ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープが鴻海との交渉打ち切り。予想通りで市場関係者に驚きはなし

 

 経営再建中のシャープが、鴻海(ホンハイ)精密工業との出資交渉を打ち切ることになった。シャープの業績悪化による株価低迷や、提携内容での見解の相違から、3月26日という期限内に交渉をまとめるのは難しいと判断した。

 鴻海との交渉が事実上破たんしていることは、関係者の多くが認識しており、最終的な交渉決裂のニュースが出てくるのは時間の問題といわれていた。
 だが交渉決裂をめぐるニュース報道とシャープの対応を見ると、もはやシャープには当事者能力が完全になくなっていることがわかる。市場関係者は今後の同社の行方について、危機感を強めている。

 経営危機が表面化してからというもの、シャープ側から市場に対して明確な説明がなされたことは一度もない。鴻海との交渉決裂も週末というタイミングを狙って、特定のマスメディアがニュースソースがあいまいなまま報道し、シャープ側は一旦否定するという、いつものパターンを繰り返している。

 このような状況は、末期を迎えた企業によく見られるものである。このような事態が発生する理由は2つしかない。会社内部で関係者がそれぞれ勝手に新聞記者に内容を漏らしているか、会社に都合のよくないことは、特定の新聞に書かせて様子を見ようとしているかのどちらかである。どちらにしても、会社のマネジメントがまともにできていない証拠であり、状況は深刻だ。

 シャープは鴻海との提携が流れたことで自力再建しか道がなくなりつつある。2000億円の公募増資という報道も出ているが、この状況で2000億円の増資を引き受ける証券会社が出てくるのかは不透明だ(経営に窮した証券会社なら引き受けるかもしれないが)。
 そうなってくると、再び注目が集まってくるのは、政府による救済である。以前から噂のある企業再生支援機構による出資に加えて、資産買い取り組織を政府が設立することも検討されていることから、政府への資産売却の可能性も出てきている。
 いずれにせよ、政府による救済が実施されれば、甚大なモラルハザードを引き起こすことは確実であり、長い目で見て、日本の製造業にとって大きなマイナス要因となるだろう。

 - 経済

  関連記事

et3com01
NY-北京を2時間で結ぶ超高速リニア計画をブチ上げた起業家の拠点はアパートの1室

 米国のベンチャー起業家が、ニューヨークと北京を2時間で結ぶ、夢の超高速鉄道(リ …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …

roadie
ネット・ビジネスは新次元へ。既存事業の「中抜き」が米国で本格化

 次々と新しいネット・ビジネスが登場する米国では、ネットによる既存事業の「中抜き …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

tosho
国債を売って株式へ。日本に対する国際的なマネーの動きに変化が

 日本に対する国際的なお金の流れが変化し始めている。国債を売却して資金を海外に引 …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

appleintelsamusung
アップルがサムスンに見切り?売国奴と呼ばれることを憂慮した強気の交渉がアダに

 アップルのサムスン離れが加速している。米アップルと米インテルが、次世代のiPa …

jutakurone
メガバンク各行が一斉に住宅ローン金利を引き上げ。金融市場に何をもたらすか?

 メガバンク各行が4月に入って住宅ローン金利を一斉に引き上げた。トランプ経済の影 …

goan
欧州で自動車メーカーが軒並みリストラ。欧州危機は一段落だが、実需はボロボロ

  フ ランスの自動車大手ルノーは、2016年までに仏国内の従業員の約17%にあ …