ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁の黒田東彦(はるひこ)氏を起用する。副総裁は、日銀の中曽宏理事と、インフレターゲット論者で学習院大教授の岩田規久男氏になる見込み。安倍首相は週内にも国会に人事案を提示する。

 黒田氏は財務省出身、榊原英資氏の後任として1999年から2003年まで財務官を務めた。現在はアジア開発銀行総裁であり、国際金融に関する豊富な経験を持つ。

 日銀総裁人事をめぐっては、総裁ポストを奪還したい財務省と、金融緩和路線を強調したい安倍政権との間で駆け引きが行われていた。財務省としては事務次官経験者の武藤敏郎氏の就任を強く求めていたが、政界や市場からの反応はいまひとつ。とにかく総裁のイスを確保することが先決との判断から黒田氏で妥協したと考えられる。
 安倍政権としては、市場や世論に対してある程度説明がつき、財務省にも恩を売れることから、黒田氏が適任と判断した可能性が高い。

  積極的な金融緩和を目指す安倍政権のカラーを演出するのは、副総裁候補の岩田氏ということになる。一方、副総裁のポストを死守することを目指していた日銀としては、日銀出身の中曽理事の就任がきまったことで、とりあえず胸をなでおろしている。

 黒田氏は金融緩和に積極的といわれており、市場もそれを好感している。黒田氏就任のニュースが流れると為替市場は一気に円安に振れた。ただ黒田氏は日銀による外債購入は明確に否定している。また当然のことながら出身母体である財務省の意向を汲む必要もある。実際に総裁としての実務が始まってからは、黒田氏がどの程度安倍政権の意向を反映できるのかは未知数だ。官僚出身の手堅さで、緩和寄りの姿勢を示しつつ、安全運転を行う可能性も高い。

 むしろ、次の金融政策のカギを握るのは、副総裁に就任する岩田氏だ。岩田氏は学者であり、自説であるより積極的な緩和策を主張してくる可能性がある。一方、学者はバックの組織がなく、日銀官僚にコントロールされやすい。副総裁就任後は日銀サイドの意向に忠実になってしまう可能性もある。

 安倍政権は日銀法改正という伝家の宝刀はまだ抜いていないため、ひとまず黒田総裁の運営ぶりを静観することになるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
米大統領選挙戦本格化、スキャンダル合戦始まる

 フロリダ州タンパで共和党大会が開催される。米国はこれから大統領選挙一色になる。 …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

capitolhill
TPAがようやく可決。米議会はなぜ外国との通商権限を持っているのか?

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉に重要な役割を果たす、米国の大統領 …

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

home
米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した …

nichukanfta
日中韓FTA交渉の第2回会合。すでにTPPに参加した日本は有利な立場に

 日中韓の3カ国で貿易や投資の自由化を目指す、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …

shukinpeidoniron
6月7日に習近平国家主席が訪米。サイバー攻撃問題は表面上の主要議題に過ぎない

 中国の習近平国家主席は米国を訪問し、オバマ大統領と首脳会談を行う。日程は6月7 …