ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市場が揺れている。イタリアでは、EU主導の緊縮財政に国民の不満が爆発、これまで財政再建と構造改革を優先し、国際的には信任の厚かったモンティ首相が辞任を表明し、総選挙となった。

 当初はモンティ首相率いる中道連動と民主党のベルサーニ書記長率いる中道左派連合の争いになると思われたが、「イタリアの暴れん坊」であるベルルスコーニ元首相が選挙戦に参戦(本誌記事「イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相が「欧州危機はドイツの陰謀」と絶叫!」参照)、さらにお笑い芸人のグリッロ氏(写真)が既成政党打破を掲げて立候補したことで大混戦となった。

 ベルサーニ氏は緊縮一辺倒を批判しつつも、モンティ路線の継承を表明しているのに対し、ベルルスコーニ氏とグリッロ氏は「EUやドイツがイタリアをダメにした」として、緊縮路線の即刻廃止を求めている。このため、金融市場ではベルルスコーニ氏やグリッロ氏が政権を担うことになれば、EUの財政再建路線が破たんするとして懸念を強めていた。

 開票の結果は、ベルルスコーニ氏の中道右派やグリッロ氏の「五つ星運動」が大躍進。下院ではベルサーニ氏率いる中道左派が第1党になる可能性が高いものの、上院では過半数の議席を確保できず連立が必至の状況となっている。ただし、ベルサーニ氏は今のところ10%程度しか得票できていないモンティ元首相以外には連立相手がいない状況で、両党を合わせても上下両院で過半数を獲得することは難しい。最悪の場合には、再度選挙となる可能性も出てきた。

 イタリア総選挙の開票速報を受けて、市場では欧州危機が再燃するとの不安が高まっている。東京市場では急激に円高が進行し、前日まで94円台だったドル円相場は26日未明には一時90円台まで続伸した。また25日のニューヨーク株式市場は、ダウ平均株価が216ドル(1.55%)と大幅に下落したほか、東京株式市場も200円以上下落して始まった。
 為替市場では、年始以来の円安進行で利益確定売りが出やすい状況だったこともあり、急激に円高が進んだと考えられる。イタリアの総選挙の結果が、小康状態となっていた国際的な金融市場をもう一度危機モードに戻してしまうのか、一時的なショックに終わるのかはまだわからない。市場関係者は慎重に状況を見極めようとしている。

 - 政治, 経済

  関連記事

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

euhonbu
紛糾するEU予算交渉。日本の自民党政権下におけるバラ撒きとタカリ構造そのもの

 EUが策定する2014年から2020年までの7年間の長期予算について紛糾してお …

siniakigyou
起業希望者はバブル期に比べて半減。だが高齢者起業家は急増中

 起業を希望する人の数が年々減少し、2012年にはピーク時の約半分になったことが …

cameron2
EU首脳会議、中期予算の減額でようやく合意。英国リスクが今後の焦点に

 欧州連合(EU)は8日首脳会議を開催し、2014~20年のEU予算について合意 …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

apple02
チャイナモバイル効果が出てきたアップル。利益率が急速に改善

 米アップルは2014年1月23日、2014年1~3月期決算を発表した。売上高は …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

kinrijosho
政府が金利上昇対策に本腰。国債発行総額の抑制と超長期債へのシフトが進む

 政府が金利上昇に備えた動きを加速させている。財務省は2015年1月14日、20 …

foxconn
中国の鴻海で組合代表者の自由選挙を実施。グローバルなモノの流れが変化する?

 アップルからiPhoneなどの製造を一手に引き受ける中国のフォックスコン社(台 …