ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

働きがいのある米国の会社ベスト10に毎年ランク入りする会社ってどんな会社?

 

 米Fortune社は2013年1月、「従業員にとって働きやすい会社ランキング100社」を発表した。1位は昨年に引き続いて検索エンジン大手のGoogleであった。2位は統計ソフトのSAS、3位はヘルスケアのCHG Healthcareであった。

 Fortune社のこのランキングは16年前から行われているが、ランキングは毎年かなり入れ替わっている。
 だがその中で5年間ベスト10をキープしている会社が3社ある。今回1位だったGoogle、企業向けのデータストレージサービスを提供しているNetApp、そしてニューヨーク郊外を拠点とするスーパーのWegmans Food Marketsだ。

 Googleはユニークなオフィスがあちこちで紹介されているので、知っている人も多いかもしれない。
 食堂やカフェがすべて無料なのは世界共通で、最近出来たスイスの新しいオフィスでは、滑り台を設置、上の階から滑って下の階に降りてくることもできるという。他にもボーリング場が併設されていたり、各種のゲーム機、中には眉毛を整えるサービス(もちろん無料)を備えたオフィスもある。

 NetAppはかつての社名をネットワークアプライアンスといい、IT業界では以前から有名な会社だ。社員のパフォーマンスを的確に評価し、給料に反映させるシステムや、社員からの要望をキメ細かく吸い上げる仕組みが評価されている。

 IT系の会社は業務の性質上、ある程度自由な職場環境を構築しやすく、こういったランキングでは上位に入りやすい。だがWegmans Food Marketsは食品スーパーという意外な業界である。
 同社はニューヨーク郊外を中心に米国東部に約70店舗を展開するグルメ系のスーパーである。同社は同属経営でトップと従業員の距離が近く、失敗を許容する社風が特徴といわれる。社員の健康を重視しており、2000人以上の社員が禁煙プログラムに参加したほか、健康ホットラインも設置したという。

 毎年のランキングに登場する各社の業種や業態、規模は様々であり、特定の傾向というものはない。だがひとつだけ各社に共通の要素がある。高付加価値のビジネスであるという点だ。つまり付加価値の高いビジネスでなければ高い利益を上げることはできず、社員への還元も難しいということである。
 そのためには厳しい競争に勝ち抜かなければならない。Googleは世界最高の職場環境を提供しているが、それでも同社を辞める人は後を絶たない。成果に対するプレッシャーが尋常なレベルではないからだ。
 ラクができて、働きやすい職場というのは、少なくとも米国には存在しないようだ。

 - 経済

  関連記事

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

machikado
景気の現状分析。アベノミクスは個人消費を刺激しているが、製造業は依然厳しい状況

 アベノミクスによる株高で日本経済に対する期待感が広がっているが、足元の景気の実 …

amazon
アマゾン・ジャパンの売上高公表で明らかになった、日本のネット通販市場の限界

 米アマゾン・ドット・コムは2012年12月期の日本での売上高が78億ドル(約7 …

tosho002
日経平均2万円超え。その理由は?今後も株高は継続するのか?

 日経平均株価がとうとう2万円の大台を超えた。2015年4月10日の東京株式市場 …

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

oecd02
OECDの世界経済見通し。日本は好調だが10兆円の景気対策による影響が大きいと指摘

 経済協力開発機構(OECD)は5月29日、2013年の世界経済見通しを発表した …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …