ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシア軍機がグアム上空を威嚇飛行。これは尖閣問題と完全にリンクしている

 

 米太平洋軍は、ロシア空軍の航空機がグアム島近辺の上空を旋回し、米軍のF-15戦闘機が緊急発進(スクランブル)したことを明らかにした。
 旋回した航空機はロシアのツポレフ95S型爆撃機2機で、領空侵犯はしていないという。F-15戦闘機は沖縄にある米軍嘉手納基地から演習のために派遣されていたという。米メディアの一部では爆撃機が核弾頭を装備していたと報じたが、そのようは事実はないという。ロシア側はこの飛行について事実ではないとしている。

 ロシアは日本近海でも同様の行動を行っている。防衛省は7日、ロシア空軍のスホイ27戦闘機2機が北海道利尻島沖の領空を侵犯したと発表した。ロシア機による侵犯は2008年2月の伊豆諸島沖以来約5年ぶりとなる。

 ロシアが日本や米国の領空を侵犯あるいはそれに近い行動を取っている背景には、当然、日本と中国との間に発生した尖閣諸島問題がある。
 日本に対しては、尖閣諸島問題の発生によって、日本の防衛体制に変化があったのかを確認するとともに、政治的に揺さぶりをかけるために領空侵犯を行った可能性が高い。だがより重要なのは今回の米国に対する威嚇である。

 グアムは米国における次世代アジア太平洋戦略の拠点となる地域である。米軍は基本的に沖縄から海兵隊を撤収させ、グアムに集結させる大掛かりな組織再編を行っている。実は、この動きは地政学的な解釈では日米安保の重要性が大幅に低下したことを意味している。はっきり言ってしまえば、米国は以前のように日本を重要拠点と位置付け、防衛するつもりはないのである。

 それは尖閣諸島問題にもよく表れている。米国は日米安保に基づいた日本の施政権については認めているが、領有権については日本の立場をまったく認めていない。中国との対話を進めたい米国としては、本音では日本が中国と領有権問題で対立することを好ましく思っていないのだ。
 このタイミングでロシア軍機がグアム近辺を飛行したのは偶然ではない。日米安保の重要度が低下する中、新しい太平洋戦略の拠点としてのグアムについて、米国がどの程度重視しているのかを探ることが今回の飛行の目的と考えられる。

 今後、ロシアは尖閣諸島問題の進展を見ながら、日本や米国に対してより危険度を上げた揺さぶりをかけてくる可能性が高い。ロシア側の最終的な狙いは、日本の各国からの孤立である。残念ながら日本はその方向にむかってまっしぐらに進んでいるように見える。

 - 政治

  関連記事

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …

merukerurainiti02
ドイツが慰安婦発言をめぐって日本側を翻弄。メルケル首相の狙いは?

 ドイツのメルケル首相の発言をめぐって、政府と民主党の間で、「言った言わない」論 …

orandojoyu
オランド仏大統領の女優密会報道から考える、権力者に対するタブーと民主主義

 フランスの芸能誌がオランド大統領と女優ジュリー・ガイエさんとの密会写真を掲載し …

kodomonote
政府が子供の貧困対策を本格化。だが、支援は民間による基金

 政府が貧困家庭の子供に対する支援の強化を検討している。企業や個人に寄付を呼びか …

koyousha
北九州市職員が廃車の公用車を買い取り転売。だが本当に問題なのはむしろ役所の方?

 北九州市の職員が、廃車として中古車販売業者に売却された公用車2台を個人で買い取 …

roujin02
日本は立派な?年金制度があるのに高齢者貧困率が高いのはなぜか?

 国際連合は10月1日、高齢者の生活水準に関する国際比較調査の結果を発表した。日 …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

abe20140213
安倍政権が河野談話を巡り迷走。欧州最強国家となったドイツとの違いは歴然

 安倍首相は2014年3月14日、従軍慰安婦の強制について認めた1993年のいわ …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …