ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相の訪米を前に、与党内でTPPをめぐる動きが活発化

 

 安倍首相の訪米日程が近づいてきたことから、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐる与党内の動きが活発になってきた。

 TPP推進派議員でつくる「環太平洋経済連携に関する研究会」は13日、約30人が出席して党本部で会合を開いた。
 共同代表の中村博彦元総務政務官は「安倍内閣の成長戦略にTPP参加は避けて通れない」と述べ、進捗状況を見て例外品目などいついて政府に定期的に提言する方針を明らかにした。

 一方、TPP反対派議員でつくる自民党の「TPP参加の即時撤回を求める会」(森山裕会長)はすでに昨年から会合を重ねており、メンバーは200人を超える大所帯となっている。森山氏は「聖域なき関税撤廃が前提のTPP交渉には参加しないという基本をしっかり守っていく」と語っている。

 自民党の公約は、聖域なしが前提のTPP交渉には参加しないというものだが、TPPは原則として聖域なしの関税撤廃交渉なので、理屈でいけば参加を表明することはできなくなる。
 だが米国は日米首脳会談においてTPP参加を求めてくることは確実であり、経済産業省などではTPP参加を前提に実務を進めているのが現実だ。

 安倍晋三首相は8日の衆院予算委員会で、「『聖域なき関税撤廃』を前提としているのかどうか私自身が確認した上で判断したい」と述べ、首相自身が直接オバマ大統領に対して意向を確認する方針であることを明らかにした。
 日本側の事情を米国が考慮すれば、オバマ大統領から聖域はあってもよいとの発言が出てくる可能性もあり、そうなれば安倍首相は公約違反ではないとしてTPP参加に舵を切ることになる。もしオバマ大統領からの言質がとれない場合には、夏の参院選までは何とか白黒を付けない状態で時間を稼ぐというやり方が選択されるだろう。参院戦で勝利すれば、その勢いに乗ってあらためてTPP参加を表明する可能性が高い。

 いずれせよ、すでにTPPは参加が大前提となっており、与党内では補償など「カネ」の話に主題が移りつつある。ただ公約との整合性の問題が政局に発展する可能性もゼロではない。参院選をにらみながらの神経戦がしばらく続くことになる。

 - 政治

  関連記事

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

kobin
英労働党の新党首は何と強硬左派。米大統領選挙にも飛び火か?

 英国の野党・労働党は2015年9月12日、臨時党大会を開催し、ベテラン下院議員 …

timoshenko
独裁政権vs民主主義者という単純図式ではないウクライナ。今後は課題山積

 反政府デモと警官隊の衝突で多数の死傷者が出たウクライナでは、国会がヤヌコビッチ …

tosho03
公的年金が海外インフラ投資への参入を検討。国内の株式はどうするの?

 日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用指針の …

abetoben
特定秘密法案が衆院を通過。この法案の最大の問題点は「知る権利」ではない

 特定秘密保護法案が11月26日、衆院本会議において自民、公明、みんなの党による …

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

orando
秘密主義のフランスでとうとう閣僚が資産公開へ。フランスも世界標準にようやく近づいた

 フランス政府は4月15日、エロー首相以下、全閣僚が保有する資産を公開した。フラ …