ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

メキシコ湾巨大クルーズ船立ち往生3日目。だが株価にはほとんど影響なし

 

 エンジンルームで火災が発生し、航行不能になったメキシコ湾の大型クルーズ船「カーニバル・トライアンフ」が漂流3日目に突入した。非常用電源しか使えない状態で、サービスの多くが停止している。けが人などは出ていない模様だが、乗客にとっては最悪の船旅になっているという。やることがない乗客はデッキに出て時間をつぶしている。

 乗客乗員4200人を乗せた「カーニバル・トライアンフ」は10日午前、エンジンルームから出火し、メキシコのユカタン半島沖240キロの海上で航行不能となった。火災は自動消火装置ですぐに消し止められたものの、多くの電源が使えない状況となった。
 エレベータが停止しているほか、食事も完全な状態では提供できていない。また船の安定装置も動作せずゆれも大きいという。またバスルームも使えない状況だという情報もある。

  11日には米沿岸警備隊の船舶が現場の海域に到着し、タグボート2隻による曳航も始まった。14日には近くの港に入れる見込みだという。同船を運航するカーニバル・クルーズラインでは、乗客に対して料金を払い戻す意向を明らかにしている。

 同社の親会社であるカーニバルグループは20以上ものクルーズブランドを持つ巨大クルーズ船会社。英国の名門クルーズ会社P&Oクルーズも傘下に収めており、クイーンエリザベス二世号なども所有していた。出火したクルーズ船はカーニバル・クルーズという同社の中核的なブランドで、低価格を売りにした大衆向け巨大クルーズ船。同ブランドには、カーニバルの名を冠した大衆向け巨大クルーズ船が30隻近くもある。
 ちなみに、三菱重工が製造中に火災を起こしたダイヤモンドプリンセスも同グループの所有する船である。
 これだけの規模を持つクルーズ会社であることから、業績に対する火災の影響は軽微と見られており、NY株式市場では同社の株は今のところ下落していない。

 - 社会, 経済

  関連記事

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

facebookmobile
フェイスブックはスマホ広告が堅調で過去最高益。ただし北米依存の状況はあまり変わらず

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年7月23日、2014年4~6月期の決 …

kourousho
マクロ経済スライド制という奇妙な名称の制度がスタート。年金は実質減額へ

 2015年から年金の本格的な抑制が始まる。年金財政の破たんを防ぐためには、必須 …

roadie
ネット・ビジネスは新次元へ。既存事業の「中抜き」が米国で本格化

 次々と新しいネット・ビジネスが登場する米国では、ネットによる既存事業の「中抜き …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …