ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領がサイバーセキュリティの大統領令に署名。だが産業界からは疑問の声も

 

 オバマ大統領は13日、サイバーセキュリティ対策を強化するための大統領令に署名した。政府各省と民間でサイバーセキュリティに関する情報を共有し、対策の基準を策定する。

 大統領令では、連邦政府が創設する専門家グループと民間が共同で、1年以内にサイバーセキュリティ対策の具体策を開発するとしている。
 国土安全保障省では、サイバー攻撃を受け た場合に影響が大きいとみられる一部の重要インフラ(金融、電力、航空などを想定)を重点分野として特定する方針だ。オバマ政権は、最終的にはサイバーセキュリティー関連の法案成立を検討しており、大統領令はその第一歩だとしている。

 米国ではここ半年の間に、主要金融機関や大手マスコミのサイトが相次いでハッキングされている。これらの攻撃の多くは、イラン、中国、ロシアなどから行われているという。もし国内の重要インフラのシステムが破壊されれば、米国経済に大きな打撃を与えることから、政府内に法案成立を望む声は大きい(本誌記事「米国防総省はサイバー攻撃能力を強化。だが実態は既存システムの防御で手一杯」参照)。

 だが産業界を中心に政府の対応を疑問視する声も大きい。米国商工会議所は過度な規制はビジネス活動を阻害するとして、一連のサイバー関連法案の成立に反対している。昨年、8月にはサイバーテロ対策関連法案が審議されたが、反対が多く廃案となっている。

 産業界としては利益重視の観点から余分な投資を避けたいとの意向もあるが、もっとも懸念しているのが、政府主導による対策プロセスを策定することで、かえってサイバーテロ対策に遅れを取ってしまう可能性である。
 情報技術は進歩が早いだけでなく、オープンであるという特徴がある。特定の政府機関が想定する技術や策定したフレームワークは、次の年にはまったく意味をなさなくなる可能性も高い。しかも新しい技術はハッカー集団なども含めた世界的なコミュニティの中から生まれてくることも多く、閉鎖的な政府組織では対応することが難しい。まさに「蛇の道は蛇」である。
 米国の先端的ITセキュリティ会社の中核技術者の少なくない割合が元ハッカーであることからも、その状況は推察することができる。

 今回の大統領令を受けて国土安全保障省のナポリターノ長官はマスコミのインタビューを受けたが「民間にできなくて政府にできる対策とは何か?」という記者の質問に対して「情報共有を行うことに意義がある」と答えるにとどまっている。

 日本でもPC遠隔操作事件などをきっかけにサイバー犯罪対策を強化する声が上がっている。だが遠隔操作事件では、警察にはサイバー事件の操作能力がないことが露呈するという結果になってしまった。だが、この状況に対していわゆるハコモノの対策を施しても意味はないということを我々はよく認識すべきである(本誌記事「PC遠隔操作事件の容疑者をようやく逮捕。だが事実上の自首に近く、警察の非力さが露呈」参照)。
 サイバー犯罪やサイバーテロは、ハードの世界ではなくソフトの世界だ。世界に広く薄く広がる情報を効率的に集める人的ネットワークこそがホンモノの解決策につながる。従来型の犯罪捜査においても、犯罪組織に出入りする人間を泳がせ情報収集を行うことは基本的な捜査手法の一貫として確立している。ITだからといって状況が変わるわけではない。
 予算を組み、サーバーマシンを大量に並べたところで根本的な解決にはならないのである。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

euhonbu00
EUで銀行同盟成立に向けた第一歩がスタート。薄れていく加盟国の国家主権

 EU(欧州連合)は2013年12月20日、ユーロ圏内で銀行の破綻処理を一元化す …

no image
スペインの2013年緊縮予算に市場は好感。それホントですか?

 スペインは27日、歳出削減に重点を置いた2013年予算案を提示した。ロイターが …

f35b
米軍がステルス戦闘機F-35を岩国基地に配備。その背後にある米国の事情とは?

 パネッタ米国防長官は18日、米軍のステルス戦闘機F35を2017年に米軍岩国基 …

nichushuhoukaidan201411
日中首脳会談が2年半ぶりに実現。今後の焦点は米中交渉の行方に

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。日中首脳会談 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

kanntei
政府が2013年度のGDP見通しを上方修正。だが物価目標をめぐる政策の矛盾が露呈

 政府は28日に開催された臨時閣議で、2012~13年度の経済成長率見通しを正式 …

abeshouhizei
消費増税の正式決定で焦点は5兆円の経済対策の中身とその効果に移行

 政府は10月1日、閣議を開催し2014年4月から消費税を8%に引き上げることを …

businessman05
生活保護との逆転現象で最低賃金見直しは必須。だが最低賃金はすでに有名無実か?

 最低賃金の改定について議論している厚生労働省の審議会において、最低賃金が生活保 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …