ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オーストラリア人工作員の不審死で明るみに出たモサド対外工作活動の実態

 

 イスラエルの諜報機関モサドの工作員だったオーストラリア人男性が、イスラエルの刑務所で死亡したと豪メディアが報じたことで、イスラエルとオーストラリアでちょっとした政治問題になっている。

 死亡したのは、ベン・ズィギヤー氏(34)で、2010年にテルアビブ近郊の刑務所の独房内で自殺したという。ズィギヤー氏はオーストラリア生まれのユダヤ人で、イスラエルに渡りモサドの工作員として活動していたという。
 モサドはイスラエルの諜報機関で、多数の特殊工作員を抱えていることで有名。最近はスパイを公募しているとして話題になったこともある(本誌記事「イスラエルの諜報機関モサドがネットで人材募集」参照)。ズィギヤー氏がスパイになった経緯は不明だが、モサドが積極的に外国人をスパイとして雇っている実態が明らかになった。

 ズィギヤー氏が拘束されていた理由は不明だが、二重スパイなどの容疑であった可能性が高い。イスラエル当局は同氏について報道管制を敷き、長期間にわたって拘束した事実を隠ぺいしていた。だが豪メディアが事実関係を報道したことから、一転して「イスラエルとオーストラリアの二重国籍を持つ人物を独房に収容していた」と認めた。
 またオーストラリアのカー外相は、当初はズィギヤー氏の死後に事実関係を知ったと説明していたが、14日の議会委員会では、豪政府が拘束当時にすでにイスラエル政府から情報提供を受けていたことを認めた。豪政府は適切な身柄の取り扱いを保証するよう求めたという。

 モサドの工作員はオーストラリアの偽造パスポートを使って対外活動を行うケースが多いといわれている。モサドが暗殺などの工作対象とするのは主に中東諸国のイスラム勢力だが、アラブ人にとってオーストラリアは知名度が低く、英語を話せればあまり疑われることがないという(西欧圏では同じ英語でも各国に独特の訛りがあり、偽装は容易ではない)。
 オーストラリア政府はこの話に憤慨しているというが、今回の事件はオーストラリア人を使ったモサドの対外工作がかなり活発であることを示す結果となった。

 - 政治

  関連記事

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

nenkinmanga
年金の世代間格差に言及した厚労省の漫画に批判が殺到

 厚生労働省がWebサイトに掲載している年金に関する漫画が注目を集めている。若年 …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

foxconn02
シャープ買収の可能性が高まる鴻海精密工業は、実質的に中国企業?

 経営再建中のシャープは2016年2月4日、国策ファンドである産業革新機構ではな …

abetokku
安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的な文言が並ぶ

 安倍首相は4月17日、産業競争力会議に出席し、公共インフラの民間開放、規制緩和 …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …