ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家族制度に関する内閣府の調査が明らかにした、少子化が止まらない意外な理由

 

 内閣府は2月18日、家族の役割や夫婦別姓などに関する世論調査(家族の法制に関する世論調査)の結果を発表した。日本人は苗字について、個人を特定ためのIDという意味合いよりも、先祖から受け継がれてきた「イエ」としての意味合いを重視しており、この傾向にあまり変化がないことが分かった。

 調査は昨年12月に実施したもので、全国に住む20歳以上の男女5000人に対して聞き取りを行った。

 名字(性)とはどういうものと思うかという問いに対しては「他人と区別して自分を表すためのもの」と答えた人が11.3%だったのに対して「先祖から受け継がれてきた名称」と答えた人は45.9%に上った。「夫婦を中心とした家族の名前」と答えた人は17.9%だったことから、苗字については圧倒的に先祖から受け継がれてきた名称であるとの認識を持っていることが明らかとなった。

 この数字は17年前(1996年)に実施された同様の調査(41.1%)よりも若干増えており、時代によってあまり変化していないことがわかる。

 これに関連して、実家の名字を残すために婚姻をすることが難しくなることがあると思うかとの問いについては、40.1%の人が「ある」と答えている。さらにこの質問に「ある」と回答した人のうち20.4%が、実家の名前を残すために、婚姻が難しくなることは仕方ないと考えていることもわかった。この数値は男性の方が高い(23.8%)が女性も17.7%の人がそう考えている。
 上記の結果から、日本人の多くは昔ながらの「イエ」制度を重視しているが、昔とは異なり、男系の家系を中心とした「イエ」ではなく、女系も含めて「イエ」制度の存続を望む傾向が強くなっていると考えることができるだろう。

 夫婦別姓に関する調査項目もこれを反映した内容となっている。67.1%の人が、夫婦の名字が異なると子供に何らかの悪影響があると考えており、完全な夫婦別姓を認めてもよいとする人は35.5%だった。

 戦後の日本は核家族化が進み「イエ」制度が崩壊するかに見えた。欧米では大家族主義から核家族に変化し、その後「イエ」の制度はなくなった。だが日本の場合には、家父長的な大家族主義はなくなったが、核家族を単位とする「イエ」制度が存続する結果になっているようである。
 核家族を単位とした「イエ」制度の是非はともかくとして、この形態が婚姻の障害になることだけは間違いない。男性も女性も自分の実家の名字を残そうと考え、かつ夫婦別姓を認めないのであれば、結果的に結婚を諦めざるを得ない人が一定数出てくることは容易に想像できる。
 この傾向が続けば、シングルマザーが増えない限り、日本の少子化は食い止められないことになる。

 - 社会

  関連記事

watanabejunichi
作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去 …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

dna
ゲノム研究の進展が切り開く?病気に対する総合的アプローチ

 ゲノム関連の研究が進んでいることで、病気に対する新しいアプローチ方法が見え始め …

toriinflu
鳥インフル感染者は何故か長江デルタ地域だけ。拭えない中国当局による情報隠ぺい疑惑

 中国で鳥インフルエンザ(H7N9)の感染が徐々に拡大してきている。4日9日には …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

kakusaoecd
OECDが世界の格差に関する報告書を発表。日本の課題は所得の再分配機能

 OECD(経済協力開発機構)は2015年5月21日に発表した格差に関する報告書 …

okawasho
三陸沖地震のニュース速報。絶叫するNHKのアナウンサーに、疑問の声が噴出

 7日17時18分ごろ、東北地方でマグニチュード7.3の比較的強い地震が発生した …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …