ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープが鴻海との交渉打ち切り。予想通りで市場関係者に驚きはなし

 

 経営再建中のシャープが、鴻海(ホンハイ)精密工業との出資交渉を打ち切ることになった。シャープの業績悪化による株価低迷や、提携内容での見解の相違から、3月26日という期限内に交渉をまとめるのは難しいと判断した。

 鴻海との交渉が事実上破たんしていることは、関係者の多くが認識しており、最終的な交渉決裂のニュースが出てくるのは時間の問題といわれていた。
 だが交渉決裂をめぐるニュース報道とシャープの対応を見ると、もはやシャープには当事者能力が完全になくなっていることがわかる。市場関係者は今後の同社の行方について、危機感を強めている。

 経営危機が表面化してからというもの、シャープ側から市場に対して明確な説明がなされたことは一度もない。鴻海との交渉決裂も週末というタイミングを狙って、特定のマスメディアがニュースソースがあいまいなまま報道し、シャープ側は一旦否定するという、いつものパターンを繰り返している。

 このような状況は、末期を迎えた企業によく見られるものである。このような事態が発生する理由は2つしかない。会社内部で関係者がそれぞれ勝手に新聞記者に内容を漏らしているか、会社に都合のよくないことは、特定の新聞に書かせて様子を見ようとしているかのどちらかである。どちらにしても、会社のマネジメントがまともにできていない証拠であり、状況は深刻だ。

 シャープは鴻海との提携が流れたことで自力再建しか道がなくなりつつある。2000億円の公募増資という報道も出ているが、この状況で2000億円の増資を引き受ける証券会社が出てくるのかは不透明だ(経営に窮した証券会社なら引き受けるかもしれないが)。
 そうなってくると、再び注目が集まってくるのは、政府による救済である。以前から噂のある企業再生支援機構による出資に加えて、資産買い取り組織を政府が設立することも検討されていることから、政府への資産売却の可能性も出てきている。
 いずれにせよ、政府による救済が実施されれば、甚大なモラルハザードを引き起こすことは確実であり、長い目で見て、日本の製造業にとって大きなマイナス要因となるだろう。

 - 経済

  関連記事

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

netflix
ネットワークの負荷を増大させる動画配信サービス。コストは誰が払うのか?

 米オンライン動画配信大手ネットフリックスは、米ケーブルテレビ大手のコムキャスト …

kokusaishushi201402
経常赤字体質への転換を受け、政府は海外資本の誘致に舵を切り始めた

 財務省は2014年4月8日、2014年2月の国際収支を発表した。最終的な国の収 …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

kokusaishushi201406
上期の経常収支が赤字に。経常赤字を前提にした体制の整備が必要

 財務省は2014年8月8日、2014年上半期の国際収支を発表した。最終的な国の …

kokusaishushi201305
5月の国際収支。貿易赤字定着も経常収支プラス維持の傾向が鮮明に

 財務省は7月8日、5月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は5 …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …