ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

円安なのに輸出が増えない!Jカーブ効果というが本当なのか?

 

 財務省が20日発表した1月の貿易収支は1兆6294億円の赤字となり、単月の赤字額 としては過去最大となった。原発の稼働停止でエネルギー輸入が増加していることに加えて、大幅な円安で全体の輸入額が膨らんだことが主な要因。

 当たり前のことだが、円安になると輸入価格が上昇し、貿易赤字が増加する。一方輸出には有利になるので、その効果は相殺されるはずだ。だが貿易統計の結果を見る限り、輸入価格だけが上昇し、輸出価格は上がっていないことになる。つまり日本は円安のメリットをまったく受けていないのだ。

 もちろんこれに対しては教科書的な模範解答がある。「Jカーブ効果」と呼ばれるものである。為替レートが変動した際、その効果が表れるまでには時間がかかるため、タイムラグが生じることを指す。グラフがJの形を描くようにして効果が表れることからその名が付いた。
 Jカーブ効果の理論によれば、円安によって価格競争力が付き、輸出の数量が増えるまでには時間がかかるが、やがて輸出も増え、貿易赤字も一段落することになる。

 だが果たしてそうだろうか?もちろん円安によってある程度の輸出量の増加は見込めるだろう。だが足元では、それ以上に輸出量の減少が続いており、円安の効果を相殺してしまう可能性が出てきているのだ。

 日本の中国向け輸出は1年間で10%以上、欧州向けの輸出は15%以上減少している。欧州と中国の不振がこのまま続けば、円安の効果はすべて吹っ飛んでしまうことになる。輸出が減少している理由は欧州経済と中国経済の不調にある。もしそうであれば、欧州と中国の景気が回復すれば輸出は元に戻るはずだ。
 だが輸出の減少は、必ずしもそれだけが原因とは限らない。日本製品の競争力低下という根本的な問題である。付加価値の低い製品は価格以外に勝負する点がないので、為替が安くなれば、そのまま競争力の強化につながる。
 だが日本は「技術力」で勝負する「ものづくりの国」ということになっている。技術力で勝負する付加価値の高い製品は、為替よりも製品そのものの魅力で売上げが決まる。欧州向け、中国向けの輸出減少は、日本製品の競争力低下もその原因のひとつになっているのだとすると、為替が安くなっても輸出額は増えないことになる。

 Jカーブ効果が表れるのは半年から1年後といわれる。今年後半あたりにはこの問題の答えは出ていることになるだろう。もし輸出が増えていないようなら、アベノミクスは、円安にして物価を上げ、赤字を増やしただけという結果に終わってしまう。

 - 経済

  関連記事

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

usakoyoutoukei201412
11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者 …

usakoyoutoukei201312
米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このとこ …

kokusaishushi201410
国際収支は円安による投資収益の拡大で改善傾向。日本は成熟国への道を歩む

 日本の国際収支が円安によって改善してきた。期待されていた輸出の回復によるもので …

shalegas
米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?

 東京電力は6日、米国産の安価なシェールガスを年間200万トン確保したと発表した …

arevagenpatsu
フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?

 経営危機に陥っているフランスの国営原子力企業アレバ社に対する中国の資本参加が取 …

trumphonhai
鴻海が米国に巨大な液晶パネル工場を建設。ソフトバンク孫社長の仲介が功奏?

 シャープを買収した台湾の鴻海精密工業は2017年1月22日、米国に液晶パネルの …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …

nihonkeizai02
4~6月期のGDPは予想外に個人消費が健闘。持続的な拡大局面に入れるのか?

 内閣府は2017年8月14日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …