ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アマゾン・ジャパンの売上高公表で明らかになった、日本のネット通販市場の限界

 

 米アマゾン・ドット・コムは2012年12月期の日本での売上高が78億ドル(約7300億円)に達したことを明らかにした。同社はこれまで海外売上げについては国別の数値を公表していなかった。

 アマゾンの国内売上高はネット通販としては最大規模となる。ネット通販大手の楽天は手数料収入が売上げとなるが、アマゾンの場合は商品の販売代金がすべて売上げに計上されるため、数字が大きくなる。楽天の流通総額は約1兆4000億円なので、取扱高という意味では楽天の方がアマゾンを上回る。

 ちなみに、スーパー大手のセブン&アイ・ホールディングスの直近の売上げは約4兆8000億円、イオンは約5兆2000億円である。アマゾンと楽天を合わせると2兆円になり、全国各地に巨大店舗を持つ大手スーパーと比較できる水準になってきたことが分かる。

 一見すると、今後、日本ではネット通販がさらに躍進するかのようだが、米国や中国など海外に目を向けると、必ずしもそうではないことが分かってくる。
 北米アマゾンの売上げは約348億ドル(約3兆2700億円)で楽天の2.3倍の規模。だが小売大手のウォールマートは37兆円も売上げがあり、日本の大手スーパーとは比較にならないレベルだ。ネット通販がリアルに追いつくのだとすると、北米のアマゾンはまだ10倍の成長余地があることになる。
 これに対して日本の大手スーパーは完全に売上げが頭打ちになっている。楽天やアマゾン(ジャパン)が今後も成長するにしても、大手スーパーを追い抜いてさらに拡大を続けることは考えにくい。つまり楽天やアマゾンも日本では売上げがそろそろ頭打ちになりつつあることを意味している。

 ちなみに、中国ネット通販大手のアリババ・グループの取扱高は約13兆円。また利用者のプロフィールは圧倒的に20代、30代が多く、今後の成長余地が極めて大きい。楽天は各年齢層がまんべんなく分布しており、逆にいうと今後の成長余地が乏しい(本誌記事「中国最大のECサイト「アリババ」と「楽天」を比較して分かること」参照)。

 小売店の業績は、最終的にはその国のGDP成長に収れんしてくる。インターネットといえどもその法則には勝てない。経済成長が止まってしまった日本では限界があるのだ。日本のネット通販業界は、縮小市場でパイの奪い合いをするのか、海外市場に打って出るのかの二者択一を迫られている。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

trumporder
トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言 …

amari02
波紋を呼ぶ消費税還元セール禁止法案。政府がゴリ押しする真意は?

 政府が消費税還元セールの実施を禁止する法案を衆議院に提出したことについて、小売 …

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

mitsubishi20160421
三菱グループは大丈夫?自動車は3度目の不正隠し、重工では納入延期と連続火災

 三菱自動車は2016年4月20日、同社の軽自動車において燃費データを改ざんして …

ieren
次期FRB議長はイエレン氏。総じて高評価だが、リベラルな面を危惧する声も

 オバマ米大統領は、来年1月で退任するバーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長 …

bukkajoushou
1月の消費者物価指数。円安が一服したら物価上昇も鈍化

 総務省は2014年2月28日、2014年1月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …