ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが、特許使用料の面からも日本の空洞化が明らかになってきている。

 日本は昨年から貿易赤字体質がほぼ定着した状態となっている。企業の価格競争力低下で輸出が伸び悩んでいることや東日本大震災の影響でエネルギーの輸入が増加したからである。

 日本はこれまで製品を海外に輸出した儲け、つまり貿易黒字でメシを食ってきた。90年代以降、日本は毎年10兆円程度の貿易黒字を確保しており、これが日本の富の源泉となっていた。
 だが一方で、コンテンツや知的ビジネスなどの収支を表すサービス収支については、2兆円程度の赤字が毎年一貫して続いてきた。

 経済産業省では、貿易黒字依存の体質から脱却するため、アニメをはじめとするコンテンツ輸出振興策などを掲げてきたが、どれもうまくいっていない。だが唯一の例外がある。それは特許使用料である。多くのサービス分野で赤字が続く中、特許使用料の収支は近年黒字に転じており、その額も増加している。2012年の特許使用料などに関する収支は9500億円程度の黒字になる見込みだ。

 一見喜ばしいデータに見えるが、残念なことにこれにはウラがある。特許収入の内訳を見てみると、収入のほとんどがが、海外に進出した現地子会社から受け取る特許料となっている。つまり、産業の空洞化に伴いアジアに進取した日本企業が現地法人を設立し、日本の本社に特許料を支払っているのだ。つまり単なる社内取引であり、実際に利益が出ているというわけではない。

 日本においてサービス産業の活性化がうまくいかなったのは、リストラなど痛みを伴う改革を多くの国民が望まなかったからである。サービス収支の改善は難しいと分かってきたのか、最近は再び製造業を復活させようとの声が大きくなってきている。
 だが競争力を失った分野を再び活性化させることは極めて難しい。競争力を付けるには最終的には競争するしか方法がないからだ。つまり、弱体化した企業は容赦なく市場から退出させる荒療治を行わないと競争力を回復することはできないのである。

 貿易収支が赤字に転落した今、残された時間は少ない。このまま衰退の道を歩むのか、痛みを伴う競争力強化策を受け入れるのか、日本人は選択しなければならない。

 - 政治, 経済

  関連記事

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

newvaio
ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資 …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …

frbieren201407
FRBがとうとう量的緩和を終了。米国経済は完全復活し、今後の焦点は金利へ

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年7月9日、6月のFOMC(連邦公開市場 …

baxter2
あなたの仕事は大丈夫か?ロボットに置き換わる仕事リストの衝撃!

 どのような職種がロボットに置き換わるのかを予想したオックスフォード大学の研究レ …

no image
想定外のウォン高進行で、韓国経済が総崩になる兆候。

 これまで好調に推移してきた韓国経済が総崩れになる可能性が出てきた。原因は急速に …