ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

女性の賃金が過去最高を更新したのは、皮肉にも日本が貧しくなっているから

 

 厚生労働省は21日、賃金構造基本統計調査の結果を発表した。それによると、2012年の女性の平均賃金は前年比0.5%増の月額23万3100円となり、2年連続で過去最高を更新した。また男女間の賃金格差も過去最小に縮まった。

 一般的なマスコミ報道では、女性の社会進出が進んだことで、男女格差が縮まったとしており、女性の活用によってデフレ脱却をめざすアベノミクスを後押しするとしている。だが調査結果全体を見ると、単純に女性の社会進出が進んだと見るのは早計だ。

 確かに女性の賃金は一貫して上昇を続けている。だが男女間の賃金の格差はかなり大きい。月額23万3100円の女性に対して男性は32万9000円と1.4倍もある。また女性と男性の賃金格差が急激に縮小してきたのは、日本経済の低迷がより深刻化してきた2000年以降のことである。

 現在、日本の名目GDPは470兆円ほどだが、この数値は20年間ほぼ変わっていない。一方、米国や欧州など諸外国は、20年間でGDPを1.5倍以上に成長させている。日本はこの20年で相対的に30%近く貧しくなっているのである。

 男性の賃金は2001年にピークを付けて以降、減少傾向が続いている。つまり女性の賃金が上昇したのは、日本が貧しくなり、より安い労働力である女性の雇用を増やしているだけなのだ。また2001年には年齢別の賃金分布はかなり緩やかな形状(年齢による賃金格差が少ない)だったが、2012年では50代の賃金水準が突出して高い尖った形状に変化している。

 要するに中高年男性の賃金を維持するために、若い人の雇用や賃金を犠牲にし、より安い労働力として女性を活用したというのが真実の姿である。
 日本はアベノミクスが掲げる前向きな意味での女性活用ではなく、貧しさゆえの女性活用が進んでいることになる。本当の意味で男女格差をなくすためには、競争環境を促進し、経済成長を実現することと、非効率な雇用の偏りを解消することが重要である。だが残念なことにアベノミクスでは、その視点はあまり重要視されていない。

 - 社会, 経済

  関連記事

doragi201710
ECBが量的緩和策の大幅縮小で出口戦略へ。日銀も撤退を余儀なくされる?

 ECB(欧州中央銀行)は2017年10月26日に開催された理事会で量的緩和策の …

gendergap2014
世界男女平等ランキング。これまで下位をうろついていたフランスが順位を上げた理由

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは2014年10月28日、世界男女平等ラ …

bukkajoushou
消費者物価指数はじわじわ上昇。GDP成長は来年も物価上昇を上回ることができるのか?

 総務省は7月26日、6月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

boyscout
米国のボーイスカウトで同性愛者の入団拒否めぐる議論が紛糾

 同性愛者をめぐる扱いをめぐって、米国のボーイスカウト団体が揺れている。米国ボー …

abeicshiba201409
地方創世の具体策検討開始。だが基本戦略でコンセンサスは得られているのか?

 政府は2014年9月19日、地方創世について有識者の意見を集める「まち・ひと・ …

jack ma
アリババが上場後初の決算を発表。市場拡大を取り込み業績は順調

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2014年11月4日、2014年7~ …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …