ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

同じクリスタルガイザーでも味や成分はバラバラ。ミネラルウォーターの賢い選び方

 

 原発事故をきっかけに、日本の消費者の間でミネラルウォーターへの関心が高まっている。また健康や味わいの面からもミネラルウォーターを好む消費者が増えてきているという。

 ミネラルウォーターの品質や味の決め手となる重要な項目の一つは水の「硬度」である。だが、この数値と解釈をめぐってはネットを中心に誤解も多い。自分のニーズにあった水を摂取するためには、消費者は水の硬度についてよく知っておく必要がある。

 ミネラルウォーターの硬度は、主にカルシウムとマグネシウムの量で決まる。簡単にいうと、カルシウムの量(1リットルあたりの含有量-ミリグラム)に2.5を掛けた数値と、マグネシウムの量(1リットルあたりの含有量-ミリグラム)に4を掛けた数値を足したものが硬度である。
 つまり同じ硬度であっても、カルシウムとマグネシウムの含有量は大きく異なっている可能性があるのだ。

 カルシウムは水に含まれると、甘さやボリューム感などを味覚として感じやすい。一方、マグネシウムは、豆腐のニガリの主成分であることからも分かるように、含まれていると苦味を感じる。同じミネラル成分でも味は正反対であり、硬度だけで味を判断するのは非常に危険であることが分かるだろう。

 日本の消費者に比較的人気の高いミネラルウォータの硬度を比較してみると、以下のようになる。

  ボルビック 硬度60 カルシウム1.15mg マグネシウム0.8mg
  クリスタルガイザー(シャスタ) 硬度38 カルシウム0.64mg マグネシウム0.54mg
  エビアン 硬度306 カルシウム8mg マグネシウム2.6mg
  水道水(東京都港区) 硬度55 カルシウム1.68mg マグネシウム0.33mg

 エビアンの硬度は極めて高く「硬水」であることが分かる。エビアンを飲むと、甘くボリューム感を感じるのは豊富なミネラル分の影響である。一方クリスタルガイザーは水道水よりも硬度が低い、いわゆる「軟水」である。クリスタルガイザーがエビアンなど比べると多少トゲトゲした感じがするのは、硬度が低く、カルシウムの含有量が少ないからと考えられる。水道水に近いのはボルビックである。

 もっとも味の決め手はミネラル分だけではない。酸味が与える影響も大きい。日本人に人気のリスタルガイザーは同じブランド名でも流通ルートによって水源が異なり、硬度や酸味(水素イオン濃度-pH)も異なっている(姉妹サイト記事「クリスタルガイザー(シャスタ・オランチャ水源)」参照)。
 シャスタ水源はオランチャ水源に比べて硬度は低いがpHは高い。日本の消費者はシャスタ水源の方を好む人が多いといわれているが、それは硬度よりも酸味の方が影響しているのかもしれない。

 さらに乳幼児を持つ母親にとっては別な評価基準もある。あまり硬度が高いとミルクを飲む乳幼児に負担が大きいという問題がある。また硬水は泡立ちが悪くなるという特徴もある。
 一般にはカルシウムを中心としたミネラル分が豊富な方が(硬水の方が)美味しいということになるが、乳幼児の家庭には軟水が向く。目的や好みに合わせて柔軟に選択したい。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

kourousho
マクロ経済スライド制という奇妙な名称の制度がスタート。年金は実質減額へ

 2015年から年金の本格的な抑制が始まる。年金財政の破たんを防ぐためには、必須 …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

sonmasayosi
ソフトバンクが連続して大型買収に踏み切ったのは、前回の買収を成功させるため?

 ソフトバンクが米携帯電話4位のTモバイルUSを約2兆円で買収すると報道されてい …

basuke
一連の体罰問題。内容は全く違うが、社会的な構造はインドの「あの事件」と類似している

 大阪市立桜宮高校で男子生徒が自殺した事件に端を発した体罰問題は、全国各地で告発 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

genkintorihiki
銀行取引にさらに煩雑な確認作業が必要に。だが肝心の犯罪防止効果には疑問の声も

 犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)が一部改正されるのに …

keizaizaiseihakusho
日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白 …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

kouganzai
高齢者には過度に抗がん剤を使用しないという流れに。厚労省がガイドライン

 高齢者におけるがん治療が大きく変わろうとしている。状況によっては抗がん剤の効果 …