ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し、700人の雇用を確保すると英国のメディアが報じている。。

 同社は世界第2位の通信機器メーカー。創業者でCEOの任正非氏が人民解放軍出身であることから、安全保障上の問題があるとして各国政府がスパイ企業としてマークしている会社だ。
 あくまで噂だが、同社製のネットワーク機器には、通信内容をハッキングして中国に送信する機能や、有事の際には通信ネットワークを強制遮断して、相手国の通信をマヒさせる機能が備わっているといわれている。

 任CEOは人民解放軍との結びつきを否定し「自分は30年前に軍を解雇された」としているが、額面通りに受け取る人はほとんどいない。

 以前、同社が米国のサーバー会社である3Leaf Systemsを買収しようとして、米国政府が待ったをかけたという経緯がある。結局買収は行われたが、米国での活動が思うように進まず、最近では英国に対して積極的な営業攻勢をかけていた。

 英国はお金のために魂を売り渡し、中国の軍門に下ったのだろうか?必ずしもそうとはいえない。英国はMI6に代表される世界でもトップクラスの諜報(インテリジェンス)大国。
 インテリジェンス関係者の中には、ファーウェイと英国政府の間に何らかの密約があるとみる人もいる。 少なくとも何の警戒もなく同社の進出を受け入れるはずはない。

 同社は日本にも進出しており、ソフトバンクを中心に各社が同社機器を採用している。一部では同社の日本進出に懸念の声もあがっている。

 だが懸念しているだけでは問題の解決にはならない。
 企業を装ったスパイ活動は今度さらに活発になることが予想される。ファーウェイを拒絶したとしてもまた次がやってくる。GoogleだってCIAなど米国の諜報機関と情報のやり取りがあると考えるのが自然だ。
 グローバル社会においては、無警戒な受け入れはもちろん、単純な拒否も大きく国益を損ねるのだ。

 もしかすると、人民解放軍との関係も、同社が自作自演で吹聴しているだけで、本当は大したコネなどないのかもしれない。ニセ情報を流すのも立派なインテリジェンス活動である。

 スパイ企業を逆に利用したり、ニセ情報を流すくらいにハラが据わっていないと、この時代を生き抜くことはできない。日本人にその覚悟はあるだろうか?

 - 政治, 経済

  関連記事

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

no image
オバマ大統領が自家製ビールのレシピ公開。背景には人種問題へのアピールが

 オバマ大統領が手作りしている特製ビールの造り方をホームページでビデオ付きで公開 …

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …

softbankken
ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通 …

abekaisan20141119
まるで民主党の政策?緊急経済対策は商品券など直接支援が中心

 安倍首相は2014年11月18日、消費増税の先送りと衆議院の解散を発表すると同 …

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …

dell
デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経 …

hayashi
待機児童ゼロを実現した横浜方式は「方法論」ではなく「決断」。

 横浜市が「保育所に入れない待機児童をゼロにする」目標を達成したことで、「横浜方 …

tosho002
米国の利上げに市場の関心が集中。増税延期と大型補正にも市場の反応は鈍い

 安倍首相は2016年6月1日、消費増税の再延期と大型の補正予算について正式に表 …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …