ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

同じクリスタルガイザーでも味や成分はバラバラ。ミネラルウォーターの賢い選び方

 

 原発事故をきっかけに、日本の消費者の間でミネラルウォーターへの関心が高まっている。また健康や味わいの面からもミネラルウォーターを好む消費者が増えてきているという。

 ミネラルウォーターの品質や味の決め手となる重要な項目の一つは水の「硬度」である。だが、この数値と解釈をめぐってはネットを中心に誤解も多い。自分のニーズにあった水を摂取するためには、消費者は水の硬度についてよく知っておく必要がある。

 ミネラルウォーターの硬度は、主にカルシウムとマグネシウムの量で決まる。簡単にいうと、カルシウムの量(1リットルあたりの含有量-ミリグラム)に2.5を掛けた数値と、マグネシウムの量(1リットルあたりの含有量-ミリグラム)に4を掛けた数値を足したものが硬度である。
 つまり同じ硬度であっても、カルシウムとマグネシウムの含有量は大きく異なっている可能性があるのだ。

 カルシウムは水に含まれると、甘さやボリューム感などを味覚として感じやすい。一方、マグネシウムは、豆腐のニガリの主成分であることからも分かるように、含まれていると苦味を感じる。同じミネラル成分でも味は正反対であり、硬度だけで味を判断するのは非常に危険であることが分かるだろう。

 日本の消費者に比較的人気の高いミネラルウォータの硬度を比較してみると、以下のようになる。

  ボルビック 硬度60 カルシウム1.15mg マグネシウム0.8mg
  クリスタルガイザー(シャスタ) 硬度38 カルシウム0.64mg マグネシウム0.54mg
  エビアン 硬度306 カルシウム8mg マグネシウム2.6mg
  水道水(東京都港区) 硬度55 カルシウム1.68mg マグネシウム0.33mg

 エビアンの硬度は極めて高く「硬水」であることが分かる。エビアンを飲むと、甘くボリューム感を感じるのは豊富なミネラル分の影響である。一方クリスタルガイザーは水道水よりも硬度が低い、いわゆる「軟水」である。クリスタルガイザーがエビアンなど比べると多少トゲトゲした感じがするのは、硬度が低く、カルシウムの含有量が少ないからと考えられる。水道水に近いのはボルビックである。

 もっとも味の決め手はミネラル分だけではない。酸味が与える影響も大きい。日本人に人気のリスタルガイザーは同じブランド名でも流通ルートによって水源が異なり、硬度や酸味(水素イオン濃度-pH)も異なっている(姉妹サイト記事「クリスタルガイザー(シャスタ・オランチャ水源)」参照)。
 シャスタ水源はオランチャ水源に比べて硬度は低いがpHは高い。日本の消費者はシャスタ水源の方を好む人が多いといわれているが、それは硬度よりも酸味の方が影響しているのかもしれない。

 さらに乳幼児を持つ母親にとっては別な評価基準もある。あまり硬度が高いとミルクを飲む乳幼児に負担が大きいという問題がある。また硬水は泡立ちが悪くなるという特徴もある。
 一般にはカルシウムを中心としたミネラル分が豊富な方が(硬水の方が)美味しいということになるが、乳幼児の家庭には軟水が向く。目的や好みに合わせて柔軟に選択したい。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

yahootumblr
米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける …

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

seiketsudo
世界の汚職調査ランキングが話題に。でもどうやって調べているのか?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …

intelhead
インテルがアルテラを2兆円で買収。金額は割高だが意味のあるM&A

 半導体世界最大手の米インテルは2015年6月1日、半導体のファブレスメーカー( …

hitomi201605
衛星ひとみの墜落事故。リスク過小評価で、設計そのものに不備との報告書

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2016年5月24日、機体が破壊され、地上に …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …