ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

存命中の退位は700年ぶり。ローマ法王ベネディクト16世、突如退位の謎

 

 バチカン(ローマ法王庁)は11日、ローマ法王ベネディクト16世が高齢を理由に退位すると発表した。法王の任期は原則として終身制で、途中退任は異例中の異例。3月には後継者の選出会議である「コンクラーベ」が開催されるが、新法王が選出されるまで間、法王の椅子は空席となる。

 ベネディクト16世は1927年ドイツ生まれ。先代のポーランド人法王であるヨハネ・バウロ2世の死去を受け、2005年に法王に選出された。プロテスタントの影響が強いドイツから法王が選ばれることは珍しく950年ぶりの出来事であった。

 法王は「年齢のため、もはや責務にふさわしい力を失っていると確信するに至った」と決断の背景を説明したとされる。だが、生存中に健康上の問題を理由に辞任することは極めて異例なことであり、1294年に在任8ヶ月で辞任したケレスティヌス5世以来となる。
 ケレスティヌス5世は派閥対立が激しい中、暫定的に教皇になった人物で、苛烈な派閥争いの中、ノイローゼとなり、「教皇の器にあらず」と述べて退位してしまった。その後は次の教皇によって逮捕監禁され獄中死している。

 確かに、バチカンには近年問題が山積しており、法王にはより実務的でタフな能力が求められるようになっている。バチカンに対しては、マネーロンダリングの疑惑がEU各国から向けられており、透明性の確保が大きな課題となっていた。
 昨年12月には、イタリア中央銀行がローマ法王庁のマネーロンダリング対策が不十分だとして、バチカンでのカード決済を請け負うドイツ銀行に対して業務停止命令を出している。またカトリック教会内部でのスキャンダルが表面化するケースも相次いでおり、組織の立て直しも急務だ。

 ともかく、ベネディクト16世はドイツ人としての法王就任に始まり、存命中の退位など異例ずくめの法王として歴史に名前を残すことになった。後継者の選出に、ベネディクト16世は関わらないという。

 - 政治, 社会

  関連記事

shukinpei
公明党の山口代表がようやく習氏と会談。中国は得意のゆさぶり攻撃で日本側を翻弄

 中国訪問中の公明党の山口代表は25日、中国共産党の習近平総書記と北京の人民大会 …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

hatoyamachina
小野寺防衛相の鳩山氏「国賊」発言は、中国側を利するだけ

 文化交流の名目で訪中し、中国よりの発言を繰り返している鳩山元首相に対して、とう …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …

abekaisan20141119
安倍首相が米議会で演説するプランが浮上。ポスト・オバマに向けた動きが活発化

 安倍首相が大型連休中の訪米時に、米議会で演説するというプランが浮上している。も …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

kennedy05
ケネディ次期駐日大使の議会公聴会は、まるでセレブの記者会見?

 ケネディ大統領の長女で、次期駐日大使に指名されているキャロライン・ケネディ氏は …

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …

abechoshu
安倍首相が何度も強調する長州人のDNA。果たしてその怨念はどこに向かうのか?

 「志定まれば、気盛んなり」安倍首相は消費増税を正式表明する記者会見の場において …