ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アマゾン・ジャパンの売上高公表で明らかになった、日本のネット通販市場の限界

 

 米アマゾン・ドット・コムは2012年12月期の日本での売上高が78億ドル(約7300億円)に達したことを明らかにした。同社はこれまで海外売上げについては国別の数値を公表していなかった。

 アマゾンの国内売上高はネット通販としては最大規模となる。ネット通販大手の楽天は手数料収入が売上げとなるが、アマゾンの場合は商品の販売代金がすべて売上げに計上されるため、数字が大きくなる。楽天の流通総額は約1兆4000億円なので、取扱高という意味では楽天の方がアマゾンを上回る。

 ちなみに、スーパー大手のセブン&アイ・ホールディングスの直近の売上げは約4兆8000億円、イオンは約5兆2000億円である。アマゾンと楽天を合わせると2兆円になり、全国各地に巨大店舗を持つ大手スーパーと比較できる水準になってきたことが分かる。

 一見すると、今後、日本ではネット通販がさらに躍進するかのようだが、米国や中国など海外に目を向けると、必ずしもそうではないことが分かってくる。
 北米アマゾンの売上げは約348億ドル(約3兆2700億円)で楽天の2.3倍の規模。だが小売大手のウォールマートは37兆円も売上げがあり、日本の大手スーパーとは比較にならないレベルだ。ネット通販がリアルに追いつくのだとすると、北米のアマゾンはまだ10倍の成長余地があることになる。
 これに対して日本の大手スーパーは完全に売上げが頭打ちになっている。楽天やアマゾン(ジャパン)が今後も成長するにしても、大手スーパーを追い抜いてさらに拡大を続けることは考えにくい。つまり楽天やアマゾンも日本では売上げがそろそろ頭打ちになりつつあることを意味している。

 ちなみに、中国ネット通販大手のアリババ・グループの取扱高は約13兆円。また利用者のプロフィールは圧倒的に20代、30代が多く、今後の成長余地が極めて大きい。楽天は各年齢層がまんべんなく分布しており、逆にいうと今後の成長余地が乏しい(本誌記事「中国最大のECサイト「アリババ」と「楽天」を比較して分かること」参照)。

 小売店の業績は、最終的にはその国のGDP成長に収れんしてくる。インターネットといえどもその法則には勝てない。経済成長が止まってしまった日本では限界があるのだ。日本のネット通販業界は、縮小市場でパイの奪い合いをするのか、海外市場に打って出るのかの二者択一を迫られている。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

kikaiinsatu
設備投資の先行指標である機械受注が大幅減。7~9月期のGDPは大丈夫か?

 内閣府は2015年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

uknuclear
英国の原発事業に中国が過半数の出資。日本の原発メーカーの戦略にも影響?

 英国と中国は10月17日、英国に建設する次世代原発の運営企業に中国が過半数の出 …

legoburokku
レゴが素材の脱石油化を決断できる理由は、ズバリ高収益体質

 デンマークの玩具世界大手レゴグループは、主力商品のレゴブロックの素材を従来の石 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …

bouekitoukei 201507
貿易赤字は4カ月連続だが、赤字幅は縮小均衡。しばらくこの状態が続く?

 財務省は2015年8月17日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …