ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁の黒田東彦(はるひこ)氏を起用する。副総裁は、日銀の中曽宏理事と、インフレターゲット論者で学習院大教授の岩田規久男氏になる見込み。安倍首相は週内にも国会に人事案を提示する。

 黒田氏は財務省出身、榊原英資氏の後任として1999年から2003年まで財務官を務めた。現在はアジア開発銀行総裁であり、国際金融に関する豊富な経験を持つ。

 日銀総裁人事をめぐっては、総裁ポストを奪還したい財務省と、金融緩和路線を強調したい安倍政権との間で駆け引きが行われていた。財務省としては事務次官経験者の武藤敏郎氏の就任を強く求めていたが、政界や市場からの反応はいまひとつ。とにかく総裁のイスを確保することが先決との判断から黒田氏で妥協したと考えられる。
 安倍政権としては、市場や世論に対してある程度説明がつき、財務省にも恩を売れることから、黒田氏が適任と判断した可能性が高い。

  積極的な金融緩和を目指す安倍政権のカラーを演出するのは、副総裁候補の岩田氏ということになる。一方、副総裁のポストを死守することを目指していた日銀としては、日銀出身の中曽理事の就任がきまったことで、とりあえず胸をなでおろしている。

 黒田氏は金融緩和に積極的といわれており、市場もそれを好感している。黒田氏就任のニュースが流れると為替市場は一気に円安に振れた。ただ黒田氏は日銀による外債購入は明確に否定している。また当然のことながら出身母体である財務省の意向を汲む必要もある。実際に総裁としての実務が始まってからは、黒田氏がどの程度安倍政権の意向を反映できるのかは未知数だ。官僚出身の手堅さで、緩和寄りの姿勢を示しつつ、安全運転を行う可能性も高い。

 むしろ、次の金融政策のカギを握るのは、副総裁に就任する岩田氏だ。岩田氏は学者であり、自説であるより積極的な緩和策を主張してくる可能性がある。一方、学者はバックの組織がなく、日銀官僚にコントロールされやすい。副総裁就任後は日銀サイドの意向に忠実になってしまう可能性もある。

 安倍政権は日銀法改正という伝家の宝刀はまだ抜いていないため、ひとまず黒田総裁の運営ぶりを静観することになるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

junebu
スイスで役所の掃除を職員が行う取り組みが成果を上げている。日本もぜひ導入を!

 スイスのジュネーブで、経費削減と公務員の意識改革を目的に、役所内の掃除を職員が …

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

darairama
習近平氏の父親はダライ・ラマとマブダチ。だがチベット弾圧姿勢は変わらず?

 中国共産党の次期総書記に内定しているといわれる習近平だが、その父親がチベットの …

hondajet
ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20 …

jinmindaikaido
中国主導のアジアインフラ投資銀行に英が参加。米は表向き反発なのだが・・・

 英財務省は2015年3月12日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行に参加する …

machikado
景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場を入りを示唆?

 景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連 …

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …

zenjindai2014
中国で全人代が開催。中国が抱える問題はバブル後の日本にさらに酷似

 中国における今後1年間の重要政策を議論する全人代(全国人民代表大会)が2014 …

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …