ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ヘーゲル氏の国防長官承認。ケリー国務長官とともに、本格的なオバマ外交が始動

 

 米上院軍事委員会は12日、次期米国防長官に指名されているチャック・ヘーゲル元上院議員の承認採決を行い、賛成14票、反対11、意見なし1で国防長官として承認した。週内にも上院本会議で最終的に承認される。

 ヘーゲル元上院議員はベトナム戦争の従軍経験があり、多くの勲章を授与されている。その後、共和党下院議員のスタッフとしてキャリアをスタートさせ、ロビイストやレーガン大統領の選挙スタッフなどを務めた。その後、携帯電話会社を設立し、この会社を全米規模に成長させることに成功して、巨額の資産を得た。
 1997年にネブラスカ州から上院議員選挙に共和党から立候補し当選。2009年まで上院議員として活躍した。当初は共和党の保守派というスタンスだったが、イラク戦争に反対したことで、共和党議員としては異色の存在となった。上院議員引退後は、シンクタンク「アトランティック・カウンシル」の議長などを務めている。

 ヘーゲル国防長官の最大の特徴は、共和党の元上院議員でありながら、オバマ大統領に極めて近く、イラク戦争にも反対していたという点である。またイスラエル政策に対しても懐疑的なスタンスを示しており、国内の親イスラエル派の団体を「ユダヤ・ロビー」と呼び物議を醸したこともある(本誌記事「次期国防長官のヘーゲル氏。議会の公聴会で中国の懸念を示すもホンネは別?」参照)。

 一足早く国務長官に就任したケリー氏も実は、ベトナム従軍経験があり、かつて反戦活動議員として活躍した人物である。
 オバマ大統領がリベラルな人物を国防長官と国務長官に据えた理由は、オバマ大統領が本来目指していた政策を実現するためである。それはズバリ、核兵器の廃絶もしくは大幅な削減と、中東からの米国の撤退である。
 一期目のオバマ大統領は、政権基盤が不安定だったことから、クリントン国務長官をはじめとする基本的スタンスの異なる閣僚を任命せざるを得ない状況であった。だが再選を勝ち取り、クリントン長官も辞任を表明したことから、主要閣僚を自分に近い人物で固めることが可能となった。
 おそらくイランとは対話路線を重視し、イスラエルに対する支援はあまり積極的に行わない可能性が高い。また中東における米軍のプレゼンスを低下させるとともに、中国との対話も積極的に進めてくるだろう。在日米軍の重要性は以前に比べればかなり低下してくるはずだ。

 共和党はオバマ大統領のこの動きを非常に警戒しており、ヘーゲル氏の承認公聴会では、かつて盟友といわれた共和党のマケイン上院議員がヘーゲル氏を執拗に攻撃した。だがようやくヘーゲル氏の承認にこぎつけたことで、オバマ大統領はようやく本格的な外交活動をスタートさせることになる。

 - 政治

  関連記事

josen
福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われているこ …

orandotero
パリ同時テロ容疑者、5000発の銃弾を撃ち込んで急襲も、主犯格は拘束できず

 フランスの検察当局は2015年11月18日、同時テロ事件に関与したとみられる武 …

kakugikoukai
閣議公表が実現できたのは閣議形骸化が進んでいるから?だが立法は行わず

 安倍首相は、2014年4月から閣議と閣僚懇談会の議事録を作成し、これを公表する …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

merkeru
ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト …

junebu
スイスで役所の掃除を職員が行う取り組みが成果を上げている。日本もぜひ導入を!

 スイスのジュネーブで、経費削減と公務員の意識改革を目的に、役所内の掃除を職員が …

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …

Kennedy
イルカ漁への批判に対して「理解を求めたい」という日本側の姿勢は危険だ

 駐日米国大使のキャロライン・ケネディ氏が和歌山県太地町におけるイルカの追い込み …