ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米とEUが米欧FTAの交渉開始。これが出来上がるとTPPなど吹っ飛ぶ?

 

 米国と欧州連合(EU)は13日、米欧における自由貿易協定(FTA)の交渉を開始することで合意した。オバマ米大統領は12日の一般教書演説において協議を開始する方針をすでに発表済み。欧州連合のバローゾ委員長も「今年上期中に交渉開始の運びとなる」との見通しを示した。

 もし米国と欧州のFTAが実現すると、世界経済のほぼ半分、世界貿易の約3割を占める巨大自由貿易圏が誕生することになる。米欧で締結された協定は世界貿易のスタンダードになることは確実で、現在進められている多くの自由貿易協定はあまり意味をなさなくなる可能性が高い。

 もちろん、現在の米国と欧州の間には、多くの問題が山積しており、交渉には紆余曲折も予想される。だが欧州委員会のデフフト委員(通商担当)は「容易な事業ではないが、今後2年以内に終わらせるのが理想だ」と語り、早期の実現に意欲的な姿勢を示した。

 米国EU間の関税は現在平均で約4%とすでにかなり低い水準にある。ただ乗用車はEUが10%の関税を維持するなど、個別には保護色の強い分野が残っているほか、農業分野については双方が多くの保護政策を実施している。これらの関税が撤廃されればEUのGDPを年0.5ポイント、米国のGDPを0.4ポイント押し上げる効果あるという。
 だが米欧FTAがもたらす影響力は単純な経済効果だけではない。米国とEUの経済圏が実現すれば、あらゆる分野における製品規格や産業規制、農産物基準が、グローバルに統合される可能性が出てくるのである。
 そうなると、米欧基準を満たさない製品やサービスは世界中で締め出される結果にもなりかねないのだ。現在日本はTPPに関する参加の是非で国論を二分する大激論となっているが、米欧FTAがもたらす影響を考えると、TPPなどお遊びに見えてくる。

 米欧FTAが実現した時には、日本は本当に開国を行うのか、それとも鎖国して引きこもるのか、踏み絵を踏まされることになるだろう。今度の踏み絵はあまり冗談の通じる踏み絵ではない。

 - 政治, 経済

  関連記事

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

jbicwatanabe
経常赤字転落でマーケットが混乱するという通貨マフィア発言の真意とは?

 経常収支の赤字転落で市場が混乱するかもしれないという、国際協力銀行の渡辺総裁の …

usakoyoutoukei201511
11月の雇用統計も良好。米国の利上げは確実となり、焦点は今後のシナリオへ

 米労働省は2015年12月4日、11月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

setsubitousi
5月の機械受注は大幅減。民間は資金を遊ばせており、官需依存がさらに高まる

 内閣府は2014年7月10日、5月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

imf
IMFが経済見通しを発表。なぜか日本が世界経済の機関車役に

 国際通貨基金(IMF)は4月16日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

frbieren201407
FRBがとうとう量的緩和を終了。米国経済は完全復活し、今後の焦点は金利へ

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年7月9日、6月のFOMC(連邦公開市場 …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …