ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

PC遠隔操作事件の容疑者をようやく逮捕。だが事実上の自首に近く、警察の非力さが露呈

 

 遠隔操作PCを使った犯行予告事件で、警視庁などの合同捜査本部は10日、東京都江東区の職業不詳、片山祐輔容疑者を威力業務妨害の疑いで逮捕した。4人もの誤認逮捕者を出し、警察の情弱っぷりを露呈した前代未聞のサイバー事件はようやく容疑者の逮捕にこぎつけた。

 片山容疑者は、都内の名門私立中学を卒業後、理工系大学に進学したが中退。専門学校でパソコンを学んでいた2005年には、大手レコード会社社員への殺害予告事件で逮捕された前歴があるという。片山容疑者は「全く事実ではありません」と容疑を否認しているという。

 片山容疑者が真犯人であれば、何とか警察がメンツを保ったということになるが、逮捕に至るまでの経緯を見ると必ずしもそうとはいえない面がある。

 片山容疑者の逮捕のきっかけとなったのは、警察への挑発目的で報道関係者に送信した電子メール。メールには片山容疑者を特定するヒントが盛り込まれており、回を重ねるごとに内容がより詳細になっていた。
 最後は、ピンクの首輪を付けたネコの写真と江ノ島近辺と地域情報まで送付。神奈川県警が人海戦術を使って猫を捜索。防犯カメラに映った映像から片山容疑者を割り出した。

 今回の片山容疑者を逮捕することができたのは、片山容疑者が警察を挑発するために自らの情報をあえて提供したこと、また片山容疑者に逮捕暦があったことに救われている。極論を言えば自首に近く、もし容疑者が初犯で自らの情報をあえて提供する行為を行わなかった場合には、逮捕できなかった可能性が高い。

 犯人逮捕にはいたったものの、日本の警察のサイバー犯罪への対処能力が著しく低いことをあらためて示す結果となった。
 警察は今後、サイバー犯罪対策の予算を増額し、体制を強化していく可能性が高い。だがサイバー犯罪は、ハード面での強化だけではほとんど効果を上げることができない分野である。
 ネットの利用をオープン化する政策を進め、より多くの参加者が集まる環境を作り、公式、非公式に情報を収集する人的ネットワークを構築しないと、効果的な対処は難しいだろう。ネットの利用を敵視するような社会風土では、常にカモにされるのがオチだろう。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

shujutushitu
がんの5年生存率のデータを公表。部位や地域によってかなりのバラツキ

 国立がん研究センターは2015年9月14日、がん患者の5年生存率のデータを公表 …

softbankpepason
四半期決算好調も株価が冴えないソフトバンク。重しはやはり米国事業

 ソフトバンクの米国事業が同社の株価の重しとなっている。足元の業績は好調だが、本 …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

toyosuiten
豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …

seiryokuzu
ハフィントン上陸から1カ月。日本のWebジャーナリズムの勢力図はこうなっている!

 ハフィントンポスト日本版が鳴り物入りでスタートしてから1カ月強が経過した。思い …

osensui
オリンピック東京招致と福島原発汚染水問題は水面下でつながっている?

 2020年夏季オリンピックの東京招致が成功したが、その背景には、安定した財政基 …

facebooksound
フェイスブックが周囲の音を収集解析するサービスを始めた、その本質的意味

 SNS大手の米フェイスブックは2014年5月21日、スマホを使って周囲の音を録 …

no image
中国反日デモ斜め読み。警察車両って日本車だったんだ!

 尖閣諸島への日本人の上陸を受けて、中国で反日デモが激しくなっている。上陸のニュ …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …