ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープが鴻海との交渉打ち切り。予想通りで市場関係者に驚きはなし

 

 経営再建中のシャープが、鴻海(ホンハイ)精密工業との出資交渉を打ち切ることになった。シャープの業績悪化による株価低迷や、提携内容での見解の相違から、3月26日という期限内に交渉をまとめるのは難しいと判断した。

 鴻海との交渉が事実上破たんしていることは、関係者の多くが認識しており、最終的な交渉決裂のニュースが出てくるのは時間の問題といわれていた。
 だが交渉決裂をめぐるニュース報道とシャープの対応を見ると、もはやシャープには当事者能力が完全になくなっていることがわかる。市場関係者は今後の同社の行方について、危機感を強めている。

 経営危機が表面化してからというもの、シャープ側から市場に対して明確な説明がなされたことは一度もない。鴻海との交渉決裂も週末というタイミングを狙って、特定のマスメディアがニュースソースがあいまいなまま報道し、シャープ側は一旦否定するという、いつものパターンを繰り返している。

 このような状況は、末期を迎えた企業によく見られるものである。このような事態が発生する理由は2つしかない。会社内部で関係者がそれぞれ勝手に新聞記者に内容を漏らしているか、会社に都合のよくないことは、特定の新聞に書かせて様子を見ようとしているかのどちらかである。どちらにしても、会社のマネジメントがまともにできていない証拠であり、状況は深刻だ。

 シャープは鴻海との提携が流れたことで自力再建しか道がなくなりつつある。2000億円の公募増資という報道も出ているが、この状況で2000億円の増資を引き受ける証券会社が出てくるのかは不透明だ(経営に窮した証券会社なら引き受けるかもしれないが)。
 そうなってくると、再び注目が集まってくるのは、政府による救済である。以前から噂のある企業再生支援機構による出資に加えて、資産買い取り組織を政府が設立することも検討されていることから、政府への資産売却の可能性も出てきている。
 いずれにせよ、政府による救済が実施されれば、甚大なモラルハザードを引き起こすことは確実であり、長い目で見て、日本の製造業にとって大きなマイナス要因となるだろう。

 - 経済

  関連記事

shachoshitsu
日本企業の役員報酬高額化が進む。だが肝心の業績はお寒い限り・・・

 1億円以上をもらう日本の上場企業の役員数が400人を突破したことが、東京商工リ …

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …

mof02
財務省が物価連動国債を個人にも解禁。足元では金利低下が続いているが・・

 財務省は2014年5月13日、物価連動国債の個人保有を2015年1月から解禁す …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

toshiba03
東芝が決算発表を再度延期。第三者委員会も機能していないことが露呈

 不正会計が問題となっている東芝は2015年8月31日、同日に行う予定だった20 …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …