ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Amazon.comの商品レビュー欄を使った無人機への批判が話題に

 

 米国でAmazon.comのレビュー機能を使った無人機(ドローン)攻撃に対する静かな批判が話題となっている。

 米国政府は近年、イスラム系のテロリストに対する無人機を使った攻撃を強化している。
 アフガニスタンやパキスタンでは、無人機を使った攻撃はすでに日常的なものとなっているが、無人機を使った攻撃に対しては人道的見地から米国内でも批判が大きい。

 また最近では、対象者が米国籍であっても必要に応じて無人機による暗殺を実施できるという司法省のメモが流出し、問題となっている(本誌記事「米司法省のメモが流出。無人機の暗殺対象に米国人も含まれる?」参照)。
 人権活動家などからは、無人機の攻撃が普及してくれば、やがて米国内でも無人機による監視や暗殺などが実施されるのではないかと懸念する声も上がっている。

  米国内ではまだ大規模なデモなどの動きは起こっていないが、ネット上ではユニークな手法を使った静かな批判が巻き起こっている。それはAmazon.comのレビュー欄を使ったものである。
 Amazon.comには、無人機の模型や関連商品が多数販売されている。そのレビュー欄に無人機に対する批判を書き込むというものである。確かにAmazonのサイトを覗いてみると、無人機関連の商品ページには、数多くの批判的レビューが並んでいる。
 当然のことながら、同サイトのレビュー欄は商品のレビューに関するためのものであり、無人機そのものへの批判は本来の目的とは異なる使用法ということになる。だが商品とまったく関連のないレビューではないことからむやみに排除でもできないようで、現状は放置された状態にある。

 米国内でも批判が高まっている無人機だが、オバマ大統領はその利用をさらに拡大する方針だ。無人機は安価で米兵の命を危険にさらす心配がない。コスト対効果という点で、他の攻撃手段との比較にはならないというスタンスだ。
 ネット上での批判をよそに、見えない戦争はますます拡大されることになる。

 - 政治, 社会

  関連記事

misutoraru
ロシアがフランスからの揚陸艦購入を正式に断念。北方領土付近は現状維持へ

 ロシアがフランスから購入する予定だったミストラル級強襲揚陸艦について、ロシア政 …

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …

saitengai2
崔天凱駐米中国大使が、尖閣問題で中国寄りの対応をするよう米国に要請

 尖閣諸島問題をめぐる小野寺防衛大臣の発言に対して、崔天凱駐米中国大使が強い口調 …

chukounen
結局は減額?政府が年金給付額の抑制について具体的な検討を開始

 政府は、年金の給付額抑制に乗り出す方針を固めた。現在のマクロ経済スライド制を見 …

obama00003
シリアがサリン使用との情報は本物?。軍事介入をめぐる議会と大統領の駆け引きが激化

 米政府は4月25日、シリアのアサド政権が反政府勢力との戦闘において猛毒のサリン …

sekorosu
世耕経産相が米主要経済閣僚と初会談。見えてこない日米交渉の道筋

 訪米した世耕経済産業相は2017年3月16日、ロス米商務長官らトランプ政権の主 …

George Washington03
東シナ海に展開する中国海軍の実力はどの程度なのか?

 中国が2013年11月に、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したことで …

abekaken02
安倍首相の加憲案に保守派の言論人が猛反発。憲法改正は流動的に?

 安倍首相が提示した、現行の憲法9条に自衛隊に関する項目を付け加えるという、いわ …

obamaairforce1
オバマ大統領が来日。その後は韓国、マレーシア、フィリピンを訪問

 米国のオバマ大統領は2014年4月23日、国賓として日本を訪問する。滞在は25 …

mof
安倍政権の樹立に財務省が暗躍?財務省はなぜ政界をコントロールできるのか?

 自民党の政権復帰に財務省が大きな役割を果たしたとの噂が広がっている。財務省は悲 …