ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会談に同席した後、米国のケリー国務長官と外相会談を行った。

 日本側は今回の訪米において、尖閣諸島問題に対する米国からの支持を取り付けたいとの意向を持って会談に臨んでいた。
 だが二期目を迎えたオバマ政権は、基本的に中国との対話路線を進めており、日本と中国の緊張が高まることを快く思っていない。またクリントン前国務長官と異なり、ケリー国務長官は親中国派の政治家であり、日本に対する発言内容が注目されていた。

 外相会談に先立ってケリー長官は、日本が中国の挑発行為に自制的な対応を取ったことについて「評価している」と語ったが、尖閣問題についてはそれ以上の言及はなかった。
 岸田外相は、その後の外相会談において、1月に行われた日米外相会談でクリントン前国務長官が「日本の施政権を一方的に害するいかなる行為にも反対する」と表明したことに謝意を表明、日本への協力を求めたとしている。だが、尖閣諸島問題についてケリー長官から具体的にどのような発言があったのかは不明なままである。

 基本的に米国は、日本の領有権を認めるつもりはなく、日本の施政権のみを認めるという従来からの事務的な見解を踏襲している。米国は日本と中国の緊張が高まることを望んでおらず、中国の挑発に対して日本側が強硬措置を取ることについて快く思っていない。ケリー長官の「自制的な対応を評価する」という発言も、その延長線上にあると考えてよいだろう。
 逆にいうと、日本が中国側を刺激する行為を行わないようクギを刺したとも解釈することができ、もしそうだとすると、日本側はこれ以上中国には強硬に出られないことになる。

 安倍政権は夏の参院選を控えており、政治的な論争を呼ぶ事態は避けたいと考えている。尖閣諸島問題については、中国側の挑発がエスカレートしない限り、しばらくの間は棚上げになる可能性が高くなってきた。

 - 政治

  関連記事

jiminzeiseikaisei201412
税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦 …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

kankokugenpatu02
韓国の原子力産業に暗雲。相次ぐ原発トラブルと米韓交渉決裂で再処理も不可能に

 韓国で再び原子力発電所のトラブルが発生している。慶州市にある新月城原発1号機が …

abeobama
夕食会も出迎えもなし。日米首脳会談で見せ付けられた日本軽視の厳しい現実

 米国を訪問した安倍首相は、日本時間23日未明(現地時間22日午後)、オバマ米大 …

no image
実は橋下氏ただ1人が孤立していた?第3極の大同団結をめぐるゴタゴタ

 太陽の党を率いる石原慎太郎氏と日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は16日午前、衆 …

hasimoto2
橋下氏が自民憲法草案に懸念表明。今こそ議論すべき「法の支配」と「法による支配」の違い

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は5月12日、自民党の憲法改正草案について …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

abenaikaku3ji20151007
第3次安倍改造内閣が正式発足。人事の主な狙いは?

 安倍首相は2015年10月7日、内閣改造を実施し、第3時安倍改造内閣が正式に発 …