ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン世帯全体の収入と支出は前の年を上回ったが、単身者の世帯では大きく減少していることがわかった。

 サラリーマン世帯の平均実収入は、月平均47万円で前年に比べ1.2%の増加となった。このうち二人以上の世帯の収入は前年比1.1%の増加だが、単身者の世帯は収入は前年に比べて-1.3%の減少となっている。
 二人以上の世帯でも、世帯主の収入はほぼ横ばいなのに対して、配偶者の収入は10.5%もの増加となっている。つまりこれまで働いていなかった配偶者が働き出したり、労働時間を増やしたことで家計収入が増えたという図式である。

 これまで単身世帯と二人以上の世帯では、支出の増減について同じ傾向を示していた。
 二人以上の世帯の収入が増えるときには、割合こそ異なるものの、単身世帯の収入も増えていたのである。だが今回の調査結果では、これが変化している。来年以降の結果を見ないと確かなことは言えないが、日本の家庭ににおける働き方に根本的な変化が起こり始めた可能性があるのだ。

 それは働く夫と専業主婦というシステムが崩壊してきたということを意味している。日本はバブル崩壊後の失われた20年で、国際的な競争力をすっかり失ってしまった。今後も日本経済が大きく成長する可能性は少なく、所得の増加は望めない。
 専業主婦という家族形態が成立したのは、高度経済成長というエンジンがあればこそだ。現在の日本は家族全員で働かないと食べていけない経済水準にまで落ち込んでしまったのである。

 昨年、厚生年金と健康保険の適用拡大が決まり、年収105万円以上で厚生年金と健康保険に加入しなければならなくなった(これまでは130万円以上)。当初は、保険料の支払いを避けるため、仕事を減らす主婦が増えると見られていた。だがこの調査結果を見る限り、必ずしもそうではない状況であることが推察される。

 日本は確実に貧しくなってきており、好むと好まざるとに関わらず、女性が社会進出しないと、食べていけない国になってきているのだ。女性の社会進出は価値観の問題ではなく、現実的、経済的要請であることを前提に制度設計を行う必要がありそうだ。日本から専業主婦が消える日も近い。

 - 社会, 経済

  関連記事

no image
税収上振れで1兆5000億円近い剰余金。使い道をめぐって攻防が激化?

 財務省は2014年7月3日、2013年度決算概要を発表した。それによると、一般 …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

inseki
ロシアの隕石落下地点は、かつて大事故を起こした核施設のすぐ近くだった

 ロシアのウラル地方に落下した隕石は、広範囲にわたって被害をもたらし、負傷者は1 …

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

swissnb
スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

imf201501
IMFが2015年の世界経済見通しを発表。米国だけが大幅上方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年1月20日、世界経済見通しを発表した。201 …

economistataranai
10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表 …

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

joseikourei
日本女性は再び長寿世界1位に。今後は寿命の「長さ」ではなく「質」にも目を向けるべき

 厚生労働省は7月25日、日本人の平均寿命に関する最新の調査結果を発表した。20 …