ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を上げていることが明らかとなった。米ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ソロスのヘッジファンドが得た利益は10億ドルを超えると言う。アップルに対する株主還元を要求して話題になったデイビッド・アインホーン氏率いるグリーンライト・キャピタルなども今回の円安で大きな利益を上げたとしている。

 日本の円と国債が高すぎる(金利が安すぎる)ことは以前から指摘されており、円安と金利上昇に賭けるヘッジファンドは一定数存在していた。
 だがなかなか円高と債券高が収まらず、多くのヘッジファンドが破綻した。このため円安にかける戦略は「Widow Maker」(未亡人発生器。失敗したり破綻することのたとえ)と呼ばれ、ウォール街では鬼門ともいわれていた。
 だがソロス氏など、超一流の投資家はベストなタイミングでポジションを組み巨額の利益を上げていたわけで、あらためて彼らの勘の鋭さが浮き彫りになった格好だ。

 ソロス氏は1992年、実態に比べて割高な英ポンドを売り巨額の利益を得た。イングランド銀行は当初ポンド買いで対抗したが資金が底を突き防衛を断念したことでソロス氏は「イングランド銀行を負かした男」として一躍有名になった。
 その後も、アジア通貨危機、ネットバブル、資源バブル、リーマンショックなど、相場が大きく動く時には必ず市場に顔を出し、毎回巨額の利益を上げてきた。まさに負け知らずの投資家といえる。最近は米当局のヘッジファンド規制に嫌気が差し、ファンドの資金の多くを投資家に返還、個人的な資金を中心に運用することが多くなっている。
 個人資金であればさらに自由度は増すことになり、結果的にソロス氏の勘はさらに冴えわたったのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …

wavii
マスコミの記者も失業?グーグルやヤフーがニュース要約技術などを次々に買収

 米グーグルが、ニュース要約アプリを手掛ける米Waviiを3000万ドル(約29 …

no image
米国の大手書店でカード読取機が改ざん。カード情報が不正に流出

 米国の書店大手バーンズアンドノーブルは24日、全米の63店舗でカード読取装置が …

abewomen
安倍首相が経済界に女性登用を要請。女性の社会進出は経済成長を実現するのか?

 安倍首相は4月19日、日本記者クラブで講演し、自身が提唱する成長戦略について説 …

hamadak
安倍首相の経済ブレーンである浜田宏一氏が、金融政策の誤りを認めたという話の虚実

 アベノミクスの理論的支柱と言われ、内閣官房参与を務めている浜田宏一エール大学教 …

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …

kokusaishushi201311
11月の経常収支もやはり赤字。為替市場をにらんで日本が考えるべきこと

 財務省は2014年1月14日、2013年11月の国際収支を発表した。最終的な国 …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

00008
フランスのマスゴミがGoogleから75億円をゲット。だがまだまだ嫌がらせは続く

 米Googleが新聞社のコンテンツをタダ乗りしているとして、検索結果の表示に課 …