ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オーストラリア人工作員の不審死で明るみに出たモサド対外工作活動の実態

 

 イスラエルの諜報機関モサドの工作員だったオーストラリア人男性が、イスラエルの刑務所で死亡したと豪メディアが報じたことで、イスラエルとオーストラリアでちょっとした政治問題になっている。

 死亡したのは、ベン・ズィギヤー氏(34)で、2010年にテルアビブ近郊の刑務所の独房内で自殺したという。ズィギヤー氏はオーストラリア生まれのユダヤ人で、イスラエルに渡りモサドの工作員として活動していたという。
 モサドはイスラエルの諜報機関で、多数の特殊工作員を抱えていることで有名。最近はスパイを公募しているとして話題になったこともある(本誌記事「イスラエルの諜報機関モサドがネットで人材募集」参照)。ズィギヤー氏がスパイになった経緯は不明だが、モサドが積極的に外国人をスパイとして雇っている実態が明らかになった。

 ズィギヤー氏が拘束されていた理由は不明だが、二重スパイなどの容疑であった可能性が高い。イスラエル当局は同氏について報道管制を敷き、長期間にわたって拘束した事実を隠ぺいしていた。だが豪メディアが事実関係を報道したことから、一転して「イスラエルとオーストラリアの二重国籍を持つ人物を独房に収容していた」と認めた。
 またオーストラリアのカー外相は、当初はズィギヤー氏の死後に事実関係を知ったと説明していたが、14日の議会委員会では、豪政府が拘束当時にすでにイスラエル政府から情報提供を受けていたことを認めた。豪政府は適切な身柄の取り扱いを保証するよう求めたという。

 モサドの工作員はオーストラリアの偽造パスポートを使って対外活動を行うケースが多いといわれている。モサドが暗殺などの工作対象とするのは主に中東諸国のイスラム勢力だが、アラブ人にとってオーストラリアは知名度が低く、英語を話せればあまり疑われることがないという(西欧圏では同じ英語でも各国に独特の訛りがあり、偽装は容易ではない)。
 オーストラリア政府はこの話に憤慨しているというが、今回の事件はオーストラリア人を使ったモサドの対外工作がかなり活発であることを示す結果となった。

 - 政治

  関連記事

kenpo
安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人 …

merukerurainiti
ドイツの対日感情が悪化する中、メルケル首相が来日。関係再構築は可能か?

 ドイツのメルケル首相が2015年3月9日午前、羽田空港に到着した。メルケル氏の …

abesingapore
安倍首相が記者出身のスピーチライターを登用する本当の理由

 安倍政権は対外的な情報発信能力の強化を目指しており、首相は海外でのスピーチを重 …

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

kakugikoukai
閣議公表が実現できたのは閣議形骸化が進んでいるから?だが立法は行わず

 安倍首相は、2014年4月から閣議と閣僚懇談会の議事録を作成し、これを公表する …

maotai
中国共産党が腐敗撲滅の徹底を宣言。これを受けて酒造会社の株価は軒並み暴落!

 中国共産党の習近平総書記は22日、党中央規律検査委員会全体会議で演説し、高級幹 …

hayashi
待機児童ゼロを実現した横浜方式は「方法論」ではなく「決断」。

 横浜市が「保育所に入れない待機児童をゼロにする」目標を達成したことで、「横浜方 …

trumpshunin
トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45 …

shakaihoshouseidokaikaku
社会保障制度改革の具体策を議論する会議がスタート。サービス水準低下は不可避

 政府は2014年7月17日、社会保障制度改革推進会議の第1回会合を開催した。こ …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …