ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を上げていることが明らかとなった。米ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ソロスのヘッジファンドが得た利益は10億ドルを超えると言う。アップルに対する株主還元を要求して話題になったデイビッド・アインホーン氏率いるグリーンライト・キャピタルなども今回の円安で大きな利益を上げたとしている。

 日本の円と国債が高すぎる(金利が安すぎる)ことは以前から指摘されており、円安と金利上昇に賭けるヘッジファンドは一定数存在していた。
 だがなかなか円高と債券高が収まらず、多くのヘッジファンドが破綻した。このため円安にかける戦略は「Widow Maker」(未亡人発生器。失敗したり破綻することのたとえ)と呼ばれ、ウォール街では鬼門ともいわれていた。
 だがソロス氏など、超一流の投資家はベストなタイミングでポジションを組み巨額の利益を上げていたわけで、あらためて彼らの勘の鋭さが浮き彫りになった格好だ。

 ソロス氏は1992年、実態に比べて割高な英ポンドを売り巨額の利益を得た。イングランド銀行は当初ポンド買いで対抗したが資金が底を突き防衛を断念したことでソロス氏は「イングランド銀行を負かした男」として一躍有名になった。
 その後も、アジア通貨危機、ネットバブル、資源バブル、リーマンショックなど、相場が大きく動く時には必ず市場に顔を出し、毎回巨額の利益を上げてきた。まさに負け知らずの投資家といえる。最近は米当局のヘッジファンド規制に嫌気が差し、ファンドの資金の多くを投資家に返還、個人的な資金を中心に運用することが多くなっている。
 個人資金であればさらに自由度は増すことになり、結果的にソロス氏の勘はさらに冴えわたったのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

merukeru03
最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金 …

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …

abe20130113
安倍首相がハイパーインフレにはならないとの見解。だが本当にそうなのか?

 安倍首相は11日の記者会見で、日銀の金融政策に関連して「ハイパーインフレは考え …

goan
ルノーの労使交渉で露呈した、ゴーン会長が受け取る巨額報酬の真相。

 欧州経済の低迷を受けて業績不振が続く仏ルノーのカルロス・ゴーン会長は、現在難航 …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

tokyomachinami
企業倒産が激減。日本経済は事実上、機能不全を起こしている?

 企業の倒産件数の減少が進んでいる。2015年はバブル期の頂点だった1990年以 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

kosobiru
日本の1人あたりGDPは14位を維持。だがこれは円高でかなりお化粧されている

 内閣府は25日、2011年度の国民経済計算確報を発表した。それによると2011 …

nyse
ダウ平均株価の銘柄が久々に大型入れ替え。米国の産業構造は今後どうなる?

 米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは9月10日、ダウ工業株30種(いわゆ …