ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有のバランスを見直す(写真はドイツ連銀に保管されている金)。

 ドイツ連銀の金準備は3400トンと米国次いで世界2番目の水準となっている。だが金の98%は国外に保管されており、国外保有の金が適切に管理されていないと批判を受けていた。
 ドイツ連銀では国外に偏った金保有のバランスの見直しを開始しており、すでにイングランド銀行(英国の中央銀行)に保管されていた金900トンを国内に戻している。

 英国保管の金に加えて、米国とフランスにある金を国内に戻すことで、最終的には50%の金をドイツ国内で保管する。具体的な金輸送の詳細は明らかにしていないが、2020年までの間に、ニューヨークからフランクフルトに300トン、またパリからフランクフルトに374トンを段階的に輸送するという。
 最終的に、ドイツ国内は1036トンから1710トン(約50%)に、ニューヨークは1536トンから1236トン(約37%)に、パリは374トンからゼロに、英国は450トン(約13%)のままということになる。

 今回ドイツが金保有のバランスを見直すのは国内の政治情勢への対応が大きい。ドイツが金を国外保管したのは東西冷戦に備えるためといわれてきたが、それは表向きの理由にすぎない。実際には、圧倒的な経済力を背景にしたドイツの貿易黒字のいわば「人質」として、国外に金を拠出させられたという側面が強い。そこには敗戦国としての立場の弱さが反映されている(本誌記事「ドイツでNY連銀に保管されている金塊について疑念の声が高まる」参照)。

 現在ドイツはユーロの盟主であり、経済だけでなく政治的にも欧州全体を支える立場になっている。ドイツ国内では、ギリシャやスペインの救済でドイツは負担ばかりさせられているという雰囲気が強い。金の国内保有はドイツの国際的地位が極めて高くなったことに加え、国内世論にメルケル政権が配慮した結果と考えられる。

 ちなみに、これまで金を保管してきた米国や英国は、金については徹底的な秘密主義を貫いている。日本が保有するほぼすべての金塊もニューヨーク連銀が保管しているが、具体的にどこにどのような形で保管されているのか米国は明かしていない。このことが、「実際には金は存在しないのではないか?」という陰謀論を引き起こす原因にもなっている。

 ドイツ政府が、米国や英国に対して金の保管状況を説明させることができ、一部は自国に移送できるという事実は、ドイツの政治的立場が非常に高くなっていることを象徴しているといえるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

no image
殺人エレベータ?シンドラー社製でまた死亡事故。前回の教訓で社長はとりあえず謝った

 金沢市の「アパホテル金沢駅前」で31日午後、エレベーターに挟まれてパート清掃員 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

pentagon
米国防総省がサイバー攻撃能力を強化。だが実態は既存システムの防御で手一杯

 米国防総省は、コンピュータ・システムを使った軍事活動を行う「サイバー司令部」を …

apple02
アップルの四半期決算。原価率の上昇が続き減益だが、下げ止まり感も

 米アップルは7月23日、2013年4~6月期決算を発表した。売上高は前年同期比 …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …