ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有のバランスを見直す(写真はドイツ連銀に保管されている金)。

 ドイツ連銀の金準備は3400トンと米国次いで世界2番目の水準となっている。だが金の98%は国外に保管されており、国外保有の金が適切に管理されていないと批判を受けていた。
 ドイツ連銀では国外に偏った金保有のバランスの見直しを開始しており、すでにイングランド銀行(英国の中央銀行)に保管されていた金900トンを国内に戻している。

 英国保管の金に加えて、米国とフランスにある金を国内に戻すことで、最終的には50%の金をドイツ国内で保管する。具体的な金輸送の詳細は明らかにしていないが、2020年までの間に、ニューヨークからフランクフルトに300トン、またパリからフランクフルトに374トンを段階的に輸送するという。
 最終的に、ドイツ国内は1036トンから1710トン(約50%)に、ニューヨークは1536トンから1236トン(約37%)に、パリは374トンからゼロに、英国は450トン(約13%)のままということになる。

 今回ドイツが金保有のバランスを見直すのは国内の政治情勢への対応が大きい。ドイツが金を国外保管したのは東西冷戦に備えるためといわれてきたが、それは表向きの理由にすぎない。実際には、圧倒的な経済力を背景にしたドイツの貿易黒字のいわば「人質」として、国外に金を拠出させられたという側面が強い。そこには敗戦国としての立場の弱さが反映されている(本誌記事「ドイツでNY連銀に保管されている金塊について疑念の声が高まる」参照)。

 現在ドイツはユーロの盟主であり、経済だけでなく政治的にも欧州全体を支える立場になっている。ドイツ国内では、ギリシャやスペインの救済でドイツは負担ばかりさせられているという雰囲気が強い。金の国内保有はドイツの国際的地位が極めて高くなったことに加え、国内世論にメルケル政権が配慮した結果と考えられる。

 ちなみに、これまで金を保管してきた米国や英国は、金については徹底的な秘密主義を貫いている。日本が保有するほぼすべての金塊もニューヨーク連銀が保管しているが、具体的にどこにどのような形で保管されているのか米国は明かしていない。このことが、「実際には金は存在しないのではないか?」という陰謀論を引き起こす原因にもなっている。

 ドイツ政府が、米国や英国に対して金の保管状況を説明させることができ、一部は自国に移送できるという事実は、ドイツの政治的立場が非常に高くなっていることを象徴しているといえるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

amarikaiken
甘利経財相に金銭疑惑が浮上。永田町の潮目が変わったとの見方も

 安倍政権の屋台骨に「政治とカネ」の問題が浮上した。国会が始まったばかりであり、 …

sozeikaihilist
国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表

 国際的な脱税や各国要人・富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリ …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …

no image
維新の会の経済政策が徐々に明らかに。大阪はこうなる!

 次期衆院選の準備を進める大阪維新の会の経済政策がその姿を見せつつある。  Ne …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

no image
なぜか報道されないスペインの国家分裂危機。支援を要請できないのにはワケがあった

 米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、スペインの国際 …

lawsonmitsubishi
資源価格下落で巨額赤字を抱える三菱商事がローソンを子会社化する事情

 三菱商事は2016年9月16日、コンビニ大手のローソンを子会社化すると発表した …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …