ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領がサイバーセキュリティの大統領令に署名。だが産業界からは疑問の声も

 

 オバマ大統領は13日、サイバーセキュリティ対策を強化するための大統領令に署名した。政府各省と民間でサイバーセキュリティに関する情報を共有し、対策の基準を策定する。

 大統領令では、連邦政府が創設する専門家グループと民間が共同で、1年以内にサイバーセキュリティ対策の具体策を開発するとしている。
 国土安全保障省では、サイバー攻撃を受け た場合に影響が大きいとみられる一部の重要インフラ(金融、電力、航空などを想定)を重点分野として特定する方針だ。オバマ政権は、最終的にはサイバーセキュリティー関連の法案成立を検討しており、大統領令はその第一歩だとしている。

 米国ではここ半年の間に、主要金融機関や大手マスコミのサイトが相次いでハッキングされている。これらの攻撃の多くは、イラン、中国、ロシアなどから行われているという。もし国内の重要インフラのシステムが破壊されれば、米国経済に大きな打撃を与えることから、政府内に法案成立を望む声は大きい(本誌記事「米国防総省はサイバー攻撃能力を強化。だが実態は既存システムの防御で手一杯」参照)。

 だが産業界を中心に政府の対応を疑問視する声も大きい。米国商工会議所は過度な規制はビジネス活動を阻害するとして、一連のサイバー関連法案の成立に反対している。昨年、8月にはサイバーテロ対策関連法案が審議されたが、反対が多く廃案となっている。

 産業界としては利益重視の観点から余分な投資を避けたいとの意向もあるが、もっとも懸念しているのが、政府主導による対策プロセスを策定することで、かえってサイバーテロ対策に遅れを取ってしまう可能性である。
 情報技術は進歩が早いだけでなく、オープンであるという特徴がある。特定の政府機関が想定する技術や策定したフレームワークは、次の年にはまったく意味をなさなくなる可能性も高い。しかも新しい技術はハッカー集団なども含めた世界的なコミュニティの中から生まれてくることも多く、閉鎖的な政府組織では対応することが難しい。まさに「蛇の道は蛇」である。
 米国の先端的ITセキュリティ会社の中核技術者の少なくない割合が元ハッカーであることからも、その状況は推察することができる。

 今回の大統領令を受けて国土安全保障省のナポリターノ長官はマスコミのインタビューを受けたが「民間にできなくて政府にできる対策とは何か?」という記者の質問に対して「情報共有を行うことに意義がある」と答えるにとどまっている。

 日本でもPC遠隔操作事件などをきっかけにサイバー犯罪対策を強化する声が上がっている。だが遠隔操作事件では、警察にはサイバー事件の操作能力がないことが露呈するという結果になってしまった。だが、この状況に対していわゆるハコモノの対策を施しても意味はないということを我々はよく認識すべきである(本誌記事「PC遠隔操作事件の容疑者をようやく逮捕。だが事実上の自首に近く、警察の非力さが露呈」参照)。
 サイバー犯罪やサイバーテロは、ハードの世界ではなくソフトの世界だ。世界に広く薄く広がる情報を効率的に集める人的ネットワークこそがホンモノの解決策につながる。従来型の犯罪捜査においても、犯罪組織に出入りする人間を泳がせ情報収集を行うことは基本的な捜査手法の一貫として確立している。ITだからといって状況が変わるわけではない。
 予算を組み、サーバーマシンを大量に並べたところで根本的な解決にはならないのである。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

isejingu
式年遷宮に現職首相が84年ぶりに参列。「私人」として参列しなければならない理由とは?

 20年に1度、伊勢神宮の社殿を造り替える式年遷宮のクライマックスとなる「遷御の …

hagelchina
ヘーゲル国防長官が中国の常万全国防相と会談。着々と進む米中のアジア戦略交渉

 ヘーゲル米国防長官は8月19日、米国防総省で中国の常万全国防相と会談した。ヘー …

influ03
中国で鳥インフルエンザで2名が死亡。現段階で感染が拡大するかは不明

 中国政府は3月31日、これまで人への感染が確認されていなかった「H7N9型」鳥 …

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …

kyameroneu
EUは英国離脱回避のため妥協。だが国民投票はどう転ぶか分からない

 EU(欧州連合)は2016年2月19日、ブリュッセルで首脳会議を行い、英国のキ …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

mof
安倍政権の樹立に財務省が暗躍?財務省はなぜ政界をコントロールできるのか?

 自民党の政権復帰に財務省が大きな役割を果たしたとの噂が広がっている。財務省は悲 …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …

no image
党大会目前でも権力闘争が終結せず。中国は不安定な状態が継続か?

 中国の政権交代を間近に控えているにも関わらず、権力闘争がさらに激しさを増してい …