ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープが鴻海との交渉打ち切り。予想通りで市場関係者に驚きはなし

 

 経営再建中のシャープが、鴻海(ホンハイ)精密工業との出資交渉を打ち切ることになった。シャープの業績悪化による株価低迷や、提携内容での見解の相違から、3月26日という期限内に交渉をまとめるのは難しいと判断した。

 鴻海との交渉が事実上破たんしていることは、関係者の多くが認識しており、最終的な交渉決裂のニュースが出てくるのは時間の問題といわれていた。
 だが交渉決裂をめぐるニュース報道とシャープの対応を見ると、もはやシャープには当事者能力が完全になくなっていることがわかる。市場関係者は今後の同社の行方について、危機感を強めている。

 経営危機が表面化してからというもの、シャープ側から市場に対して明確な説明がなされたことは一度もない。鴻海との交渉決裂も週末というタイミングを狙って、特定のマスメディアがニュースソースがあいまいなまま報道し、シャープ側は一旦否定するという、いつものパターンを繰り返している。

 このような状況は、末期を迎えた企業によく見られるものである。このような事態が発生する理由は2つしかない。会社内部で関係者がそれぞれ勝手に新聞記者に内容を漏らしているか、会社に都合のよくないことは、特定の新聞に書かせて様子を見ようとしているかのどちらかである。どちらにしても、会社のマネジメントがまともにできていない証拠であり、状況は深刻だ。

 シャープは鴻海との提携が流れたことで自力再建しか道がなくなりつつある。2000億円の公募増資という報道も出ているが、この状況で2000億円の増資を引き受ける証券会社が出てくるのかは不透明だ(経営に窮した証券会社なら引き受けるかもしれないが)。
 そうなってくると、再び注目が集まってくるのは、政府による救済である。以前から噂のある企業再生支援機構による出資に加えて、資産買い取り組織を政府が設立することも検討されていることから、政府への資産売却の可能性も出てきている。
 いずれにせよ、政府による救済が実施されれば、甚大なモラルハザードを引き起こすことは確実であり、長い目で見て、日本の製造業にとって大きなマイナス要因となるだろう。

 - 経済

  関連記事

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

icijpanama
パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイ …

pakukuneshukinpei
朴槿恵大統領が中国を訪問し習主席と会談。中韓の親密ぶりが際立つ

 韓国の朴槿恵大統領は6月27日、中国を訪問し習近平国家主席と会談した。両首脳は …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

g20sydney2014
経済成長の数値目標が盛り込まれたG20。アベノミクスにも微妙な影響が出てくる可能性

 豪シドニーで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …

usakoyoutoukei201405
雇用が完全回復しても二極分化が続く米国の状況は、日本の近未来図?

 米労働省は2014年6月6日、5月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

english
政府の有識者会議で英語教育推進の動きが活発に。小学校での正式教科格上げ論も

 政府の有識者会議において英語教育に関する議論が活発になってきている。これまで教 …

bouekitoukei201311
日本の貿易赤字がさらに拡大。だがその主な原因は原発停止ではない

 財務省は12月18日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …