ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

農業の競争力強化を目指す政府系ファンドが開業。実態は衰退する農業への補償金?

 

 農業の競争力強化を目指す官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」が1日開業した。政府や大手食品メー カーなどが出資し、農業の競争力強化に向けた取り組みを支援する。2000億円規模のファンド組成を目指す。

 安倍政権では、成長戦略の一つとして農業の競争力強化を掲げている。成長戦略の具体策を議論する産業競争力会議においても農業の競争力強化は最優先課題の一つとなっている。その具体策の要となるのが、今回開業した官民農業ファンドである。だが官民農業ファンドについては早くもその実効性をめぐって疑問の声が上がっている。

 通常、ファンドというものは、その分野に対して適切なリスクマネーが供給されない場合に、多くの資金を集めるための手段として活用される。
 例えば、まったく新しいテクノロジーを開発するベンチャー企業に対しては普通の銀行や投資家は怖くて資金提供できない。だが、リターンが大きければリスクを厭わないという冒険心に溢れた勇気ある投資家も一部には存在する。そのような投資家のお金を効率的に集めるための手段がファンドなのだ。

 だが農業分野は政府支援がもっとも積極的に行われている分野であり、むしろお金は有り余っている。そのような分野においてはファンドを組成する意味などそもそもない。通常の補助金にすればよいからだ。
 ではなぜファンドという面倒なスキームを使うのか?それは「バラマキではないというカモフラージュのためにファンドという目新しい器が必要」(投資ファンド関係者)だからだ。

 政府与党は建前上はTPPに反対しているが、実務レベルではTPP参加は既成事実となっている。農業分野が打撃を受けることはほぼ明白であり、成長戦略といっても実態は農業への補償である。だが補償金や補助金という名目ではなかなか世論を納得させることができない。ファンドという名称は補助金を成長戦略に言い換えるための知恵というわけだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

chukounen
中高年は若者のことを考えているのか?いないのか?

 日本の政策のほとんどは中高年向けのものに偏っている。その際たるものは年金受給額 …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

tosho05
新しい増資手段ライツイシューに規制?制度を生かすも殺すも、最後は投資家次第

 既存の株主に対して新株購入の権利を割り当てる「ライツイシュー」の審査が厳格化さ …

kobin
英労働党の新党首は何と強硬左派。米大統領選挙にも飛び火か?

 英国の野党・労働党は2015年9月12日、臨時党大会を開催し、ベテラン下院議員 …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

nikkann
日本と韓国は仲良く三流国家?各種調査結果が示す日韓の類似性

 日本人と韓国人は互いに嫌っているとよくいわれる。2012年11月に内閣府が発表 …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

bouekitoukei 201510
10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …