ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相の訪米を前に、与党内でTPPをめぐる動きが活発化

 

 安倍首相の訪米日程が近づいてきたことから、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐる与党内の動きが活発になってきた。

 TPP推進派議員でつくる「環太平洋経済連携に関する研究会」は13日、約30人が出席して党本部で会合を開いた。
 共同代表の中村博彦元総務政務官は「安倍内閣の成長戦略にTPP参加は避けて通れない」と述べ、進捗状況を見て例外品目などいついて政府に定期的に提言する方針を明らかにした。

 一方、TPP反対派議員でつくる自民党の「TPP参加の即時撤回を求める会」(森山裕会長)はすでに昨年から会合を重ねており、メンバーは200人を超える大所帯となっている。森山氏は「聖域なき関税撤廃が前提のTPP交渉には参加しないという基本をしっかり守っていく」と語っている。

 自民党の公約は、聖域なしが前提のTPP交渉には参加しないというものだが、TPPは原則として聖域なしの関税撤廃交渉なので、理屈でいけば参加を表明することはできなくなる。
 だが米国は日米首脳会談においてTPP参加を求めてくることは確実であり、経済産業省などではTPP参加を前提に実務を進めているのが現実だ。

 安倍晋三首相は8日の衆院予算委員会で、「『聖域なき関税撤廃』を前提としているのかどうか私自身が確認した上で判断したい」と述べ、首相自身が直接オバマ大統領に対して意向を確認する方針であることを明らかにした。
 日本側の事情を米国が考慮すれば、オバマ大統領から聖域はあってもよいとの発言が出てくる可能性もあり、そうなれば安倍首相は公約違反ではないとしてTPP参加に舵を切ることになる。もしオバマ大統領からの言質がとれない場合には、夏の参院選までは何とか白黒を付けない状態で時間を稼ぐというやり方が選択されるだろう。参院戦で勝利すれば、その勢いに乗ってあらためてTPP参加を表明する可能性が高い。

 いずれせよ、すでにTPPは参加が大前提となっており、与党内では補償など「カネ」の話に主題が移りつつある。ただ公約との整合性の問題が政局に発展する可能性もゼロではない。参院選をにらみながらの神経戦がしばらく続くことになる。

 - 政治

  関連記事

futenma
普天間基地の移設問題は、日米関係ではなく、むしろ日中関係に大きな影響を与える

 沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事は2013年12月27日、米軍普天間基地の移 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

no image
党大会目前でも権力闘争が終結せず。中国は不安定な状態が継続か?

 中国の政権交代を間近に控えているにも関わらず、権力闘争がさらに激しさを増してい …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

furansisicohouou02
ローマ法王がトルコによるアルメニア人殺害を批判。EU加盟はさらに絶望的に?

 カトリック教会のフランシスコ法王が、オスマン・トルコ帝国で多数のアルメニア人が …

raisu
オバマ大統領がライス氏の国務長官起用を断念。中国ベッタリのケリー議員が就任か?

 オバマ米大統領が次期国務長官の最有力候補としていたスーザン・ライス米国連大使の …