ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

北朝鮮が3回目の核実験を強行。ただ朝鮮半島が一気に緊迫化するのかは不透明

 

 北朝鮮は12日午前11時57分頃、北朝鮮北部の核関連施設において3回目の核実験を実施したとみられる。気象庁は午前11時57分50秒、北緯41.2度、東経129.3度を震源とする、マグニチュード5.2の地震を観測した。自然地震ではない可能性が高く、過去の事例を踏まえると、北朝鮮による核実験であるとの可能性が高いとしている。米国の地質調査所も同様の地震波を観測した。

 韓国国防省は、記者会見を開き、北朝鮮で観測された地震について3回目の核実験によるものと推定されると発表した。韓国国防省では、爆発の威力は10キロトン以上としている。また中国とアメリカには北朝鮮から事前通告があったことも明らかにした。

 これを受けて国連安全保障理事会は12日午前9時(日本時間同日午後11時)から緊急会合を開くことを決定した。北朝鮮に対する厳しい制裁決議を早急に検討するとみられる。韓国や米国、日本も何らかの制裁措置を取る可能性が高い。

 だが北朝鮮の核実験を受けて、各国が制裁を強化し、朝鮮半島情勢が一気に緊迫化するかというと必ずしもそうとはいえない面がある。米国は北朝鮮との妥協に向けて、着々と布石を打っているからである。
 米国ではオバマ政権が二期目に入り、オバマ大統領に考えが近い、ケリー国務長官とヘーゲル国防長官が就任した(ヘーゲル長官は議会の承認待ち)。オバマ大統領は、対イラン政策、対北朝鮮政策では交渉による解決を重視しているといわれており、イランは部分的に交渉の余地があるところをほのめかしている。

 一見、好戦的に見える北朝鮮の核実験強行も、やがて行われる米朝の交渉を有利に進めるための材料とみなすことも可能だ。一部には北朝鮮内部の軍を中心とした強硬派が勢力を伸ばしており、金正恩第一書記が完全に権力を掌握できていないという説もある。もしそれが事実とすれば、対話路線の継続はありえないことになる。

 北朝鮮に対する制裁が強化されるにしても、中国を含めた綱引きが水面下で行われる可能性が高い。米朝関係はむしろこれからの展開が要注目といえる。

 - 政治

  関連記事

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

no image
中国初の空母、名前は「釣魚島」との噂は本当か?

  近く就航が予定されている中国初の空母に対して、沖縄・尖閣諸 島の中国名である …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

no image
ギリシャで脱税リストを暴露したジャーナリストが逮捕。ギリシャと日本は同じレベル

 ギリシャ警察は28日、脱税者の名簿をスクープしたジャーナリスト、コスタス・バク …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

yen
安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官 …