ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシア軍機がグアム上空を威嚇飛行。これは尖閣問題と完全にリンクしている

 

 米太平洋軍は、ロシア空軍の航空機がグアム島近辺の上空を旋回し、米軍のF-15戦闘機が緊急発進(スクランブル)したことを明らかにした。
 旋回した航空機はロシアのツポレフ95S型爆撃機2機で、領空侵犯はしていないという。F-15戦闘機は沖縄にある米軍嘉手納基地から演習のために派遣されていたという。米メディアの一部では爆撃機が核弾頭を装備していたと報じたが、そのようは事実はないという。ロシア側はこの飛行について事実ではないとしている。

 ロシアは日本近海でも同様の行動を行っている。防衛省は7日、ロシア空軍のスホイ27戦闘機2機が北海道利尻島沖の領空を侵犯したと発表した。ロシア機による侵犯は2008年2月の伊豆諸島沖以来約5年ぶりとなる。

 ロシアが日本や米国の領空を侵犯あるいはそれに近い行動を取っている背景には、当然、日本と中国との間に発生した尖閣諸島問題がある。
 日本に対しては、尖閣諸島問題の発生によって、日本の防衛体制に変化があったのかを確認するとともに、政治的に揺さぶりをかけるために領空侵犯を行った可能性が高い。だがより重要なのは今回の米国に対する威嚇である。

 グアムは米国における次世代アジア太平洋戦略の拠点となる地域である。米軍は基本的に沖縄から海兵隊を撤収させ、グアムに集結させる大掛かりな組織再編を行っている。実は、この動きは地政学的な解釈では日米安保の重要性が大幅に低下したことを意味している。はっきり言ってしまえば、米国は以前のように日本を重要拠点と位置付け、防衛するつもりはないのである。

 それは尖閣諸島問題にもよく表れている。米国は日米安保に基づいた日本の施政権については認めているが、領有権については日本の立場をまったく認めていない。中国との対話を進めたい米国としては、本音では日本が中国と領有権問題で対立することを好ましく思っていないのだ。
 このタイミングでロシア軍機がグアム近辺を飛行したのは偶然ではない。日米安保の重要度が低下する中、新しい太平洋戦略の拠点としてのグアムについて、米国がどの程度重視しているのかを探ることが今回の飛行の目的と考えられる。

 今後、ロシアは尖閣諸島問題の進展を見ながら、日本や米国に対してより危険度を上げた揺さぶりをかけてくる可能性が高い。ロシア側の最終的な狙いは、日本の各国からの孤立である。残念ながら日本はその方向にむかってまっしぐらに進んでいるように見える。

 - 政治

  関連記事

ishiba
安倍首相は政権運営に自信満々?ガス抜きとしての党内人事や内閣改造も不必要

 自民党は9月17日、役員会を開催し、今月末に任期が切れる石破幹事長ら党三役を続 …

no image
実は橋下氏ただ1人が孤立していた?第3極の大同団結をめぐるゴタゴタ

 太陽の党を率いる石原慎太郎氏と日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は16日午前、衆 …

jinminkaihogun
中国人民解放軍が大規模な組織改編。軍の近代化と地域利権の排除が狙いか?

 中国人民解放軍は2016年2月1日、従来の軍区に代わり、新しく戦区という区域を …

ippankyosho
オバマ政権の関心は経済しかない。一般教書演説から占う米中関係と日米関係

 米国のオバマ大統領は2014年1月28日、米議会において一般教書演説を行った。 …

mistral
すぐにでも強襲揚陸艦の引き渡しを実施したいフランスとロシアのホンネ

 フランス政府は2014年9月3日、ロシアに提供される予定であったミストラル級強 …

takusin
ミャンマーでタイのタクシン元首相の暗殺計画が浮上。タイと日本の共通点を考える

 ミャンマーへ訪問する予定だった亡命中のタイのタクシン元首相は6日、ミャンマーで …

cvn73gwyokosuka
原子力空母ジョージワシントンが米国に帰還。後継空母は何とか維持された状況

 米第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシントン」は2015年5月18日、米国に帰還 …

roujin02
生活保護世帯が過去最多を更新。制度のもっとも大きな問題点は何か?

 厚生労働省は2013年12月11日、9月に生活保護を受けた世帯が159万911 …

iiss01戚建国
中国が米中首脳会談を控え、領有権問題に対する態度を軟化?

 英国際戦略研究所(IISS)は5月31日から3日間の日程で、アジア安全保障会議 …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …