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60) …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

usakoyoutoukei201505
5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このと …

iryouhi
自業自得患者の自己負担を上げれば医療財政が改善できるというのはまったくの幻想

 テレビ局の元アナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて全員実費負担に …

abejosei
若者と女性の雇用を促進するという官邸主導の会議はまさに茶番劇

 政府は13日、「若者・女性活躍推進フォーラム」の初会合を首相官邸で開催した。出 …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

jfk
ケネディ元大統領の暗殺から50年。米国は人種問題を本当に克服したか?

 ケネディ元大統領が暗殺されてから11月22日で50年となる。米国ではオバマ大統 …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

nenkinmanga
年金の世代間格差に言及した厚労省の漫画に批判が殺到

 厚生労働省がWebサイトに掲載している年金に関する漫画が注目を集めている。若年 …