ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アベノミクスによる株高はいつまで続くのか?もしバブルだというならこんなレベルじゃない

 

 アベノミクスによる株高に証券市場は沸いている。経済誌などでは「本格的な上昇相場の到来」といった前向きな論調が誌面を飾っているが、一方で、「アベノミクスによる株高はバブルではないのか?」といった株価上昇を警戒する声も目立つようになってきている。

 今回の円安、株高がいつまで続くのかは誰にも分からない。だが、ひとついえることは、もし今回の株高が本格的な上昇相場だというなら、数ヶ月という短期間で相場が終了することはないという事実である。

 大型相場やバブルという言葉がそもそもあいまいなので、何をもって大相場やバブルとするのかは定かではないが、単純に株価が大幅に高騰したことを持ってそう呼ぶなら、日本には戦後の歴史上4回の大型相場がある(戦前を含めるともっと多い)。
 
 もっとも最近の大型相場は、2003年を基点とする株価上昇である。小泉政権における構造改革への期待と、絶好調の米国経済を背景にした相場は、リーマンショックが発生する直前の2007年まで4年間継続した。日経平均はその間、約2倍に上昇し、金融危機で国有化寸前といわれたみずほフィナンシャルグループの株価は20倍近くにもなった。

 これよりもさらに大型の株価上昇は、誰もが知る80年代のバブル経済を反映した相場である。1896年1月に1万3000円だった日経平均は、1989年12月には4万円に迫る3万8000円台まで約3倍に上昇した。さらに過去に遡れば、いざなぎ景気の株価上昇や岩戸景気の株価上昇などがあるが、どれも日経平均は2倍から3倍に上昇している。

 重要なのは相場が継続する期間である。どの大型相場もだいたい3年~4年にわたっており、時代によってあまり違いはない。つまり時代が変わっても相場の本質はあまり変化しておらず、期間は3年以上、日経平均は2倍~3倍になるのが大型相場なのだ。

 その点からすると、今回の株価上昇がスタートしたのは昨年の11月であり、わずか3ヶ月しか経過していない。しかも日経平均についても25%上昇したに過ぎない。少なくともバブル崩壊の危険を云々する段階でないことだけは確かだ。
 過去には数ヶ月で2割程度の上昇し、その後あっけなく下落したケースは無数にある。もし今回の相場が近く息切れするようなら、よくある株価循環に過ぎないということになる。もしそうだとするなら特段、大騒ぎするような話ではない。

 - 経済

  関連記事

oecd201311
OECDが世界経済見通しを下方修正。米国への依存度高まる。日本は来年以降失速

 OECD(経済協力開発機構)は11月19日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

bananki
バーナンキ議長の議会証言。量的緩和縮小は既定路線になったと解釈すべき

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は7月17日、米議会で証言を行った …

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

furunreport
中国版フォーブスと呼ばれる最新の長者番付。米国の資産家の水準に近づく

 中国の民間調査会社である胡潤研究院は、中国の大富豪ランキングである「胡潤百富( …

no image
インテルとクアルコムがシャープに出資?事実だとしてもインパクトは小さい

 出所不明の情報が跳梁跋扈するシャープ周辺からまた奇妙なニュースが飛び込んできた …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …