ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した昨年12月の米住宅価格指数は前年比で8.3%の上昇となり、2006年5月以来の大幅な伸びとなった。前年比ベースでの上昇はすでに10カ月連続となっており、住宅価格の上昇に弾みがついている。

 米国経済における住宅用不動産の位置付けは、日本とは比べ物にならないくらい大きい。
 個人が所有する住宅用不動産は、米国の富の源泉となっており、経済に極めて大きな影響を及ぼしている。

 リーマンショック後、住宅ローンが払えなくなり、差し押さえになった物件が続出したが、銀行の体力低下からなかなか処理が進まなかった。いわゆる不良債権である。

  だが最近になって銀行の体力が回復してきていることや、不動産市況の見通しが明るくなってきたことで、差し押さえ物件の数が減少している。米調査会社リアルティトラックの調べでは、2012年の後半から差し押さえの数が急激に減少し、直近では住宅バブル前の2005年10月の水準まで低下しているという。

 米国では日本と異なり消費者保護が徹底してるため、住宅ローンの多くはノンリコース方式だ。ノンリコース方式はローンが返せなくなったら住宅を銀行に返却するだけでよく、住宅を手放してしまえばそれ以上ローンを背負う必要がない。日本は住宅を手放しても残金を返済しなければならず、庶民が住宅ローン地獄に陥る一因となっている。
 米国ではローンが返せなくなり家を手放した人でも、定期的な収入さえあれば、再び家をローンで購入できるチャンスがある。このため、住宅価格が底を打ちさえすれば、市場は急速に回復してくる。米国は今まさにそのような状況にある。

 米国のテレビ番組などでは連日住宅価格上昇の特集を組んでおり、すでに家を持っている人はいつ売るべきか、まだ持っていない人は今が買い時かどうかという熱い議論を戦わせている。
 米国は近くドル高政策に舵を切る可能性が高く、米国に資金が戻ってきている。住宅価格の上昇は米国人の財布を緩めることにつながることから、ウォール街では、早くもダウ平均株価が15000ドルを突破するのではという声が聞かれるようになってきた。

 - 経済

  関連記事

cyprus
地中海の小国キプロスでユーロ圏が事実上の財産没収を要求。なぜキプロスだけが?

 地中海の小国キプロスに激震が走った。ユーロ圏各国がキプロスに対する金融支援と引 …

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

no image
維新ガタガタ!問題公約案を橋下代表や松井幹事長が相次いで批判

 国軍の創設や在日米軍の撤廃、アジア通貨圏の構築など、極右政党丸出しの公約案を明 …

kougu
日本は本当にモノ作りの国なのか?メイカーズ革命で問われる真の国民性

 日本はモノ作りの国であるといわれている。日本人は手先が器用で真面目なのでモノ作 …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

conbini
コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブ …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …