ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会談に同席した後、米国のケリー国務長官と外相会談を行った。

 日本側は今回の訪米において、尖閣諸島問題に対する米国からの支持を取り付けたいとの意向を持って会談に臨んでいた。
 だが二期目を迎えたオバマ政権は、基本的に中国との対話路線を進めており、日本と中国の緊張が高まることを快く思っていない。またクリントン前国務長官と異なり、ケリー国務長官は親中国派の政治家であり、日本に対する発言内容が注目されていた。

 外相会談に先立ってケリー長官は、日本が中国の挑発行為に自制的な対応を取ったことについて「評価している」と語ったが、尖閣問題についてはそれ以上の言及はなかった。
 岸田外相は、その後の外相会談において、1月に行われた日米外相会談でクリントン前国務長官が「日本の施政権を一方的に害するいかなる行為にも反対する」と表明したことに謝意を表明、日本への協力を求めたとしている。だが、尖閣諸島問題についてケリー長官から具体的にどのような発言があったのかは不明なままである。

 基本的に米国は、日本の領有権を認めるつもりはなく、日本の施政権のみを認めるという従来からの事務的な見解を踏襲している。米国は日本と中国の緊張が高まることを望んでおらず、中国の挑発に対して日本側が強硬措置を取ることについて快く思っていない。ケリー長官の「自制的な対応を評価する」という発言も、その延長線上にあると考えてよいだろう。
 逆にいうと、日本が中国側を刺激する行為を行わないようクギを刺したとも解釈することができ、もしそうだとすると、日本側はこれ以上中国には強硬に出られないことになる。

 安倍政権は夏の参院選を控えており、政治的な論争を呼ぶ事態は避けたいと考えている。尖閣諸島問題については、中国側の挑発がエスカレートしない限り、しばらくの間は棚上げになる可能性が高くなってきた。

 - 政治

  関連記事

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

iijima03
飯島氏訪朝に対して米国はとりあえず静観の構え。米国のホンネはどこにあるのか?

 北朝鮮メディアによると、北朝鮮を訪問中の飯島勲内閣官房参与は15日、北朝鮮労働 …

rikokkyou
中国が公式のジニ係数を発表。中国の格差がもっと激しいのはもはや周知の事実

 中国国家統計局は18日、2012年のGDPの発表と合わせて、国民の所得格差を示 …

pakucongress
日本を批判したとされる朴槿恵大統領の議会演説はどう解釈すべきか?

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月8日、上下両院の合同会議で演説した。前日のオバ …

nitigin
安倍氏が日銀法改正に言及。今の日銀法に変えたのは自民党だって覚えてますか?

 自民党の安倍総裁は15日都内で講演を行い、マイナス金利について言及したうえで「 …

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

electionsakimono00
米大統領選、いよいよ今夜投票開始。選挙先物市場ではオバマ勝利を予測

 米大統領選挙の投票が、いよいよ日本時間の今夜から始まる。明日の午後には体勢が判 …

2+2kaiken02
日米2+2閣僚会合は、ポスト戦後時代が現実にスタートしたことの象徴

 日米両政府は10月3日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2 …

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …