ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アフリカのマリが第二のイラク、アフガンに?マリ軍への移管ができず仏軍が苦慮

 

 イスラム武装勢力の追討を目指してフランスが介入したアフリカのマリ共和国において、同国が第二のイラクやアフガニスタンになる懸念が出てきている。

 マリ北部最大の都市ガオで10日、2日連続で自爆攻撃が発生した。その後、イスラム過激派組織が警察本部近くの建物を占拠し、マリ軍兵士と銃撃戦になった。
 当初フランス軍は、マリ軍主体との基本方針から傍観しているだけであったが、マリ軍が次第に統率力をなくしてきたことから、直接介入に踏み切った。
 フランス軍の精鋭部隊が投入され、過激派組織を攻撃するとともに、ヘリコプターの出動要請を行い、最終的には警察署と付近の施設を爆撃したという。

 フランスはあくまでマリ軍の支援という立場を前提にしている。このため、イスラム武装勢力に占拠されていた北部の街を開放する際も、マリ軍に行進させ、その様子をTV放映させる措置をとっていた。だが実際には、武力攻撃のほとんどをフランス軍が実施しており、マリ軍は今のところその水準に達していない。

 フランス軍はマリ軍兵士を教育し、自力で治安維持ができるまで支援するとしている。当初の作戦は大成功を収めるものの、現地兵士への移譲が進まず、ゲリラ的な攻撃に苦慮するというのは、まさに米国がイラクやアフガニスタンで経験してきたことそのものである。今回のガオでの戦闘は、フランスも米国と同様の苦難に直面する可能性があることを示唆している。

 イスラム勢力に対する介入は、はるか昔から超大国が苦慮しているテーマである。古くは100年ほど前、英国は現在のイラクを統治すべく、様々な策を講じた(英国の工作員である「アラビアのロレンス」の話は有名)が、手強い反英運動に悩まされることになった。
 英国から米国に覇権が移ってからは、米国が英国と同じ轍を踏んでいる。またアフガニスタンには米国よりの介入よりはるか以前に、旧ソ連が介入を実施しているが、激しいゲリラ戦に悩まされ、結局アフガニスタンからは撤退した。

 マリは、イラクやアフガニスタンに比べれれば介入や統治がしやすいと考えられる。だがフランスの国力を考えると、それほどたやすくマリ軍への移譲が完了するかどうかは不透明だ。フランスはマリ統治における最初の関門に差し掛かっている。

 - 政治

  関連記事

nichushunou
日中首脳会談で関係改善を確認。背景には安倍首相の訪米と議会演説

 安倍首相は2015年4月22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記 …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

usakoyoutoukei201505
5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このと …

lagard
IMFのラガルド専務理事が仏当局から家宅捜索と事情聴取。またもや権力闘争か?

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事がフランスの司法当局から、フランス経済 …

kusuri02
混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適 …

boukusikibetuken
飛行計画提出をめぐって日米で温度差。だが問題の本質はそこではないはずだ

 中国の防空識別圏設定に対する民間航空会社の対応をめぐって、日米政府の対応が分か …

romuni
ロムニー候補の支持率が急上昇した背景に、イスラエルロビーの猛プッシュあり

 米大統領選の共和党候補、ロムニー前マサチューセッツ州知事の支持率がTV討論会を …

hageshukinpei201404
中国要人がヘーゲル国防長官の日本での発言に不快感を表明

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月7日、日本に引き続いて中国を訪問し、習近 …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …