ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす指標がでている。日本工作機械工業会が12日発表した1月の工作機械受注額は約720億円と前年同月比26.1%の大幅マイナスだった。中国などアジア向けが低調なことが主な要因だという。

 工作機械はこれまで中国の旺盛な需要に支えられ、毎月1000億円以上の受注があった。だが昨年後半から注文が激減し、11月と12月は800億円台に低下、1月に入って700億円台前半まで落ち込んだ。工作機械については円安による効果はまったく見られないようだ。

 中国は現在、景気失速の真っ只中。尖閣諸島問題も加わり、中国向け輸出が停滞するのはある程度やむを得ないことである。
 だが問題は、中国経済が本格的に回復した時に以前のような受注水準に戻るのかというという点である。

 中国向けの輸出には大きく二つの需要がある。ひとつは中国のインフラ建設に関するものであり、もうひとつは中国の製造業向けの工場設備である。インフラ建設は中国の内需に、工場設備は最終顧客である欧州や米国の動向に大きく左右される。

 欧州危機によって中国の輸出は減少しているものの、米国向けは比較的堅調である。実は輸出企業向けの出荷はそれほどの落ち込みは見せていないのだ。深刻なのは中国国内のインフラ建設に支えられた需要である。中国は橋や道路などの基本インフラを20年分先取りして建設してしまったといわれており、これまでのような建設ラッシュは当分ないと考えられている。

 今年後半から中国経済が本格的に回復しても、従来のような需要は戻ってこない可能性が高いのだ。一気に進んだ円安によって製造業には業績回復期待が高まっているが、あまり過度な期待はしない方がいいだろう。
 リーマンショック前の米国バブルの時もそうだったが、中国バブルの恩恵を最大限に享受し、その被害がもっとも大きくなるのは実は日本なのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

cyprus03
キプロス支援策は大口預金者のみの負担で何とか決着。だが金融立国継続は絶望的?

 欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領とキプロスのアナスタシアディス大統領との …

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …

nichigin04
日銀が国債保有シェア1位に。株も公的年金による事実上の政府保有が進む

 日銀による国債保有割合の増加が顕著になっている。日銀が6月18日に発表した資金 …

usagdp20150730
まずまずだった米4~6月期GDP。実質的に利上げは始まっている

 米商務省は2015年7月30日、4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

machikado
景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場を入りを示唆?

 景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連 …

usakoyoutoukei201501
日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予 …

nichigin02
マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大 …

bukkajoushou
物価上昇率はとうとう1%割れ。だが確実にインフレ期待は醸成されている?

 総務省は2014年11月28日、2014年10月の消費者物価指数を発表した。代 …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …