ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

石破幹事長の出番がない!TPP参加は政府に一任で、反対派はいとも簡単に陥落。

 

 それなりの抵抗が予想されていた自民党のTPP反対陣営がいとも簡単に落城した。安倍首相は25日、自民党役員会に出席し、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加について、政府に判断を一任するよう求めた。党側はこれを了承した。

 安倍首相はオバマ大統領との首脳会談において、「関税撤廃の例外品目が認められる可能性が確認できた」として、交渉参加に舵を切る意向を示していた(本誌記事「TPPに対して満額回答だというマスコミ報道は果たして本当なのか?」参照)。

 自民党内には、農業団体を支持基盤とする議員やグローバル化を好ましく思わない議員を中心に反TPP同盟が結成されていた。TPP推進派議員は数十人の規模なのに対して、TPP反対派議員は200 人を超える大所帯である(本誌記事「安倍首相の訪米を前に、与党内でTPPをめぐる動きが活発化」参照)。
 TPPへの参加が表明された場合には、これらの議員が一斉に反発し、党内調整が困難を極めるかとも思われたが、党側はあっさりと首相サイドの意向を受け入れた。党内調整が長引けば、現在求心力を失っている石破幹事長の政治力回復につながる可能性があったが、石破氏はここでも存在感を示すことはできなかった。

 この背景には、TPPへの参加は自民党内ではすでに既成事実であり、実務レベルではすでに交渉参加を前提にした作業が進められていたという現実がある。だが以前の自民党であれば、農業の自由化には一部議員が徹底して反対し、徹夜の交渉が続けられる光景が見られたものである。だが今の自民党にはそのような雰囲気はまったく感じられない。それは、農業団体などの支持母体が以前のような政治力を持っていないことも大きく影響している。

 以前は農業の自由化そのものは避けられないにしても、反対の声を上げれば、補償金などの「見返り」があった。だが現在の日本は財政が底を付き、以前のようなバラ撒きができない状況にある。今回もTPP参加と引き換えに農業支援策が検討される見込みだが、農業振興ファンドなど農業の産業化に重点が置かれる可能性が高い。
 地域の共同体維持も難しくなっており、集票マシーンとしての農業団体の影響力は急激に低下している。小選挙区制が定着し、世論の雰囲気で簡単に政権がひっくり返ってしまう状況も、支持基盤の確保に身が入らない原因の一つになっているかもしれない。

 結果として、TPP参加についても激論が戦わされることなく、首相一任で決着してしまった。TPPをめぐる一連の動きは、時代がすっかり変わってしまったことを象徴している。

 - 政治

  関連記事

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …

no image
自民総裁選。谷垣総裁はポイ捨てされ、石原幹事長が優勢か?

 9月26日に投票を控えた自民党の総裁選。再選を目指す谷垣禎一総裁は、出身派閥の …

Kennedy
駐日大使にケネディ元大統領の長女が就任。ただし外交や政治の経験はゼロ

 米国の主要メディアは4月1日、ルース駐日大使の後任として故ケネディ元大統領の長 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

no image
中国の歴史教育は非常に安直。だが一方で市民の知恵も高まってきている

 中国が反日的で安直な歴史教育をしていることはよく知られている。だが一方では、な …

ryosinei
香港の民主化を求める抗議活動が拡大中。中国は一歩も引かない構えだが

 香港の選挙制度改革を求める抗議活動が予想外の広がりを見せている。当初、セントラ …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

misutoraru
ロシアによるフランスからの揚陸艦購入は北方領土配備のため?

 ロシアによるフランス製強襲揚陸艦の購入が、北方領土対策のために行われたという、 …

j31
中国が軍需企業の上場コングロマリット化を計画。中核5社の素顔とは

 中国が軍の近代化を急ピッチで進めている。今月1日、中国は次世代ステルス戦闘機「 …