ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集めている。坂根氏は2月8日、日本外国特派員協会で講演し、為替相場に関して「円は30%高くなってから、15%戻っているだけ」と指摘し、そのうえでドイツの円安批判発言に対し「ドイツのトップがこんなことで音を上げるのはだらしがない」と強く主張した。

 坂根氏の発言は、産業競争力会議でも際立っている。多くの有識者が官僚がお膳立てした内容に沿った提言を行う中、坂根氏は強烈に持論を展開している。
 初回の会合では「いきなり具体的な施策の検討に入る前に日本の産業に関する現状認識から議論をスタートすべき」「なぜ企業ばかり優遇するのか」という点についてまず国民にしっかりと説明し、理解を得た上で進めるべきではないか」などと、的を得た提言を行った。

 坂根氏の考えの根底にあるのはドイツの産業政策。ドイツは日本と同じような製造業中心の国でありながら、高付加価値製品へのシフトに成功し、高い成長率を維持している。ドイツでは競争力のない企業は次々と倒産し、労働者の解雇も容易だ。だが一方で失業保険や再就職のための職業訓練プログラムが充実しており、労働者の環境は日本よりもはるかによい。また英語教育を徹底しており、グローバル化への適性も高い。最近では近隣の東欧諸国だけでなく、遠くフランスやスペインなど南欧からも仕事を求めてドイツに移住する人が増えている。

 地方に拠点を置きながら、グローバル企業への脱皮に成功したコマツの体験は、徹底的な合理主義に基づき、もの作りの国としての競争力を維持しているドイツの産業政策と通じるものがあるようだ。
 坂根氏は「新規分野も大事だが、これに過度な期待をかけても国を支える規模には容易にはならない」とし、安易な新規事業への補助を戒めている。また環太平洋経済連携協定(TPP)に関しては「参加しない前提で意見を言うつもりはない。不参加はまったくの論外」であると強調した。国際関係についても、「米国が入らない仕組みではアジア政治の安定はない」との現実的な見方を示している。

 坂根氏の見解はあくまでひとつの見解でしかなく、日本の経済と産業を復活させる絶対的な解決策になるわけではない。またドイツのようにと口でいうのは簡単だが、あれだけの合理主義を徹底させるには血の滲むような努力が必要である。既得権益者が税金に群がっている日本がドイツ並みの合理主義を実施できるとしたらそれは奇跡に近い。

 だが官僚が作成したペーパーに沿った予定調和的な発言をする有識者が多い中、坂根氏の自らの経験に基づいた歯に衣を着せぬ発言は、重要な意味を持っている。坂根氏のような経営者が増えてくれば、日本の産業政策も大きく変わるかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

singapol
シンガポールで深夜の飲酒が禁止。背景にあるのは外国人労働者問題

 シンガポールで4月1日から、午後10時半以降の屋外での飲酒を禁じる法律が施行さ …

koikeyuriko
小池百合子氏が都知事選に推薦なしでも出馬の意向。与党は分裂選挙の可能性

 東京都知事選が与党分裂選挙になる可能性が高まってきた。自民党の小池百合子元防衛 …

osupurei
森本防衛相が自衛隊のオスプレイ導入に含み。外務省が米側の意向を代弁か?

 森本敏防衛相が米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの自衛隊導入について …

linejojo
LINEがいよいよ上場へ。ただし、ベストなタイミングは逸してしまった

 対話アプリのLINEが7月にも東京証券取引所に上場する。親会社である韓国ネイバ …

rokkasho
韓国から核燃料の再処理を受託との報道。原子力は核の問題であるという理解が必要

 日本政府が、使用済み核燃料の再処理を韓国から受託することを検討しているという東 …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

gnpgni
安倍首相がGNI(国民総所得)増加を表明。なぜ今GNIと騒いでいるのか?

 安倍首相が自らの経済政策であるアベノミクスによって、10年後に国民総所得(GN …

sanpeter
中国がバチカンに台湾との断交をあらためて要求。なぜ両者は対立しているのか?

 ローマ法王庁(バチカン)と断交状態にある中国政府は、新しくローマ法王に就任した …

obamaegypt
エジプトで軍主導の暫定政権がスタート。背後に控える米国の動向が今後のカギに

 混乱が続くエジプトで、軍部はモルシ大統領を解任、7月4日にはマンスール最高憲法 …

paristero
パリの新聞社襲撃事件。実行犯はかなり訓練されたテロリストの可能性大

 パリ市内でイスラム教を風刺したイラストを掲載した新聞社をテロリストが襲撃すると …