ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予備軍が顕在化するのではないかという懸念が広がっている。

 中小企業金融円滑化法は、リーマンショックを受け、2009年末に亀井静香元金融相が導入したもので、別名モラトリアム法とも呼ばれる。企業から返済を猶予して欲しいと申し出があれば、金融機関はそれに応じなければならないという、かなりムチャクチャな法律で、もともとは時限立法だったが、2度の延長を経て、今年の3月に最終的に打ち切りとなる。

 昨年9月時点で370万件の申し込みがあり、そのほとんどに対して返済猶予措置が取られた。返済を猶予された債権額は100兆円を超えるとされ、3月の打ち切り後には10万社以上が倒産の危機に直面するといわれている。

 実際に10万社が倒産すれば、地銀を中心に破綻する金融機関が続出し、再び金融危機になる可能性もあるわけだが、意外にもすぐにそのような事態になると見る関係者は少ない。とういうのも、日本の地域経済は完全に「終わって」おり、円滑化法を駆け込み寺にした中小企業の多くはすでに事実上倒産しているからである。

 2003年の金融危機の時には、まだ日本経済には希望があり、市場も不良債権を正しく評価しようという意気込みがあった。だが現在となってはそのような前向きな雰囲気はなく、不良債権はあって当たり前という状況。このまま状況をズルズルと先延ばしにするしか選択する道がなくなっているのだ。
 金融庁は市場の混乱を防ぐため、地銀などに対して中小企業再生ファンドの設立を急がせている。地域金融機関と自治体が共同で設立したファンドに、中小企業向け債権を譲渡し、再生ファンドが時間をかけて再生支援していくという。

 とりあえず事業が継続できるところは再生ファンドに譲渡して損失を先送りし、事業の継続が難しいところは、混乱が生じない程度に順次倒産させていく。もし大きな臨界点が来るとしたら、それは日本全体が沈没する時になる。つまり日本がギリシャやスペインのようになるまで、不気味に平穏な日々が続くことになるのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

fcatokai
日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表し …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

yen
安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官 …

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

nichigin02
マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大 …

mitsubishi201601
三菱重工に異変?大型客船の巨額損失に続いて、今度は国産ジェットで4度目の納入延期

 日本のもの作りを象徴する企業の一つである三菱重工で、相次いで異変が起こっている …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

obamaisrael
オバマ大統領が就任以来初めてイスラエルを訪問。イスラエルとの蜜月は終わりの始まり?

 米国のオバマ大統領は3月20日、就任以来初めてイスラエルを訪問した。オバマ政権 …

Ronald Reagan02
横須賀に後継空母の配備が正式決定。日本から空母がいなくなる事態は何とか回避

 米海軍は、神奈川県横須賀基地に配備している第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシン …