ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アベノミクスによる株高はいつまで続くのか?もしバブルだというならこんなレベルじゃない

 

 アベノミクスによる株高に証券市場は沸いている。経済誌などでは「本格的な上昇相場の到来」といった前向きな論調が誌面を飾っているが、一方で、「アベノミクスによる株高はバブルではないのか?」といった株価上昇を警戒する声も目立つようになってきている。

 今回の円安、株高がいつまで続くのかは誰にも分からない。だが、ひとついえることは、もし今回の株高が本格的な上昇相場だというなら、数ヶ月という短期間で相場が終了することはないという事実である。

 大型相場やバブルという言葉がそもそもあいまいなので、何をもって大相場やバブルとするのかは定かではないが、単純に株価が大幅に高騰したことを持ってそう呼ぶなら、日本には戦後の歴史上4回の大型相場がある(戦前を含めるともっと多い)。
 
 もっとも最近の大型相場は、2003年を基点とする株価上昇である。小泉政権における構造改革への期待と、絶好調の米国経済を背景にした相場は、リーマンショックが発生する直前の2007年まで4年間継続した。日経平均はその間、約2倍に上昇し、金融危機で国有化寸前といわれたみずほフィナンシャルグループの株価は20倍近くにもなった。

 これよりもさらに大型の株価上昇は、誰もが知る80年代のバブル経済を反映した相場である。1896年1月に1万3000円だった日経平均は、1989年12月には4万円に迫る3万8000円台まで約3倍に上昇した。さらに過去に遡れば、いざなぎ景気の株価上昇や岩戸景気の株価上昇などがあるが、どれも日経平均は2倍から3倍に上昇している。

 重要なのは相場が継続する期間である。どの大型相場もだいたい3年~4年にわたっており、時代によってあまり違いはない。つまり時代が変わっても相場の本質はあまり変化しておらず、期間は3年以上、日経平均は2倍~3倍になるのが大型相場なのだ。

 その点からすると、今回の株価上昇がスタートしたのは昨年の11月であり、わずか3ヶ月しか経過していない。しかも日経平均についても25%上昇したに過ぎない。少なくともバブル崩壊の危険を云々する段階でないことだけは確かだ。
 過去には数ヶ月で2割程度の上昇し、その後あっけなく下落したケースは無数にある。もし今回の相場が近く息切れするようなら、よくある株価循環に過ぎないということになる。もしそうだとするなら特段、大騒ぎするような話ではない。

 - 経済

  関連記事

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

toshiba03
東芝が来期の業績予想を発表。不正会計問題に加えて経営危機説も

 不正会計問題が指摘されている東芝は2015年12月21日、これまで公表を延期し …

nichigin
資金循環統計を見れば、アベノミクスでお金がどう動いたのかが分かる

 日銀は2014年3月25日、2013年10~12月期の資金循環統計を発表した。 …

alibaba
アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3 …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …

indo
新興国の通貨や株価が大暴落。緩和縮小開始までの投機的な動きか?

 インドやタイ、マレーシアといった新興国の通貨や株式の下落が激しくなっている。イ …