ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した昨年12月の米住宅価格指数は前年比で8.3%の上昇となり、2006年5月以来の大幅な伸びとなった。前年比ベースでの上昇はすでに10カ月連続となっており、住宅価格の上昇に弾みがついている。

 米国経済における住宅用不動産の位置付けは、日本とは比べ物にならないくらい大きい。
 個人が所有する住宅用不動産は、米国の富の源泉となっており、経済に極めて大きな影響を及ぼしている。

 リーマンショック後、住宅ローンが払えなくなり、差し押さえになった物件が続出したが、銀行の体力低下からなかなか処理が進まなかった。いわゆる不良債権である。

  だが最近になって銀行の体力が回復してきていることや、不動産市況の見通しが明るくなってきたことで、差し押さえ物件の数が減少している。米調査会社リアルティトラックの調べでは、2012年の後半から差し押さえの数が急激に減少し、直近では住宅バブル前の2005年10月の水準まで低下しているという。

 米国では日本と異なり消費者保護が徹底してるため、住宅ローンの多くはノンリコース方式だ。ノンリコース方式はローンが返せなくなったら住宅を銀行に返却するだけでよく、住宅を手放してしまえばそれ以上ローンを背負う必要がない。日本は住宅を手放しても残金を返済しなければならず、庶民が住宅ローン地獄に陥る一因となっている。
 米国ではローンが返せなくなり家を手放した人でも、定期的な収入さえあれば、再び家をローンで購入できるチャンスがある。このため、住宅価格が底を打ちさえすれば、市場は急速に回復してくる。米国は今まさにそのような状況にある。

 米国のテレビ番組などでは連日住宅価格上昇の特集を組んでおり、すでに家を持っている人はいつ売るべきか、まだ持っていない人は今が買い時かどうかという熱い議論を戦わせている。
 米国は近くドル高政策に舵を切る可能性が高く、米国に資金が戻ってきている。住宅価格の上昇は米国人の財布を緩めることにつながることから、ウォール街では、早くもダウ平均株価が15000ドルを突破するのではという声が聞かれるようになってきた。

 - 経済

  関連記事

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …

softbankson02
孫正義社長続投が急遽決定。総会の招集通知送付後というドタバタ人事

 ソフトバンクグループは2016年6月21日、ニケシュ・アローラ副社長が22日付 …

tamatsuka
ローソンのトップに玉塚氏が就任。ユニクロでの屈辱をリベンジできるか?

 ローソンは2014年3月24日の取締役会において、玉塚元一最高執行責任者(CO …

no image
日産のゴーン会長、フランスではホンネ連発。だがそれは日本人自身が招いたこと

 日産・ルノーのカルロス・ゴーン会長はパリのモーターショーで、欧州では過剰生産能 …

toyota02
トヨタの絶好調決算から学ぶ、円安がもたらすメリットとデメリット

 トヨタ自動車は2014年11月5日、2014年9月中間決算を発表し、2015年 …

euhonbu02
欧州景気に底入れの兆し。失速寸前といわれる中国経済の助け船になるか?

 欧州連合(EU)は8月14日、ユーロ圏17カ国における2013年4~6月期のG …