ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

同じクリスタルガイザーでも味や成分はバラバラ。ミネラルウォーターの賢い選び方

 

 原発事故をきっかけに、日本の消費者の間でミネラルウォーターへの関心が高まっている。また健康や味わいの面からもミネラルウォーターを好む消費者が増えてきているという。

 ミネラルウォーターの品質や味の決め手となる重要な項目の一つは水の「硬度」である。だが、この数値と解釈をめぐってはネットを中心に誤解も多い。自分のニーズにあった水を摂取するためには、消費者は水の硬度についてよく知っておく必要がある。

 ミネラルウォーターの硬度は、主にカルシウムとマグネシウムの量で決まる。簡単にいうと、カルシウムの量(1リットルあたりの含有量-ミリグラム)に2.5を掛けた数値と、マグネシウムの量(1リットルあたりの含有量-ミリグラム)に4を掛けた数値を足したものが硬度である。
 つまり同じ硬度であっても、カルシウムとマグネシウムの含有量は大きく異なっている可能性があるのだ。

 カルシウムは水に含まれると、甘さやボリューム感などを味覚として感じやすい。一方、マグネシウムは、豆腐のニガリの主成分であることからも分かるように、含まれていると苦味を感じる。同じミネラル成分でも味は正反対であり、硬度だけで味を判断するのは非常に危険であることが分かるだろう。

 日本の消費者に比較的人気の高いミネラルウォータの硬度を比較してみると、以下のようになる。

  ボルビック 硬度60 カルシウム1.15mg マグネシウム0.8mg
  クリスタルガイザー(シャスタ) 硬度38 カルシウム0.64mg マグネシウム0.54mg
  エビアン 硬度306 カルシウム8mg マグネシウム2.6mg
  水道水(東京都港区) 硬度55 カルシウム1.68mg マグネシウム0.33mg

 エビアンの硬度は極めて高く「硬水」であることが分かる。エビアンを飲むと、甘くボリューム感を感じるのは豊富なミネラル分の影響である。一方クリスタルガイザーは水道水よりも硬度が低い、いわゆる「軟水」である。クリスタルガイザーがエビアンなど比べると多少トゲトゲした感じがするのは、硬度が低く、カルシウムの含有量が少ないからと考えられる。水道水に近いのはボルビックである。

 もっとも味の決め手はミネラル分だけではない。酸味が与える影響も大きい。日本人に人気のリスタルガイザーは同じブランド名でも流通ルートによって水源が異なり、硬度や酸味(水素イオン濃度-pH)も異なっている(姉妹サイト記事「クリスタルガイザー(シャスタ・オランチャ水源)」参照)。
 シャスタ水源はオランチャ水源に比べて硬度は低いがpHは高い。日本の消費者はシャスタ水源の方を好む人が多いといわれているが、それは硬度よりも酸味の方が影響しているのかもしれない。

 さらに乳幼児を持つ母親にとっては別な評価基準もある。あまり硬度が高いとミルクを飲む乳幼児に負担が大きいという問題がある。また硬水は泡立ちが悪くなるという特徴もある。
 一般にはカルシウムを中心としたミネラル分が豊富な方が(硬水の方が)美味しいということになるが、乳幼児の家庭には軟水が向く。目的や好みに合わせて柔軟に選択したい。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

abejosei
若者と女性の雇用を促進するという官邸主導の会議はまさに茶番劇

 政府は13日、「若者・女性活躍推進フォーラム」の初会合を首相官邸で開催した。出 …

gun
3Dプリンタの普及で銃の自宅製造が可能に?日本で懸念されるヒステリックな過剰規制

 3次元データをもとに、立体的なオブジェクトを手軽に作ることができる3Dプリンタ …

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

facebookcom
フェイスブックが予想外の好決算。インスタグラムが貢献か?

 SNS最大手の米フェイスブックは2016年1月27日、2015年10~12月期 …

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

fcatokai
日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表し …

pariosen
北京に引き続き、パリでも深刻な大気汚染。原因は本当に自動車なのか?

 中国の北京に引き続いて、フランスのパリで大気汚染が深刻化している。フランス政府 …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …