ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アベノミクスによる株高はいつまで続くのか?もしバブルだというならこんなレベルじゃない

 

 アベノミクスによる株高に証券市場は沸いている。経済誌などでは「本格的な上昇相場の到来」といった前向きな論調が誌面を飾っているが、一方で、「アベノミクスによる株高はバブルではないのか?」といった株価上昇を警戒する声も目立つようになってきている。

 今回の円安、株高がいつまで続くのかは誰にも分からない。だが、ひとついえることは、もし今回の株高が本格的な上昇相場だというなら、数ヶ月という短期間で相場が終了することはないという事実である。

 大型相場やバブルという言葉がそもそもあいまいなので、何をもって大相場やバブルとするのかは定かではないが、単純に株価が大幅に高騰したことを持ってそう呼ぶなら、日本には戦後の歴史上4回の大型相場がある(戦前を含めるともっと多い)。
 
 もっとも最近の大型相場は、2003年を基点とする株価上昇である。小泉政権における構造改革への期待と、絶好調の米国経済を背景にした相場は、リーマンショックが発生する直前の2007年まで4年間継続した。日経平均はその間、約2倍に上昇し、金融危機で国有化寸前といわれたみずほフィナンシャルグループの株価は20倍近くにもなった。

 これよりもさらに大型の株価上昇は、誰もが知る80年代のバブル経済を反映した相場である。1896年1月に1万3000円だった日経平均は、1989年12月には4万円に迫る3万8000円台まで約3倍に上昇した。さらに過去に遡れば、いざなぎ景気の株価上昇や岩戸景気の株価上昇などがあるが、どれも日経平均は2倍から3倍に上昇している。

 重要なのは相場が継続する期間である。どの大型相場もだいたい3年~4年にわたっており、時代によってあまり違いはない。つまり時代が変わっても相場の本質はあまり変化しておらず、期間は3年以上、日経平均は2倍~3倍になるのが大型相場なのだ。

 その点からすると、今回の株価上昇がスタートしたのは昨年の11月であり、わずか3ヶ月しか経過していない。しかも日経平均についても25%上昇したに過ぎない。少なくともバブル崩壊の危険を云々する段階でないことだけは確かだ。
 過去には数ヶ月で2割程度の上昇し、その後あっけなく下落したケースは無数にある。もし今回の相場が近く息切れするようなら、よくある株価循環に過ぎないということになる。もしそうだとするなら特段、大騒ぎするような話ではない。

 - 経済

  関連記事

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

tokyowan
政府が来年度の経済成長見通しを発表。公共事業の実質削減で成長も鈍化

 政府は2013年12月21日、来年度の経済成長見通しを発表した。物価の変動を考 …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …

googleio2015
グーグルがスマホ向けの新OSを公開。人工知能が強化され、利用者の状況把握がさらに進展

 米グーグルは2015年5月28日、スマホ向け基本ソフトの新製品である「アンドロ …

kokusaishushi201303
日本の経常収支。マスコミ報道では「黒字激減」だが、足元の状況は少し異なる

 財務省は5月10日、3月の国際収支を発表した。貿易収支は2194億円の赤字だが …

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …