ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす指標がでている。日本工作機械工業会が12日発表した1月の工作機械受注額は約720億円と前年同月比26.1%の大幅マイナスだった。中国などアジア向けが低調なことが主な要因だという。

 工作機械はこれまで中国の旺盛な需要に支えられ、毎月1000億円以上の受注があった。だが昨年後半から注文が激減し、11月と12月は800億円台に低下、1月に入って700億円台前半まで落ち込んだ。工作機械については円安による効果はまったく見られないようだ。

 中国は現在、景気失速の真っ只中。尖閣諸島問題も加わり、中国向け輸出が停滞するのはある程度やむを得ないことである。
 だが問題は、中国経済が本格的に回復した時に以前のような受注水準に戻るのかというという点である。

 中国向けの輸出には大きく二つの需要がある。ひとつは中国のインフラ建設に関するものであり、もうひとつは中国の製造業向けの工場設備である。インフラ建設は中国の内需に、工場設備は最終顧客である欧州や米国の動向に大きく左右される。

 欧州危機によって中国の輸出は減少しているものの、米国向けは比較的堅調である。実は輸出企業向けの出荷はそれほどの落ち込みは見せていないのだ。深刻なのは中国国内のインフラ建設に支えられた需要である。中国は橋や道路などの基本インフラを20年分先取りして建設してしまったといわれており、これまでのような建設ラッシュは当分ないと考えられている。

 今年後半から中国経済が本格的に回復しても、従来のような需要は戻ってこない可能性が高いのだ。一気に進んだ円安によって製造業には業績回復期待が高まっているが、あまり過度な期待はしない方がいいだろう。
 リーマンショック前の米国バブルの時もそうだったが、中国バブルの恩恵を最大限に享受し、その被害がもっとも大きくなるのは実は日本なのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …

toshiba03
東芝が来期の業績予想を発表。不正会計問題に加えて経営危機説も

 不正会計問題が指摘されている東芝は2015年12月21日、これまで公表を延期し …

usakoyoutoukei201606
米雇用統計はポジティブサプライズ。米株は意外にしぶとい可能性も

 米労働省は2016年7月8日、6月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

rodman02
金正恩氏とバスケ観戦をしたロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ

 北朝鮮の金正恩第1書記は28日、平壌市内の体育館において、北朝鮮を訪問中の全米 …

inakagurashi
田舎暮らしに憧れる都市部の若者が増加傾向。経済的要因が影響?

 内閣府は2014年8月11日、「農山漁村に関する世論調査」の結果を発表した。都 …

bouekitoukei 201409
貿易赤字は一定水準でほぼ安定。やはり円安は輸出増加に寄与せず

 財務省は2014年10月22日、9月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差 …

bukkajoushou
2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …