ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

TPPに対して満額回答だというマスコミ報道は果たして本当なのか?

 

 日米首脳会談を終え、安倍政権はTPPへの参加問題について「関税撤廃の例外品目が認められる可能性が確認できた」として、交渉参加に一気に舵を切る意向を示している。

 だが今回の日米首脳会談を俯瞰的に眺めてみると、日本側と米国側の距離があまりにも大きく、日米の信頼関係が深刻なレベルにまで低下していることが浮き彫りになっている。

 日本ではTPP問題が日米関係の主要テーマであるとの認識が一般的だが、実は米国側はほとんど関心を持っていない。米国にとっては無数にある経済協定のひとつであり、日本に対して輸出したい企業が関心を持っているだけの限定的な政治テーマだ。

 今回の日米首脳会談は、渋る米国に対して、日本側が頼み込んで実現させたものである。オバマ大統領は当初、会談の目的がはっきりないとして会談そのものに難色を示していた。
 そもそも多国間交渉であるTPPの例外品目の有無について米国大統領に確認するということ自体がスジ違いであり、「お墨付き」を求められたオバマ大統領もさぞ当惑したはずだ。その結果、首脳会談後には、目ぼしい成果がまったくない中で、TPPに関する意味不明な共同声明文だけが発表されるという異様な情況となっている。

 TPPに関するその共同声明文も「関税撤廃の例外品目が認められる可能性が確認できた」といえるほどの内容ではない。声明文には「日米両国政府は、最終的な結果は交渉の中で決まっていくものであり、一方的に全ての関税撤廃をあらかじめ約束するよう求められるものではないことを確認する」とだけ記されている。
 これはあくまで一般論を述べたに過ぎず、当たり前のことを記述しているだけである。TPPは多国間交渉であり、米国主導であっても、建前上、米国政府の一存で交渉の見通しなどを示せるはずがないのだ。これをもって「関税撤廃の例外品目が認められる可能性が確認できた」というなら、それこそ茶番劇でしかない。

 要するに、政府としてはTPP参加は最初から決まっている事項なのだ。党内や農業団体などTPPに反対する勢力を納得させる大義名分を得るために、わざわざ米国を訪問し、多忙なオバマ大統領を2時間拘束しただけの話なのである。
 もちろん外交には、互いの国内事情に配慮し、多少の政治的パフォーマンスを許容するという慣習もある。だがこのところの日本側のふるまいはそのレベルをはるかに逸脱している。オバマ大統領はそのことをよく分かっているので、首脳会談そのものに難色を示したのである。

 ワシントンでは、日本は誰が首相になっても責任あるリーダーシップを果たすことができないので、日本と対話しても無駄であるという認識が広まってきている。
 結局、今回も単なる国内問題の処理のために、大統領を利用しただけであり、米側の不快感がさらに高まっている可能性は大きい。こういった細かいレベルでの不信感が積み重なり、やがて大きなレベルでの相互不信になる可能性は決して無視することはできない。
 今回、望まない無意味な首脳会談を押し付けれた米側の対応は、かなり冷淡なものであった(本誌「夕食会も出迎えもなし。日米首脳会談で見せ付けられた日本軽視の厳しい現実」参照)。
 日本のマスメディアには「TPPに満額回答」「日米同盟の絆を再確認」など、不気味なまでに楽観的な見出しが躍っている。日米関係にかなり深刻な亀裂が入っていると懸念している本誌は、果たして心配しすぎなのだろうか?

 - 政治

  関連記事

shudempsey
デンプシー米統合参謀本部議長が習近平氏と会談。米中のアジア戦略交渉がスタート?

 中国の習近平国家主席は4月23日、中国を訪問している米国のデンプシー統合参謀本 …

shukinpeibaeikyu
中台首脳が66年ぶりの歴史的会談へ。だが台湾総統選挙には逆効果?

 中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が2015年11月7日、シンガポールで会 …

abedabos2014
抵抗勢力と徹底的に戦うという安倍首相のスピーチは誰に向けられたものか?

 安倍首相は2014年1月22日、スイスで開かれている世界経済フォーラムの年次総 …

abeaso
安倍政権が消費増税を最終決断。法人減税とセットで理解を得ようとの算段だが・・・

 安倍首相がとうとう消費税の増税を最終決断した。政府内部では消費税増税を前提に景 …

tosho03
公的年金が海外インフラ投資への参入を検討。国内の株式はどうするの?

 日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用指針の …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

macronsousenkyo
フランス総選挙でマクロン新党が圧勝。第六共和政がスタートする?

 フランス国民議会の総選挙が11日に行われ、マクロン大統領が率いる新党「共和国前 …