ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

森元首相がプーチン大統領と会談。北方領土問題における「引き分け」の真意とは?

 

 森喜朗元首相は21日、安倍首相の特使としてロシアを訪問しプーチン大統領と会談した。プーチン氏は日ロ関係について「平和 条約がないことは異常な事態だ」と述べ、領土問題の解決に前向きな姿勢を示した。またプーチン氏は、大型連休前後で調整している安倍首相のロシア訪問について歓迎の意向を示した。

 北方領土問題についてプーチン氏は、昨年の大統領選における自身の再選をきっかけに「引き分け」という言葉を使って、前向きに処理する意向があることを日本側に伝えていた。今回の森氏の訪ロもその延長線上にある。

 プーチン氏は「引き分け」という言葉の真意について「双方受け入れ可能な解決策だ」と説明 したという。日本ではその内容をめぐっていろいろな説が飛び交っているが、プーチン氏が意図しているのはズバリ、歯舞、色丹の2島返還である。
 日本はこれまで一貫して4島一括返還を主張してきたことから交渉は頓挫していたが、プーチン氏は「部分返還なら交渉に応じる用意がある」とサインを出したというわけである。
 森氏は個人的な意見として「3島返還という選択肢もある」としている。歯舞、色丹は面積が小さく、面積比で引き分けなら、国後島を含めた3島が妥当という意味である。

 プーチン氏が歩み寄りの姿勢を見せている背景には、中国の台頭、資源外交、日米安保の弱体化の3つがある。
 ロシアと日本は地政学的に利害が相反することが多く、完全に同盟国になれる関係ではない。だが中国が必要以上にアジア地域で台頭することはロシアは望んでいない。当初から米国と日本の同盟関係にはヒビを入れたいと考えているロシアとしては、日米同盟が揺らいでいる今はチャンスと捉えている。

 さらにここにきて日本側に有利になってきているのが、天然資源をめぐる国際情勢である。当初はエネルギー調達の多様化を進めたい日本が不利な立場だったが、米国産の安価なシェールガスの登場はその状況を大きく変えた。ロシアはむしろ日本側に天然ガスを売り込まなければならない立場になりつつある。日本側としての交渉を進めるタイミングは今しかないだろう。

 ただ日本国内には4島一括返還にこだわる声も大きい。プーチン大統領の中では4島一括返還という選択肢はゼロであり、日本がこれに固執すれば交渉は決裂する可能性が高い。4島一括返還にこだわるポーズを見せつつ、3島を落とし所にできればゲームとしては上出来だろう。だが、日本国内の世論がそれを許すかどうかは不透明だ。
 ともかく、停滞していた日ロ交渉が再び動き始めたことは間違いない。日ロ交渉の行方は、日中関係、日米関係に少なくない影響を与えることになる。日本人の「政治力」が試されている。

 - 政治

  関連記事

joshi
大国インドが中国を牽制。南シナ海に海軍を派遣することを検討中

 南シナ海での中国の動きに対して、大国インドが牽制球を投げた。インド海軍のジョシ …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

futenma
とうとう動き出す?普天間基地の辺野古移設。背後にカジノ誘致との噂

 沖縄県を地盤とする自民党の国会議員5人が11月25日、米軍普天間飛行場の辺野古 …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

abekaiken
安倍政権が閣議決定で憲法解釈見直しを行う理由とその影響

 安倍首相は2014年2月20日の衆院予算委員会において、集団的自衛権の行使容認 …

maruhi
特定秘密保護法案に関する日本人の何ともお粗末な議論

 政府は10月4日、特定秘密保護法案に関するパブリックコメントの結果を公表した。 …

hosokawakoizumi
細川元首相が都知事選に出馬表明。その後の政局にばかり焦点が当たる奇妙な選挙に

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選において、細川護熙元首相が立候補を表明し …

masudahiroya
東京の税収を地方に強制分配せよと主張していた増田氏の立候補で、東京はどうなる?

 東京都知事選挙に増田寛也元総務相が立候補を表明したことで、東京都の税収が地方に …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …