ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出てきている。2月15日の米ウォール・ストリート・ジャーナルには、日本の自動車メーカーのKeiretsu(系列)取引を批判する記事が掲載され、関係者の間で話題となっている。

  かつて日本製品が圧倒的な競争力を持っていた80年代から90年代にかけて、米国では日本製品や日本メーカーに対する執拗な政治的攻撃が続いた。日本メーカーは現地生産を進め、米国の雇用を増やすことで、その批判をかわしてきた。

 その後、日本メーカーの相対的な地位が低下したことや、中国や韓国という新しい脅威が生まれたことで、日本メーカーに対する批判はかなり下火になっていた。だがここにきて、トヨタなど一部の日本メーカーの北米販売が絶好調であることから、再び批判の矛先が向くのではないかと警戒する声が上がっているのだ。

 現在、参加の是非をめぐって議論が戦わされているTPPや、米国と欧州での締結が予想される米欧FTAなど、各種自由貿易協定の締結がその流れを加速するかもしれない。
 自由貿易協定をより有利に進めるために、独占禁止法に抵触する可能性があるとして、系列取引がやり玉に上がる可能性があるのだ。

 かつて日本が米国と自動車や半導体について交渉していた時代は、日本には圧倒的な競争力があり、交渉である程度の妥協を強いられても、大きく損はしないという確証があった。だが日本をとりまく環境は激変しており、日本メーカーにはかつてのような競争力はない。このような状況で日本製品が政治的なターゲットになった場合には、一方的な損失になってしまう。
 また日本には米国と交渉材料にするタマもほとんど持ち合わせていない。日本メーカーに対する政治的な攻撃が再開された場合には、日本は防戦一方の状況を強いられるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

frbieren201407
FRBがとうとう量的緩和を終了。米国経済は完全復活し、今後の焦点は金利へ

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年7月9日、6月のFOMC(連邦公開市場 …

b3837
中国機がとうとう領空侵犯。領海侵入と領空侵犯は根本的に意味が違う!

 中国国家海洋局の航空機1機が13日、尖閣諸島南約15キロの日本の領空を侵犯し、 …

chansonteku
粛正された北朝鮮No2チャン・ソンテク氏の連行場面は、わざわざ撮影された?

 北朝鮮のナンバー2であった張成沢(チャンソンテク)国防委員会副委員長が粛正され …

nenkin02
欧州で再び年金制度改革が議論に。日本がのんびりしているのは外圧がないから?

 債務問題を抱える欧州で年金制度を見直す動きが再び活発になってきている。フランス …

nakatani
安保法制をめぐってはやくも不毛な議論。「昭和」の時代は続く

 今国会で審議が始まる安全保障関連法案をめぐって、早くも不毛なやり取りが行われて …

kuroda
黒田日銀総裁候補が衆院で所信。滑り出しとしては満点に近いか?

 日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は3月4日、衆院議院運営委員会での所信 …

abenaikaku
いよいよ安倍内閣が発足。閣僚人事を見れば政権運営の方向性が見えてくる

 衆議院は26日、午後の本会議において自民党の安倍総裁を首相に指名した。参院本会 …

netaniyafugikai
ネタニヤフ首相が共和党の招きで議会演説。オバマ大統領は会談拒否

 イスラエルのネタニヤフ首相は2015年3月3日、米議会で演説し、オバマ政権が進 …

no image
タックスヘイブン(租税回避地)に対する包囲網が狭まる

 ジャージー島やマン島など、英国領の租税回避地(タックスヘイブン)が米国との租税 …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …