ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米高官が円安を容認し、1ドル=94円台まで下落。円安が続くと多くの関係者が考えるワケ

 

 為替市場において円安の動きが加速している。週明け11日のニューヨーク市場の円相場は、米財務次官のアベノミクス支持の発言を受けてドルが急伸、一時1ド ル=94円46銭と2年9カ月ぶりの安値を更新した。

 米財務省のブレイナード次官は11日、記者会見で「米国は、成長を取り戻し、デフレからの脱却を目指す日本の努力を支持する」として、アベノミクスに対する支持を表明した。市場ではこれを受けて円売り・ドル買いが急加速した。
 米政府の関係者が安倍政権の経済政策について公式にコメントしたのは初めて。米国が円安を容認するとともに、ドル高政策に舵を切り始めていると考える市場関係者が増えてきている。一部からは1ドル=100円くらいまでは十分に容認できる水準との声も聞かれるようになってきた。

 もちろん急激な円安に対して警戒する声も上がっていた。G7(先進7カ国)が通貨安戦争を回避するための声明を発表することを検討していると報じられたが、結局、声明の内容は「為替レートは市場において決定されるべきで、各国の財政・金融政策は為替レートを目標にしない」という内容に落ち着いた。
 現在の日本の経済政策を容認した形となっており、G7の声明は為替市場には大きな影響を及ぼさないという見方がほとんどだ。

 相場は時に想定以上に大きく動くことがあるので、今回の円安もどこかのタイミングで一時的に円高に逆戻りする可能性は高い。だがそれでも多くの市場関係者が、長期的に円安が継続すると予想するのは、円安に対する条件がすべて整っているからである。
 もちろん今回の円安のきっかけとなったのはアベノミクスによる量的緩和策の追加期待である。だが市場の底流として大きいのは、米国の景気回復と欧州危機の収束である。世界の市場関係者が安心感を高めていたタイミングに日銀の量的緩和が重なったため、円安ドル高が一気に進んだのである。
 一方で日本の財政赤字を懸念し、ネガティブな意味で円を売る投資家も増えてきている。市場回復期待というプラス面と日本の財政破綻というマイナス面の両方から投資家が動いているため、どちらに転んでも円売りは止まらないという構図だ。

 個人投資家でまだ動いていない人は、そろそろ外貨での運用を真剣に検討する時期にきているのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

wine02
日本産ワインのブランド力強化法案は効果を発揮するのか?

 国産ワインのブランド力を強化するため、自民党が「ワイン法案」について検討してい …

kuroda
株価9連騰の背景には日銀による強力な買い支え効果が。その意図は?

 日経平均は8月8日の急落以後、一転して9連騰となり、1万5500円を突破した。 …

googlecar01
Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。  同社は8月に、 …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

maresia
米利上げとドル高に備え、東南アジア各国が財政規律を強化

 米国の利上げとドル高に備え、東南アジア各国の準備が進んでいる。これまで景気優先 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …