ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相の訪米を前に、与党内でTPPをめぐる動きが活発化

 

 安倍首相の訪米日程が近づいてきたことから、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐる与党内の動きが活発になってきた。

 TPP推進派議員でつくる「環太平洋経済連携に関する研究会」は13日、約30人が出席して党本部で会合を開いた。
 共同代表の中村博彦元総務政務官は「安倍内閣の成長戦略にTPP参加は避けて通れない」と述べ、進捗状況を見て例外品目などいついて政府に定期的に提言する方針を明らかにした。

 一方、TPP反対派議員でつくる自民党の「TPP参加の即時撤回を求める会」(森山裕会長)はすでに昨年から会合を重ねており、メンバーは200人を超える大所帯となっている。森山氏は「聖域なき関税撤廃が前提のTPP交渉には参加しないという基本をしっかり守っていく」と語っている。

 自民党の公約は、聖域なしが前提のTPP交渉には参加しないというものだが、TPPは原則として聖域なしの関税撤廃交渉なので、理屈でいけば参加を表明することはできなくなる。
 だが米国は日米首脳会談においてTPP参加を求めてくることは確実であり、経済産業省などではTPP参加を前提に実務を進めているのが現実だ。

 安倍晋三首相は8日の衆院予算委員会で、「『聖域なき関税撤廃』を前提としているのかどうか私自身が確認した上で判断したい」と述べ、首相自身が直接オバマ大統領に対して意向を確認する方針であることを明らかにした。
 日本側の事情を米国が考慮すれば、オバマ大統領から聖域はあってもよいとの発言が出てくる可能性もあり、そうなれば安倍首相は公約違反ではないとしてTPP参加に舵を切ることになる。もしオバマ大統領からの言質がとれない場合には、夏の参院選までは何とか白黒を付けない状態で時間を稼ぐというやり方が選択されるだろう。参院戦で勝利すれば、その勢いに乗ってあらためてTPP参加を表明する可能性が高い。

 いずれせよ、すでにTPPは参加が大前提となっており、与党内では補償など「カネ」の話に主題が移りつつある。ただ公約との整合性の問題が政局に発展する可能性もゼロではない。参院選をにらみながらの神経戦がしばらく続くことになる。

 - 政治

  関連記事

cop20a
京都議定書に変わる新しい枠組みを議論するCOP20。米中欧主導で日本は不利に?

 地球温暖化対策に関する国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2日から開 …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

3chuzenkai
中国はどこへ行く?改革と保守で揺れ動く共産党3中全会は折衷案を了承して閉幕

 中国共産党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会)が11 …

euhonbu00
EUで銀行同盟成立に向けた第一歩がスタート。薄れていく加盟国の国家主権

 EU(欧州連合)は2013年12月20日、ユーロ圏内で銀行の破綻処理を一元化す …

j31
中国が2機目のステルス機を試験飛行。今度は少し本格的

 中国の「環球時報」は1日、次世代ステルス戦闘機「J31」が試験飛行に成功したと …

clinton201601
「まさか」の状況となりつつある米大統領選挙。ブルームバーグ氏出馬検討の報道も

 米国の大統領選挙が大混戦の様相を呈してきている。当初、圧倒的に有利だった民主党 …

spaceshuttle
宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …

pentagon
米国防総省が中国の技術開発を追跡するプロジェクトを開始。これが意味すること

 米国防総省は中国の技術開発が安全保障上の脅威になる可能性が高いとして、中国が開 …

kenpo
安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人 …