ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出てきている。2月15日の米ウォール・ストリート・ジャーナルには、日本の自動車メーカーのKeiretsu(系列)取引を批判する記事が掲載され、関係者の間で話題となっている。

  かつて日本製品が圧倒的な競争力を持っていた80年代から90年代にかけて、米国では日本製品や日本メーカーに対する執拗な政治的攻撃が続いた。日本メーカーは現地生産を進め、米国の雇用を増やすことで、その批判をかわしてきた。

 その後、日本メーカーの相対的な地位が低下したことや、中国や韓国という新しい脅威が生まれたことで、日本メーカーに対する批判はかなり下火になっていた。だがここにきて、トヨタなど一部の日本メーカーの北米販売が絶好調であることから、再び批判の矛先が向くのではないかと警戒する声が上がっているのだ。

 現在、参加の是非をめぐって議論が戦わされているTPPや、米国と欧州での締結が予想される米欧FTAなど、各種自由貿易協定の締結がその流れを加速するかもしれない。
 自由貿易協定をより有利に進めるために、独占禁止法に抵触する可能性があるとして、系列取引がやり玉に上がる可能性があるのだ。

 かつて日本が米国と自動車や半導体について交渉していた時代は、日本には圧倒的な競争力があり、交渉である程度の妥協を強いられても、大きく損はしないという確証があった。だが日本をとりまく環境は激変しており、日本メーカーにはかつてのような競争力はない。このような状況で日本製品が政治的なターゲットになった場合には、一方的な損失になってしまう。
 また日本には米国と交渉材料にするタマもほとんど持ち合わせていない。日本メーカーに対する政治的な攻撃が再開された場合には、日本は防戦一方の状況を強いられるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

nodae02
政府が公務員の年金特権待遇を維持する法案を閣議決定。臨時国会で成立予定

 政府は、2日の閣議で国家公務員の退職金を引き下げる法案と、新たな年金加算制度を …

renesasu
政府救済のルネサス決算。1万人のリストラは決めたが、事業面の進捗はゼロ

 経営危機が表面化し、産業革新機構などによる支援が決定している半導体大手ルネサス …

abe20141030
与党内から年内解散論が浮上。野党に対する牽制か、今度は本気か?

 与党内部で年内解散論が囁かれている。背景には女性閣僚のダブル辞任による支持率の …

titanic2
タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船 …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

beikokuoil
原油価格が世界経済停滞を懸念して一時90ドル割れ。日本への影響はマイナスが大きい?

 ニューヨークの原油先物価格が約1年5カ月ぶりに一時90ドルを割り込んだ。世界経 …

kosakukiki
1月の機械受注は反動で大幅増。全体にブレが大きくなりトレンドが不明確に

 内閣府は2014年3月13日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

izumigaden
エイベックスによるJASRAC離脱。独占が崩れるきっかけになるか?

 長年にわたって日本の音楽著作権管理を行ってきた日本音楽著作権協会(JASRAC …