ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を上げていることが明らかとなった。米ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ソロスのヘッジファンドが得た利益は10億ドルを超えると言う。アップルに対する株主還元を要求して話題になったデイビッド・アインホーン氏率いるグリーンライト・キャピタルなども今回の円安で大きな利益を上げたとしている。

 日本の円と国債が高すぎる(金利が安すぎる)ことは以前から指摘されており、円安と金利上昇に賭けるヘッジファンドは一定数存在していた。
 だがなかなか円高と債券高が収まらず、多くのヘッジファンドが破綻した。このため円安にかける戦略は「Widow Maker」(未亡人発生器。失敗したり破綻することのたとえ)と呼ばれ、ウォール街では鬼門ともいわれていた。
 だがソロス氏など、超一流の投資家はベストなタイミングでポジションを組み巨額の利益を上げていたわけで、あらためて彼らの勘の鋭さが浮き彫りになった格好だ。

 ソロス氏は1992年、実態に比べて割高な英ポンドを売り巨額の利益を得た。イングランド銀行は当初ポンド買いで対抗したが資金が底を突き防衛を断念したことでソロス氏は「イングランド銀行を負かした男」として一躍有名になった。
 その後も、アジア通貨危機、ネットバブル、資源バブル、リーマンショックなど、相場が大きく動く時には必ず市場に顔を出し、毎回巨額の利益を上げてきた。まさに負け知らずの投資家といえる。最近は米当局のヘッジファンド規制に嫌気が差し、ファンドの資金の多くを投資家に返還、個人的な資金を中心に運用することが多くなっている。
 個人資金であればさらに自由度は増すことになり、結果的にソロス氏の勘はさらに冴えわたったのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

yukashi02
金融庁が海外ファンド投資で有名な「ゆかし」に対して行政処分の構え

 証券取引等監視委員会は「いつかはゆかし」のキャッチフレーズで知られている投資助 …

jinmingen02
中国の金融引き締めで追い込まれる中小銀行。当局は大混乱覚悟で続行か?

 中国で短期金利が急騰し、流動性が逼迫している問題で、中央銀行にあたる中国人民銀 …

ana787
最新鋭ボーイング787が4連続トラブル。ボーイング社や素材を開発した東レの株価が下落

 夢の最新鋭機として鳴り物入りで導入された最新鋭機ボーイング787型機が4連続で …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

googlehead
Googleもいずれ成長鈍化?第2四半期決算は好調だが、クリック単価の下落は止まらず

 イ ンターネット検索最大手の米グーグルは7月18日、2013年4~6月期の決算 …