ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

TPPに対して満額回答だというマスコミ報道は果たして本当なのか?

 

 日米首脳会談を終え、安倍政権はTPPへの参加問題について「関税撤廃の例外品目が認められる可能性が確認できた」として、交渉参加に一気に舵を切る意向を示している。

 だが今回の日米首脳会談を俯瞰的に眺めてみると、日本側と米国側の距離があまりにも大きく、日米の信頼関係が深刻なレベルにまで低下していることが浮き彫りになっている。

 日本ではTPP問題が日米関係の主要テーマであるとの認識が一般的だが、実は米国側はほとんど関心を持っていない。米国にとっては無数にある経済協定のひとつであり、日本に対して輸出したい企業が関心を持っているだけの限定的な政治テーマだ。

 今回の日米首脳会談は、渋る米国に対して、日本側が頼み込んで実現させたものである。オバマ大統領は当初、会談の目的がはっきりないとして会談そのものに難色を示していた。
 そもそも多国間交渉であるTPPの例外品目の有無について米国大統領に確認するということ自体がスジ違いであり、「お墨付き」を求められたオバマ大統領もさぞ当惑したはずだ。その結果、首脳会談後には、目ぼしい成果がまったくない中で、TPPに関する意味不明な共同声明文だけが発表されるという異様な情況となっている。

 TPPに関するその共同声明文も「関税撤廃の例外品目が認められる可能性が確認できた」といえるほどの内容ではない。声明文には「日米両国政府は、最終的な結果は交渉の中で決まっていくものであり、一方的に全ての関税撤廃をあらかじめ約束するよう求められるものではないことを確認する」とだけ記されている。
 これはあくまで一般論を述べたに過ぎず、当たり前のことを記述しているだけである。TPPは多国間交渉であり、米国主導であっても、建前上、米国政府の一存で交渉の見通しなどを示せるはずがないのだ。これをもって「関税撤廃の例外品目が認められる可能性が確認できた」というなら、それこそ茶番劇でしかない。

 要するに、政府としてはTPP参加は最初から決まっている事項なのだ。党内や農業団体などTPPに反対する勢力を納得させる大義名分を得るために、わざわざ米国を訪問し、多忙なオバマ大統領を2時間拘束しただけの話なのである。
 もちろん外交には、互いの国内事情に配慮し、多少の政治的パフォーマンスを許容するという慣習もある。だがこのところの日本側のふるまいはそのレベルをはるかに逸脱している。オバマ大統領はそのことをよく分かっているので、首脳会談そのものに難色を示したのである。

 ワシントンでは、日本は誰が首相になっても責任あるリーダーシップを果たすことができないので、日本と対話しても無駄であるという認識が広まってきている。
 結局、今回も単なる国内問題の処理のために、大統領を利用しただけであり、米側の不快感がさらに高まっている可能性は大きい。こういった細かいレベルでの不信感が積み重なり、やがて大きなレベルでの相互不信になる可能性は決して無視することはできない。
 今回、望まない無意味な首脳会談を押し付けれた米側の対応は、かなり冷淡なものであった(本誌「夕食会も出迎えもなし。日米首脳会談で見せ付けられた日本軽視の厳しい現実」参照)。
 日本のマスメディアには「TPPに満額回答」「日米同盟の絆を再確認」など、不気味なまでに楽観的な見出しが躍っている。日米関係にかなり深刻な亀裂が入っていると懸念している本誌は、果たして心配しすぎなのだろうか?

 - 政治

  関連記事

uiguru
新疆ウイグル自治区で警官とウイグル族住民が衝突。中国政府はテロと説明

 中国国営新華社通信は、中国北西部の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で4月23日 …

deblasio
異人種家族を持つ元左翼活動家がNY市長選に圧勝。アメリカはどこに向かっているのか?

 ブルームバーグ現市長の任期満了に伴うニューヨーク市長選挙が11月5日に実施され …

Ronald Reagan02
横須賀に後継空母の配備が正式決定。日本から空母がいなくなる事態は何とか回避

 米海軍は、神奈川県横須賀基地に配備している第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシン …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

zangyou
働き方改革で政府が残業時間規制を検討。結局はサービス残業増えるだけ?

 政府は長時間残業を是正するため、労働基準法を見直し、一定以上の残業を規制する検 …

darairama
習近平氏の父親はダライ・ラマとマブダチ。だがチベット弾圧姿勢は変わらず?

 中国共産党の次期総書記に内定しているといわれる習近平だが、その父親がチベットの …

nichushuhoukaidan201411
日中首脳会談が2年半ぶりに実現。今後の焦点は米中交渉の行方に

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。日中首脳会談 …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

merukeruputin
プーチン大統領の独裁に抗議してトップレス女が乱入。メルケルは驚いたが本人は余裕

 ドイツを訪問中のプーチン露大統領の前にトップレスの女性が現れ、プーチン大統領の …

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …