ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を上げていることが明らかとなった。米ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ソロスのヘッジファンドが得た利益は10億ドルを超えると言う。アップルに対する株主還元を要求して話題になったデイビッド・アインホーン氏率いるグリーンライト・キャピタルなども今回の円安で大きな利益を上げたとしている。

 日本の円と国債が高すぎる(金利が安すぎる)ことは以前から指摘されており、円安と金利上昇に賭けるヘッジファンドは一定数存在していた。
 だがなかなか円高と債券高が収まらず、多くのヘッジファンドが破綻した。このため円安にかける戦略は「Widow Maker」(未亡人発生器。失敗したり破綻することのたとえ)と呼ばれ、ウォール街では鬼門ともいわれていた。
 だがソロス氏など、超一流の投資家はベストなタイミングでポジションを組み巨額の利益を上げていたわけで、あらためて彼らの勘の鋭さが浮き彫りになった格好だ。

 ソロス氏は1992年、実態に比べて割高な英ポンドを売り巨額の利益を得た。イングランド銀行は当初ポンド買いで対抗したが資金が底を突き防衛を断念したことでソロス氏は「イングランド銀行を負かした男」として一躍有名になった。
 その後も、アジア通貨危機、ネットバブル、資源バブル、リーマンショックなど、相場が大きく動く時には必ず市場に顔を出し、毎回巨額の利益を上げてきた。まさに負け知らずの投資家といえる。最近は米当局のヘッジファンド規制に嫌気が差し、ファンドの資金の多くを投資家に返還、個人的な資金を中心に運用することが多くなっている。
 個人資金であればさらに自由度は増すことになり、結果的にソロス氏の勘はさらに冴えわたったのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

kengyo
欧米で仕事を掛け持ちする「マルチワーカー」が増加中。日本では普及しないワケ

 複数の仕事を掛け持ちする人をマルチワーカーと呼ぶが、不況が長引く欧州ではマルチ …

canonooita
キヤノンがデジタルカメラの生産を完全自動化する本質的意味とは?

 キヤノンは2015年7月4日、国内のデジタルカメラ生産を自動化するための設備を …

mof02
2014年度予算の総額が96兆円になったことには明確な理由がある

 政府は2013年12月24日、2014年度予算案を閣議決定した。社会保障費の伸 …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

usakoyoutoukei201401
米1月の雇用統計は今ひとつ。失業保険給付打ち切りが失業率を下げた可能性が高い

 米労働省は2014年2月7日、1月の雇用統計を発表した。先月の雇用統計があまり …

kuroda02
日銀は2年で2%という物価目標を堅持。そうだとすると、追加緩和は必須?

 日銀の黒田総裁は2015年3月17日、記者会見において「2%の物価目標を2年程 …

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

tokyotower02
円安で訪日外国人客が急増。ただし、国際的に見ると日本への観光客は異常に少ない

 日本政府観光局(JNTO)は5月22日、4月における訪日外国人客数を発表した。 …

dokushogakusei
大学生の4割が読書時間ゼロ。だが本離れに拍車がかかっていると断言するのは早い

 大学生の約4割は読書時間がゼロであることが、全国大学生協連(東京)の「学生生活 …