ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国外相に温家宝首相に近い王毅氏が内定。日中関係への影響は?

 

 中国の次期外交部長(外務大臣)に、駐日大使の経験のある王毅・国務院台湾事務弁公室主任が内定した。次期外交部長には、張志軍・外務次官の就任が濃厚といわれていたが、状況が大きく変化した模様だ。

 中国では、共産党前総書記であった胡錦濤氏と国務院総理(首相)の温家宝氏を中心とするグループと、現総書記である習近平氏を中心とするグループの間で激しい権力闘争が行われている(本誌記事「完全保存版!中国共産党次期最高幹部7名の素顔と人物相関図」参照)。党の総書記は習近平氏だが、政府トップである国務院総理には、対立派閥である胡錦濤グループから李克強氏が内定している。

 外交部は政府の組織で日本では外務省に相当する。王毅氏は温家宝首相に近いといわれているが、一方の、張志軍氏は習近平グループに属している。張志軍氏は党の対外連絡部(外交や諜報を扱う、党の組織)での経験が長く、王毅氏とは正反対の立場といえる。
 また王毅氏は専門が日本語なのに対して、張志軍氏は英語。現在の外交部長で張志軍氏を推しているといわれる楊潔チ氏も英語組だ。
 つまり胡錦濤グループは日本語組の外交官を推薦し、習近平グループは英語組の外交官を推しているという構図である。

 日本のマスメディアでは、王毅氏が知日派であるとして、日中関係の改善が期待できるという楽観的な論調が目立つ。確かに、太子党(中国共産党幹部の子弟)を支持基盤の一つとする習近平グループには対日強硬派が多く、胡錦濤グループはどちらかというと対話路線重視といえる。また外交部自体も対外協調派が主流だ(外務省はどこの国でもたいていそうである)。
 だがそれは中国の国益と自らの権力闘争を見すえた上でのスタンスであり、安易な期待は禁物だ。

 ただ、今回の安部首相の訪米において、日本はこれ以上中国に対して強硬な態度に出ないよう米国から釘をさされており(本誌記事「岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに」参照)、中国としては高まった日中間の緊張を一旦緩和させる絶好のタイミングともいえる。
 王氏の就任は2月末の党中央委員会総会および3月に開催される全国人民代表大会(全人代、国会に相当する)で正式に承認される。

 - 政治

  関連記事

chenguangbiao
これが本当の成金だ!中国の富豪がニューヨークの慈善活動パフォーマンスで大顰蹙

 中国人の富豪で、派手な慈善活動のパフォーマンスで知られる陳光標氏が、ニューヨー …

futenma
沖縄への基地集中は「差別」という調査結果がもたらす地政学的インパクト

 沖縄県が2012年に実施した県民意識調査において、米軍基地の多くが沖縄に集中し …

boyscout
米国のボーイスカウトで同性愛者の入団拒否めぐる議論が紛糾

 同性愛者をめぐる扱いをめぐって、米国のボーイスカウト団体が揺れている。米国ボー …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

komatsuichiro
憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官 …

no image
中国初の空母、名前は「釣魚島」との噂は本当か?

  近く就航が予定されている中国初の空母に対して、沖縄・尖閣諸 島の中国名である …

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …

ryosinei
香港の民主化を求める抗議活動が拡大中。中国は一歩も引かない構えだが

 香港の選挙制度改革を求める抗議活動が予想外の広がりを見せている。当初、セントラ …

senetereport
CIAの拷問プログラムを開発した心理学者には100億円の報酬。米上院調査報告書

 米上院情報特別委員会は12月9日、米中央情報局(CIA)が同時多発テロ以降、テ …