ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アフリカのマリが第二のイラク、アフガンに?マリ軍への移管ができず仏軍が苦慮

 

 イスラム武装勢力の追討を目指してフランスが介入したアフリカのマリ共和国において、同国が第二のイラクやアフガニスタンになる懸念が出てきている。

 マリ北部最大の都市ガオで10日、2日連続で自爆攻撃が発生した。その後、イスラム過激派組織が警察本部近くの建物を占拠し、マリ軍兵士と銃撃戦になった。
 当初フランス軍は、マリ軍主体との基本方針から傍観しているだけであったが、マリ軍が次第に統率力をなくしてきたことから、直接介入に踏み切った。
 フランス軍の精鋭部隊が投入され、過激派組織を攻撃するとともに、ヘリコプターの出動要請を行い、最終的には警察署と付近の施設を爆撃したという。

 フランスはあくまでマリ軍の支援という立場を前提にしている。このため、イスラム武装勢力に占拠されていた北部の街を開放する際も、マリ軍に行進させ、その様子をTV放映させる措置をとっていた。だが実際には、武力攻撃のほとんどをフランス軍が実施しており、マリ軍は今のところその水準に達していない。

 フランス軍はマリ軍兵士を教育し、自力で治安維持ができるまで支援するとしている。当初の作戦は大成功を収めるものの、現地兵士への移譲が進まず、ゲリラ的な攻撃に苦慮するというのは、まさに米国がイラクやアフガニスタンで経験してきたことそのものである。今回のガオでの戦闘は、フランスも米国と同様の苦難に直面する可能性があることを示唆している。

 イスラム勢力に対する介入は、はるか昔から超大国が苦慮しているテーマである。古くは100年ほど前、英国は現在のイラクを統治すべく、様々な策を講じた(英国の工作員である「アラビアのロレンス」の話は有名)が、手強い反英運動に悩まされることになった。
 英国から米国に覇権が移ってからは、米国が英国と同じ轍を踏んでいる。またアフガニスタンには米国よりの介入よりはるか以前に、旧ソ連が介入を実施しているが、激しいゲリラ戦に悩まされ、結局アフガニスタンからは撤退した。

 マリは、イラクやアフガニスタンに比べれれば介入や統治がしやすいと考えられる。だがフランスの国力を考えると、それほどたやすくマリ軍への移譲が完了するかどうかは不透明だ。フランスはマリ統治における最初の関門に差し掛かっている。

 - 政治

  関連記事

nichigin04
マイナス金利の影響がじわじわと消費者に波及。投信手数料引き上げや年金減額も

 マイナス金利の消費者への転嫁がじわじわと進んでいる。普通預金の口座にマイナス金 …

capitolhill
米財政問題に関する与野党合意が成立。政府機関閉鎖は完全に回避へ

 米国議会の超党派協議会は2013年12月10日、2014年度(2013年10月 …

romarosiakaidan
ローマ法王とロシア正教トップが1000年ぶりの会談。米国とロシアの仲介が狙い?

 カトリック教会のフランシスコ法王は2016年2月12日、ロシア正教会のトップで …

shukimpeigermany
中国が安心して「日本はドイツに見習え」と主張できるようになった理由

 中国の習近平国家主席が、ドイツ訪問をきっかけに「日本はドイツを見習え」という趣 …

chunankai
胡錦濤氏が江沢民氏を中南海から追放。中国の権力中枢「中南海」とは?

 中国共産党指導者の執務室が集中する北京の中南海から、江沢民前国家主席が自身の個 …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

rodman
NBAの著名選手が北朝鮮を訪問。かつてのピンポン外交の復活か?

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の強豪チーム、シカゴ・ブルズで活躍したデ …

koizumisinjiro
選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員 …

obamaairforce1
オバマ大統領が来日。その後は韓国、マレーシア、フィリピンを訪問

 米国のオバマ大統領は2014年4月23日、国賓として日本を訪問する。滞在は25 …