ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が米国訪問に出発。日本側だけが大はしゃぎで米国側は無関心

 

 安倍首相は21日夕方、オバマ大統領との首脳会談を行うため、政府専用機で首都ワシントンに向けて出発した。日米首脳会談は日本時間23日未明、ホワイトハウスで行われる予定。首相には岸田外相も同行し、日米外相会談も実施される。

 今回の訪問は安倍首相が米国側に強く要望して実現したものである。首相は出発前、記者団に対し「揺らいでいた日米同盟の絆が戻ったことを強く内外に示す首脳会談にしたい」と意気込みを語った。
 だがオバマ大統領の日本に対する関心は薄く、米政府全体としてもアジア戦略の基本は中国政策という認識だ。安倍首相の意気込みとは裏腹に、今回の会談は、日米共通のテーマについて確認し、意見交換を行う程度のものになりそうだ。

 安倍首相は、今回の会談において、日米同盟の絆を内外に示し、尖閣問題で対立する中国への牽制球にしたい考えだ。またTPPの参加条件についてオバマ大統領に直接意向を確認するとしている。

 だが肝心のオバマ大統領があまり乗り気ではない。米国の最大の関心事は中国との直接交渉であり、日本がいたずらに中国と対立することはまったく望んでいないのだ。またTPPは米国の政界ではほとんど話題になっておらず、日本への輸出に利害関係を持つ一部の業界団体が要望しているレベルのテーマにすぎない。加えてTPPについては、日本政府はすでに交渉参加を前提に実務を開始しており、米国にしてみればすでに決着した話である。

 オバマ大統領は日本側とは特に話し合うべきテーマがないことから、首脳会談の必要性そのものを疑問視していたといわれる。日程がこれほど後にずれ込んだのもそのためである。
 渋る米国に対して、日米同盟の結束をアピールし、TPPへのお墨付きが欲しい日本側が、無理に頼み込んでいるというのが、今回の首脳会談の実態である。
 おそらく米国側からは形式的なステートメントが出されるだけで大きなアクションはないだろう。帰国後、安倍首相だけが日米首脳会談の成果を強調するという状況になりそうである。

 - 政治

  関連記事

chinahodokan00
尖閣問題に関する玄葉外相の寄稿に中国女性報道官が反論。だが意外にもボロを出した

 尖閣諸島問題で中国にいいように振り回されてきた日本政府だが、久しぶりに中国側を …

hongkongdemo02
香港の民主化デモがすべての拠点で収束。3年後の長官選挙への影響は未知数

 香港の民主活動家や学生らが民主的な選挙を要求して行った抗議活動が収束した。20 …

amiteji
歴史認識問題について日本に自制を求めるアーミテージ氏の発言をどう解釈すべきか?

 米国のアーミテージ元国務副長官が東京都内で自民党幹部と会談し、歴史認識問題に関 …

obamaindo
オバマ大統領がインドの共和国式典に主賓として参加したことの意味

 オバマ米大統領は2015年1月25日、インドを訪問しモディ首相と首脳会談を行っ …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …

trump201603
指名獲得に近づいたトランプ候補。驚くべきことに、政策をよく見るとオバマ政権にそっくり

 米大統領選における序盤のヤマ場といわれるスーパーチューズデーで、共和党のトラン …

shuinhonkaigi
衆院でマイナンバー法案が可決。喜んでいるのは国税庁とIT業界だけ?

 衆議院は5月9日、本会議において共通番号(マイナンバー)法案を与党、民主党など …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

rig
シェールガス開発の是非をめぐってフランスが迷走。日本が学ぶべき点は多い

 フランスのモントブール生産回復相は2014年1月29日、フランスでは全面禁止さ …