ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

福島の甲状腺検査で県外被害者は後回し。毎日新聞が示した情報公開請求の有効性

 

 福島原発事故を受け福島県が実施している子供向けの甲状腺検査をめぐり、県民健康管理調査の検討委員会が、県外避難者を後回しにすることを検討していたことが、毎日新聞の調査報道で明らかになった。

 毎日新聞の報道によると、2011年10月に開かれた第4回準備会(非公開)において、県外医療機関での検査体制の整備が議題になった際、検査責任者の鈴木真一県立医大教授が「甲状腺の専門家が少ない。県外で検査をする医療機関の認定を遅らせて、県内体制を作っていきたい」との考えを示した。
 一方、同じ日にあった公開の第4回検討委で鈴木教授は「広く県外に避難している人にも甲状腺検査を行えるよう検査体制を整える」と非公開の準備会とは異なる内容の発言を行っていた。
 実際に県外検査がはじまったのは県内の約1年後で、県外の検査を遅 らせた意図は不明だという。

 福島県と県立医大が実施している甲状腺検査をめぐっては、検査カルテを検査対象者にも開示しないなど、その実施目的や運営方法をめぐって多くの批判が出ている。当初は非公開の準備委員会の存在自体も秘匿されていた。

 今回の毎日新聞の報道は、情報公開請求に基づいて開示された、秘密会の議事録がベースになっている。日本の情報公開制度は不十分であり、公務員に都合の悪いことはほとんど黒塗りになって開示されるなど問題は多い。だが情報公開制度は、行政当局に対するチェック機能として大きな可能性を秘めている。毎日新聞の報道は、情報公開請求が非常に有効な手段であることを示している。

 米国などでは、ひたすら役所に通い辛抱強く情報公開請求をくり返すジャーナリストも多い。情報公開請求は調査報道の基本であり、本来ジャーナリズムがもっとも力を入れるべき分野といえる。今回のような情報公開請求に基づく記事がさらに増えてくることを期待したい。

 - 社会

  関連記事

sakuranomiya01
桜宮高校体罰自殺事件に判決。被告の深い反省が逆に体罰問題の解決を難しくする?

 大阪市立桜宮高校のバスケットボール部のキャプテンだった男子生徒に暴行を加えたと …

ichibazusi
差別でよく議論になる「意図はなかった」という論理は通用するのか?

 このところ差別に関するニュースが立て続けに報道されている。日本では、差別の定義 …

okawasho
三陸沖地震のニュース速報。絶叫するNHKのアナウンサーに、疑問の声が噴出

 7日17時18分ごろ、東北地方でマグニチュード7.3の比較的強い地震が発生した …

sistinchapel
次期ローマ法王選出会議(コンクラーベ)、12日から開催。会議は波乱か?

 ローマ法王庁は8日、退位したベネディクト16世の後継者を選ぶ選挙(コンクラーベ …

kizuna
どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震 …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

hasimoto20130113
橋下市長が体罰で自殺した生徒遺族に謝罪。教育委員会に対する知事関与の布石か?

 大阪市立桜宮高校の男子生徒がバスケットボール部顧問の男性教諭から体罰を受け自殺 …

businessman
生活は良くならず努力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している …

no image
殺人エレベータ?シンドラー社製でまた死亡事故。前回の教訓で社長はとりあえず謝った

 金沢市の「アパホテル金沢駅前」で31日午後、エレベーターに挟まれてパート清掃員 …

genkintorihiki
銀行取引にさらに煩雑な確認作業が必要に。だが肝心の犯罪防止効果には疑問の声も

 犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)が一部改正されるのに …