ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが、特許使用料の面からも日本の空洞化が明らかになってきている。

 日本は昨年から貿易赤字体質がほぼ定着した状態となっている。企業の価格競争力低下で輸出が伸び悩んでいることや東日本大震災の影響でエネルギーの輸入が増加したからである。

 日本はこれまで製品を海外に輸出した儲け、つまり貿易黒字でメシを食ってきた。90年代以降、日本は毎年10兆円程度の貿易黒字を確保しており、これが日本の富の源泉となっていた。
 だが一方で、コンテンツや知的ビジネスなどの収支を表すサービス収支については、2兆円程度の赤字が毎年一貫して続いてきた。

 経済産業省では、貿易黒字依存の体質から脱却するため、アニメをはじめとするコンテンツ輸出振興策などを掲げてきたが、どれもうまくいっていない。だが唯一の例外がある。それは特許使用料である。多くのサービス分野で赤字が続く中、特許使用料の収支は近年黒字に転じており、その額も増加している。2012年の特許使用料などに関する収支は9500億円程度の黒字になる見込みだ。

 一見喜ばしいデータに見えるが、残念なことにこれにはウラがある。特許収入の内訳を見てみると、収入のほとんどがが、海外に進出した現地子会社から受け取る特許料となっている。つまり、産業の空洞化に伴いアジアに進取した日本企業が現地法人を設立し、日本の本社に特許料を支払っているのだ。つまり単なる社内取引であり、実際に利益が出ているというわけではない。

 日本においてサービス産業の活性化がうまくいかなったのは、リストラなど痛みを伴う改革を多くの国民が望まなかったからである。サービス収支の改善は難しいと分かってきたのか、最近は再び製造業を復活させようとの声が大きくなってきている。
 だが競争力を失った分野を再び活性化させることは極めて難しい。競争力を付けるには最終的には競争するしか方法がないからだ。つまり、弱体化した企業は容赦なく市場から退出させる荒療治を行わないと競争力を回復することはできないのである。

 貿易収支が赤字に転落した今、残された時間は少ない。このまま衰退の道を歩むのか、痛みを伴う競争力強化策を受け入れるのか、日本人は選択しなければならない。

 - 政治, 経済

  関連記事

usakoyoutoukei201312
米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このとこ …

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

komatsu
コマツの中間決算を見れば分かる、世界経済の動向と今後の課題

 世界景気、特に新興国の投資需要の減衰が顕著になってきている。先進国では米国が堅 …

businessphone01
職場で電話を取りたがらない若者急増中。だが世代間ギャップの話にするのは危険

 最近、会社内において電話を取れない(取らない)若手社員が増えているという。デジ …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …

38north
北朝鮮がミサイル発射の可能性。交渉材料として寧辺の核施設が浮上

 米韓に対する挑発行使を続けている北朝鮮が、警告なしでミサイルを発射する可能性が …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

ishiba
安倍首相は政権運営に自信満々?ガス抜きとしての党内人事や内閣改造も不必要

 自民党は9月17日、役員会を開催し、今月末に任期が切れる石破幹事長ら党三役を続 …