ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁の黒田東彦(はるひこ)氏を起用する。副総裁は、日銀の中曽宏理事と、インフレターゲット論者で学習院大教授の岩田規久男氏になる見込み。安倍首相は週内にも国会に人事案を提示する。

 黒田氏は財務省出身、榊原英資氏の後任として1999年から2003年まで財務官を務めた。現在はアジア開発銀行総裁であり、国際金融に関する豊富な経験を持つ。

 日銀総裁人事をめぐっては、総裁ポストを奪還したい財務省と、金融緩和路線を強調したい安倍政権との間で駆け引きが行われていた。財務省としては事務次官経験者の武藤敏郎氏の就任を強く求めていたが、政界や市場からの反応はいまひとつ。とにかく総裁のイスを確保することが先決との判断から黒田氏で妥協したと考えられる。
 安倍政権としては、市場や世論に対してある程度説明がつき、財務省にも恩を売れることから、黒田氏が適任と判断した可能性が高い。

  積極的な金融緩和を目指す安倍政権のカラーを演出するのは、副総裁候補の岩田氏ということになる。一方、副総裁のポストを死守することを目指していた日銀としては、日銀出身の中曽理事の就任がきまったことで、とりあえず胸をなでおろしている。

 黒田氏は金融緩和に積極的といわれており、市場もそれを好感している。黒田氏就任のニュースが流れると為替市場は一気に円安に振れた。ただ黒田氏は日銀による外債購入は明確に否定している。また当然のことながら出身母体である財務省の意向を汲む必要もある。実際に総裁としての実務が始まってからは、黒田氏がどの程度安倍政権の意向を反映できるのかは未知数だ。官僚出身の手堅さで、緩和寄りの姿勢を示しつつ、安全運転を行う可能性も高い。

 むしろ、次の金融政策のカギを握るのは、副総裁に就任する岩田氏だ。岩田氏は学者であり、自説であるより積極的な緩和策を主張してくる可能性がある。一方、学者はバックの組織がなく、日銀官僚にコントロールされやすい。副総裁就任後は日銀サイドの意向に忠実になってしまう可能性もある。

 安倍政権は日銀法改正という伝家の宝刀はまだ抜いていないため、ひとまず黒田総裁の運営ぶりを静観することになるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

patten
香港最後の総督パッテン氏が、香港民主化をめぐり中国政府と英国政府を批判

 英国統治時代における最後の香港総督として世界的に有名な英国のクリストファー・パ …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …

googlecar01
Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。  同社は8月に、 …

usarmy
米国の若者の7割が兵役不適格。肥満などが主な原因だが、装備ハイテク化の影響も

 米国の若者の約7割が、何らかの理由で兵役の対象にならないという現実が話題となっ …

bouekitoukei 201503
貿易収支は2年9カ月ぶりに黒字。長期的に赤字傾向は変わらない可能性が高い

 財務省は2015年4月22日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

abe20130901
安倍政権が消費増税を前提にした動きを加速。増税決定はすでに暗黙の了解?

 安倍政権が消費税増税を前提にした動きを加速している。増税の最終判断は10月1日 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?

 中国初の空母「遼寧」が艦載機に着艦に成功したと中国メディアが伝えている。着艦に …