ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす指標がでている。日本工作機械工業会が12日発表した1月の工作機械受注額は約720億円と前年同月比26.1%の大幅マイナスだった。中国などアジア向けが低調なことが主な要因だという。

 工作機械はこれまで中国の旺盛な需要に支えられ、毎月1000億円以上の受注があった。だが昨年後半から注文が激減し、11月と12月は800億円台に低下、1月に入って700億円台前半まで落ち込んだ。工作機械については円安による効果はまったく見られないようだ。

 中国は現在、景気失速の真っ只中。尖閣諸島問題も加わり、中国向け輸出が停滞するのはある程度やむを得ないことである。
 だが問題は、中国経済が本格的に回復した時に以前のような受注水準に戻るのかというという点である。

 中国向けの輸出には大きく二つの需要がある。ひとつは中国のインフラ建設に関するものであり、もうひとつは中国の製造業向けの工場設備である。インフラ建設は中国の内需に、工場設備は最終顧客である欧州や米国の動向に大きく左右される。

 欧州危機によって中国の輸出は減少しているものの、米国向けは比較的堅調である。実は輸出企業向けの出荷はそれほどの落ち込みは見せていないのだ。深刻なのは中国国内のインフラ建設に支えられた需要である。中国は橋や道路などの基本インフラを20年分先取りして建設してしまったといわれており、これまでのような建設ラッシュは当分ないと考えられている。

 今年後半から中国経済が本格的に回復しても、従来のような需要は戻ってこない可能性が高いのだ。一気に進んだ円安によって製造業には業績回復期待が高まっているが、あまり過度な期待はしない方がいいだろう。
 リーマンショック前の米国バブルの時もそうだったが、中国バブルの恩恵を最大限に享受し、その被害がもっとも大きくなるのは実は日本なのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

contena
経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆 …

cybermonday
米国経済を占う感謝祭セール。失業率の低下と原油安で出足は絶好調

 米国経済の先行きを占う年末商戦がスタートした。今年の年末商戦は米国景気の回復に …

usakoyoutoukei201605
衝撃の米雇用統計。だが、もっとも影響が大きいのは米国ではなく日本経済

 米労働省は2016年6月3日、5月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

graph
市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

ginkou
全銀協が24時間振り込みに対応する方針。最終的なライバルはビットコイン?

 銀行業界が振り込みの24時間対応に向けて動き始めた。もし実現すれば、15時で当 …