ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し、700人の雇用を確保すると英国のメディアが報じている。。

 同社は世界第2位の通信機器メーカー。創業者でCEOの任正非氏が人民解放軍出身であることから、安全保障上の問題があるとして各国政府がスパイ企業としてマークしている会社だ。
 あくまで噂だが、同社製のネットワーク機器には、通信内容をハッキングして中国に送信する機能や、有事の際には通信ネットワークを強制遮断して、相手国の通信をマヒさせる機能が備わっているといわれている。

 任CEOは人民解放軍との結びつきを否定し「自分は30年前に軍を解雇された」としているが、額面通りに受け取る人はほとんどいない。

 以前、同社が米国のサーバー会社である3Leaf Systemsを買収しようとして、米国政府が待ったをかけたという経緯がある。結局買収は行われたが、米国での活動が思うように進まず、最近では英国に対して積極的な営業攻勢をかけていた。

 英国はお金のために魂を売り渡し、中国の軍門に下ったのだろうか?必ずしもそうとはいえない。英国はMI6に代表される世界でもトップクラスの諜報(インテリジェンス)大国。
 インテリジェンス関係者の中には、ファーウェイと英国政府の間に何らかの密約があるとみる人もいる。 少なくとも何の警戒もなく同社の進出を受け入れるはずはない。

 同社は日本にも進出しており、ソフトバンクを中心に各社が同社機器を採用している。一部では同社の日本進出に懸念の声もあがっている。

 だが懸念しているだけでは問題の解決にはならない。
 企業を装ったスパイ活動は今度さらに活発になることが予想される。ファーウェイを拒絶したとしてもまた次がやってくる。GoogleだってCIAなど米国の諜報機関と情報のやり取りがあると考えるのが自然だ。
 グローバル社会においては、無警戒な受け入れはもちろん、単純な拒否も大きく国益を損ねるのだ。

 もしかすると、人民解放軍との関係も、同社が自作自演で吹聴しているだけで、本当は大したコネなどないのかもしれない。ニセ情報を流すのも立派なインテリジェンス活動である。

 スパイ企業を逆に利用したり、ニセ情報を流すくらいにハラが据わっていないと、この時代を生き抜くことはできない。日本人にその覚悟はあるだろうか?

 - 政治, 経済

  関連記事

panasanyo
三洋電機が完全消滅へ。ところで三洋はもともとパナソニックだって知ってました?

 パナソニックは2011年に戦略的買収を実施した三洋電機を事実上解体する。日本経 …

rensen
台湾の国民党名誉首席が習近平総書記と会談。台湾をトラブルメーカーと自称

 台湾の与党国民党の名誉主席で元副総統の連戦氏は25日、中国・北京を訪れ、人民大 …

linemorikawa
LINEの情報が韓国政府に筒抜けという報道。上場を前にLINEが大波乱

 無料通話チャット・アプリLINEの情報が韓国政府に筒抜けになっているという報道 …

gpifpotofori201506
公的年金の株式買い入れ余力が大幅に低下。今後の運用成績はどうなる?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年8月2 …

peri
オバマ大統領のご意見番ペリー元国防長官が朴槿恵氏と会談。早くも核実験後を協議?

 韓国の朴槿恵次期大統領は4日午後、来韓中のペリー元米国防長官と会談を行った。北 …

cvn73gwyokosuka
原子力空母ジョージワシントンが米国に帰還。後継空母は何とか維持された状況

 米第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシントン」は2015年5月18日、米国に帰還 …

g20german
G20の声明文から反保護主義の文言が消滅。今後は露骨なパワーゲームの時代へ

 ドイツのバーデンバーデンで開催されていたG20(主要20カ国の財務相・中央銀行 …

nsa
米国の諜報機関は本当に全部の電話やメールの盗聴を実施できているのか?

 米国の諜報機関による盗聴問題が拡大する兆しを見せている。ドイツのマスコミが、米 …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …