ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ルノーの労使交渉で露呈した、ゴーン会長が受け取る巨額報酬の真相。

 

 欧州経済の低迷を受けて業績不振が続く仏ルノーのカルロス・ゴーン会長は、現在難航している労働組合との交渉において、会社側が提示する条件を受け入れれば、自らの報酬の一部を減額するという妥協案を示した。組合側はまだ正式に回答していない。

 ゴーン会長は労働組合に対して、労働時間の延長と賃金の凍結を要求している。その代わりに80万台分のフランス国内製造の維持とリストラをしないことを確約するとしていた。ゴーン会長はさらに譲歩し、2012年分の業績連動報酬の30%にあたる42万ユーロ(約5200万円)の支払いを2014年まで延期し、会社側が示した条件の履行を確認してから報酬を受け取るとの意向を明らかにした。

 組合側ではゴーン会長の譲歩を評価する声が出る一方、結局報酬を受け取るのでは何も変わらないという意見もあり、最終的な回答はまだ決まっていない。

 確かに一部の組合員が主張する通り、今回の譲歩はゴーン会長にとっては痛くも痒くもない。2011年ゴーン会長は総額で1270万ユーロ(15億6000万円)もの報酬を受け取っている。だがそのほとんどは日産からのもので、ルノー本体からは280万ユーロしかもらっていない。
 フランスでも経営者の高額報酬に対する批判は強く、買収した東洋の植民地である日産からは10億円もの報酬をもらうが、フランス本国ではあまり受け取っていないのだ。もともと少ないフランス本国の報酬のうちごく一部の支払いを先に延ばしたところで、ゴーン会長の懐が痛むことはない。

 日産はルノーの傘下に入り、ゴーン会長のもと劇的な復活を見せ、日本のグローバル経営の見本ともいわれた。ゴーン会長がもらう巨額の報酬もグローバルスタンダードであり、海外では当たり前だといわれてきた。もちろんそれは半分事実ではあるのだが、ゴーン会長の報酬のもらい方を見ると、買収された側はいかにぞんざいに扱われるかが良く分かる。
 もちろんこのことも含めてグローバル化なのであり、負けた側は何を言っても通用しない。勝てば官軍というのはまさにグローバルな用語なのだ。

 - 経済

  関連記事

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

mitsubishi20160421
三菱グループは大丈夫?自動車は3度目の不正隠し、重工では納入延期と連続火災

 三菱自動車は2016年4月20日、同社の軽自動車において燃費データを改ざんして …

bouekitoukei201311
日本の貿易赤字がさらに拡大。だがその主な原因は原発停止ではない

 財務省は12月18日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

nttkoshudenwa
ドコモがセット割り参入を総会で表明。民営化から30年、NTTをめぐる環境は変わった

 NTTドコモの加藤薫社長は2014年6月19日、定時株主総会で、NTT本体との …

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …