ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン世帯全体の収入と支出は前の年を上回ったが、単身者の世帯では大きく減少していることがわかった。

 サラリーマン世帯の平均実収入は、月平均47万円で前年に比べ1.2%の増加となった。このうち二人以上の世帯の収入は前年比1.1%の増加だが、単身者の世帯は収入は前年に比べて-1.3%の減少となっている。
 二人以上の世帯でも、世帯主の収入はほぼ横ばいなのに対して、配偶者の収入は10.5%もの増加となっている。つまりこれまで働いていなかった配偶者が働き出したり、労働時間を増やしたことで家計収入が増えたという図式である。

 これまで単身世帯と二人以上の世帯では、支出の増減について同じ傾向を示していた。
 二人以上の世帯の収入が増えるときには、割合こそ異なるものの、単身世帯の収入も増えていたのである。だが今回の調査結果では、これが変化している。来年以降の結果を見ないと確かなことは言えないが、日本の家庭ににおける働き方に根本的な変化が起こり始めた可能性があるのだ。

 それは働く夫と専業主婦というシステムが崩壊してきたということを意味している。日本はバブル崩壊後の失われた20年で、国際的な競争力をすっかり失ってしまった。今後も日本経済が大きく成長する可能性は少なく、所得の増加は望めない。
 専業主婦という家族形態が成立したのは、高度経済成長というエンジンがあればこそだ。現在の日本は家族全員で働かないと食べていけない経済水準にまで落ち込んでしまったのである。

 昨年、厚生年金と健康保険の適用拡大が決まり、年収105万円以上で厚生年金と健康保険に加入しなければならなくなった(これまでは130万円以上)。当初は、保険料の支払いを避けるため、仕事を減らす主婦が増えると見られていた。だがこの調査結果を見る限り、必ずしもそうではない状況であることが推察される。

 日本は確実に貧しくなってきており、好むと好まざるとに関わらず、女性が社会進出しないと、食べていけない国になってきているのだ。女性の社会進出は価値観の問題ではなく、現実的、経済的要請であることを前提に制度設計を行う必要がありそうだ。日本から専業主婦が消える日も近い。

 - 社会, 経済

  関連記事

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

stap20140409
小保方氏が初の記者会見。なぜデータの差し替えを行ったのか?

 STAP細胞の論文について不正があると指摘されている問題で、研究の中心人物であ …

cardinal obrien
セックス・スキャンダルに揺れる英国カトリックの大司教が辞任。法王選挙にも参加できず

 英国カトリック教会のトップであるオブライエン枢機卿が2月25日、スコットランド …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

googlecar01
Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。  同社は8月に、 …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

kokusaishushi201401
1月の経常収支は予想通り大幅赤字。アベノミクスに徐々に変化の兆し

 財務省は2014年3月10日、2014年1月の国際収支を発表した。最終的な国の …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …